聞きづらいけど気になる!Iラインの脱毛範囲や脱毛時の恰好・体勢とは?

最近ではアンダーヘアの脱毛が一般的になってきましたが、サロンやクリニックでも他人に見せるには恥ずかしく感じる部位ですね。特にIラインの脱毛時、サロンなどでは一体どんな恰好・体勢で行うのでしょうか?Iラインの脱毛範囲と一緒に見てみましょう!

Iラインの脱毛範囲とは?全部脱毛した方がいい?

Iラインの脱毛範囲はどこからどこまで?

Iラインとは、女性の陰部まわりの縦ラインを指します。生理のときにナプキンをあてる部分ですね。具体的な脱毛範囲はクリニックやサロンによって異なりますが、おおよそ前は下着のクロッチのある辺りから、後ろは肛門の2センチ程手前までになります。 Iラインの横幅は、太ももの付け根から大陰唇あたりまでを範囲とするところが多いですが、小陰唇ギリギリまで対応可能なクリニックなどもありますので、脱毛前に鏡で自分のIラインを観察し、脱毛したい範囲をチェックしておくといいでしょう。

また、Iラインの毛が太ももの付け根のラインを超えて生えている場合は、Iラインの脱毛範囲には含まれないことがほとんどですので注意が必要です。

Iライン…全部脱毛して大丈夫?

Iラインを脱毛する大きな理由として、生理のときの血を付きにくくしたり、蒸れや匂い対策などの衛生的な理由と、男性から毛深いと思われたくないなどの見た目の理由に分かれるでしょう。衛生的という面では、Iラインは全部脱毛した方が効果は感じやすいです。 しかし、見た目という面では、Iラインを全部脱毛すると前から見たときに割れ目が見えてしまって恥ずかしいという場合も。

また、Vラインを大きめの逆三角形でデザインしている方の、Iラインからツルツルだと不自然に感じるという声もあります。そのような場合には、割れ目の辺りはある程度の毛を残す、自然に見えるようにVラインの毛の範囲を小さめにするなどの対策が必要になりますね。 またIラインを全部脱毛して男性から嫌われないか、と心配する女性もいますが、Iラインに関しては女性に処理を求める男性も多いようです。

Iラインの自己処理は慎重に!

Iラインは自分では見えない部分で、シワもあるので自己処理をする際には注意が必要です。毛の流れも複雑で、場合によっては粘膜である小陰唇ギリギリの部分にも毛が生えていますので、処理をするときに傷つけてしまわないようにしましょう。

一般的な毛の処理方法には、剃る・抜く・長さを整える、などがありますが、Iラインの場合、特に抜くという方法はおすすめできません。痛みが強く炎症や埋没毛の危険があるなど、肌へのダメージが大きいためです。剃る方法も、黒ずみの原因となってしまうことがあるため頻繁に行うのはよくありません。また、剃ってもすぐに生えてきてしまうというデメリットもあります。

Iラインの日常的な自己処理としては、ヒートカッターで長さを整える程度にしておくことが最も安全です。しかし、それでは満足できないという女性へは、サロンかクリニックでの脱毛がおすすめです。

Iラインの脱毛時、サロンではどんな格好するの?

脱毛前にしっかりシェービング

Iラインは陰部周辺なので、相手が脱毛のプロであっても見られるのは恥ずかしいと感じる部分ですね。基本的に、クリニックでのレーザー脱毛であっても、サロンでの光脱毛・SHR脱毛などであっても、事前に脱毛箇所のシェービングを行います。 行く前に自分でシェービングをするのか、脱毛前にクリニックなどでシェービングしてもらうかは、クリニックやサロンによって異なりますが、してもらう場合に追加料金が発生するところもあるので確認しておきましょう。

前述しましたがIラインは自分では見えづらく、自己処理では傷めやすい部分です。傷めてしまうとレーザーなどは照射できなくなってしまうので、注意して行うか、心配な場合はシェービングもおまかせした方がいいかもしれません。

恰好は紙ショーツやタオルで隠してくれるところが多い

脱毛前に着替えることが多く、脱毛中には紙ショーツを着用する場合と、タオルで隠してくれるところに分かれます。紙ショーツをはいていた方が恥ずかしさは軽減されるかもしれませんが、脱毛時には紙ショーツをずらして照射します。 タオルで隠してくれる場合、大きなバスタオルをかけたり、前空きになるようなボタン付きのバスタオルを身体に巻いてずらしながら脱毛してくれるところなどがありますが、結果的には紙ショーツをはいていてもタオルをかけていても、大事なところは見えてしまうことになります。とはいえ、繊細で複雑な部位なのでしっかり見ながら照射してもらった方が安心だといえるでしょう。

体勢は、仰向けに寝そべって片足ずつ

Iラインの脱毛時は仰向けに寝そべっての脱毛になります。最初は両足を延ばした状態で寝転がり、脱毛する側の膝を曲げ外側に開くように倒します。足で数字の4をつくるようなイメージですね。それを両側とも行うのですが、担当の方が照射しやすいように指示をしてくれるので、その通りにしていれば大丈夫です。

このとき、紙ショーツやタオルを少しずつずらしながら照射するのか、照射する側だけ一気にずらして照射するかは、サロンやクリニックによって違います。

脱毛時、丸見えでも恥ずかしがる必要はありません

恥ずかしくないように配慮してくれる

恰好はサロンなどによって異なりますが、できる範囲で恥ずかしくないように配慮してくれます。紙ショーツなどの他にも、アイマスクや顔にタオルをかけてくれるところもあります。相手の顔が見えない分、恥ずかしさは軽減されますね。

また、アンダーヘアの脱毛では多くの場合、担当者は女性です。スピーディに行ってくれるので、大体10分程度で1回の施術が終わります。サロンやクリニックによってカーテンで仕切られているのか、完全個室なのか異なりますが、担当以外の方から見られてしまうことは、ほとんどないでしょう。

恥ずかしいという理由でIラインの脱毛を躊躇してしまう女性もいますが、通う回数を重ねると慣れてくる方が多いようです。

相手はプロなので見慣れている

体勢などを考えると恥ずかしいですが、せっかくお金を払って脱毛してもらうのであれば、満足のいくようにキレイにしてもらいたいですね。Iラインは敏感で、レーザーを当てる場合には痛みも強く感じやすい分、特別安全に行ってほしい部位だともいえます。 そのことを考えると、脱毛時にはよく見ながら照射してもらった方が、照射漏れなどの心配もなく安心ですね。

また、相手はプロなので、ほとんどの方はIラインであっても見慣れているでしょう。大事な部分なので、最初は誰でも恥ずかしさを感じたり緊張するかもしれませんが、あまり気にしすぎる必要はないでしょう。

脱毛時の恰好・体勢まとめ

サロンやクリニックでの脱毛時には、紙ショーツに着替えるか、タオルをかけたり巻いたりして下半身は裸という恰好になります。体勢は仰向けで脱毛する側の足を外側に開いて処理してもらうので、想像すると恥ずかしく感じてしまうかもしれませんね。 しかし、通っていくうちに恥ずかしさは軽減されていくということや、自己処理するよりも日々の煩わしさが減って仕上がりがキレイになることを考えると、やはりプロに脱毛をお任せするのがおすすめです。