タトゥーを入れている部分も脱毛することができる?問題はないの?

最近は、若者を中心に入れ墨を入れている人をよく見かけます。タトゥーという名称が一般的となっていて、ファッションの一部として抵抗が少なく入れる人が多いのが実情です。では、タトゥーを入れている部分は脱毛できるのでしょうか?

タトゥーがある部分は脱毛できない可能性がある!

タトゥーがあると脱毛できない施術法は?

タトゥーが入っている場合、脱毛を行いたくても施術を断られるケースがあります。公衆浴場では入れ墨が入った人の入場をお断りしていることが多いですが、それとは全く違う理由からです。 より正確にご説明すると、脱毛全般ではなく、レーザー脱毛や光脱毛の場合、タトゥーが入っているとお断りされます。主な理由は、タトゥーの部分が黒い色をしていることです。

なぜタトゥーがあるとできないの?

では、なぜタトゥーがあるとレーザー脱毛や光脱毛ができないのでしょうか?それには、使用するレーザーや光の特性が大きく関与します。レーザーや光は、メラニンに強く反応する性質を持っています。 レーザーや光での脱毛は、照射した光を毛根部分のメラニンに反応させて、新しい体毛を造り出す毛母細胞を壊すことで脱毛を行います。タトゥーが入っている部分は黒いので、毛母細胞と同じように認識されてしまいます。そのため、肌にダメージを与えてしまうのです! タトゥーが入った部分にレーザーや光を照射すると、やけどしてしまう恐れがあるため、サロンではタトゥーが入っている部分の脱毛をお断りしているのです。

できなくはないが効果は期待できない

タトゥーが入った部分にレーザーや光を用いて脱毛することは、絶対にできないというわけではありません。照射する際に少し距離を離して照射することで、タトゥー部分へのダメージを軽減しながら施術することはできます。 これにより、慎重に照射していけば、施術自体は行うことができます。但し、照射距離が遠のくことで脱毛効果は薄れてしまいます。レーザーのパワーが適切に毛母細胞まで到達せず、脱毛効果が発揮できないのです。

毛が薄い指などの部位であれば良いですが、Vラインや太ももなどの太い毛が生える場所にタトゥーがあると、慎重に施術しても何の効果も発揮しないケースがあります。また、照射する場所も慎重に選んで施術しなければならないなど、施術者のスキルも重要になります。この点もあって、タトゥーがある部位には、一般的にレーザー脱毛や光脱毛は用いられないのです。

タトゥーがある部位の脱毛ができる施術法は?

ニードル脱毛でタトゥー部位も脱毛できる!

レーザーや光脱毛はタトゥーが入った部位に施術できませんが、ニードル脱毛であればタトゥーが入っていても脱毛することができます!ニードル脱毛とは、ニードルと呼ばれる電気針を毛穴に刺し、電気を流して脱毛を行う方法です。 レーザーや光の場合は、照射範囲を限定することができず、タトゥー部分にも照射してしまいます。一方で、ニードル脱毛の場合は毛穴にダイレクトに刺して施術するので、本当に脱毛したい部分だけに負荷がかかるのです。

その分、毛穴に針を挿すということで、痛みはレーザーや光脱毛の比ではなく、とても痛いです。その痛さから、麻酔を用意しているサロンもあります。また、ニードルは金属なので、金属アレルギー持ちの人はアレルギーを発症するケースがあります。これについては、最近はステンレス針を採用して、アレルギーフリーで施術できるように工夫されています。

タトゥー部位のニードル脱毛は痛い?

では、タトゥーが入った部位のニードル脱毛は、どの程度の痛みなのでしょうか?タトゥーが入っている部位であっても、痛みに関しては特に違いはありません。但し、タトゥーを入れた直後の、敏感な状態で施術するのは危険ですし、痛みも強いので安定してから行うのが一般的です。 また、元々ニードル脱毛自体が非常に痛みが強いものです。針自体は太いものではありませんし、刺す長さもそれほどではありません。

それでも、激痛に見舞われるので、それもあってニードル脱毛を躊躇している人が多いのです。ただ、通電自体の痛みは殆ど感じられません。 よって、塗り薬タイプの麻酔や、注射タイプの麻酔が用いられます。その分だけ、費用面でも負担になることを覚えておきましょう。

ニードル脱毛を選択した場合の費用は?

ニードル脱毛によりタトゥー部位の脱毛をしようと思った場合、費用的にはどの程度かかるものなのでしょうか?タトゥーの有無で費用的には特に差はなく、タトゥーがない場合と同じ料金で施術を受けることができます。 ニードル脱毛の費用面での特徴として、毛1本あたりで費用が決定される点があります。

サロンによって価格差がありますが、概ね1本100~200円の間で設定されていて、施術した本数に応じて費用が請求されます。また、本数ではなく施術時間で費用を設定しているケースもあります。その場合、殆どのサロンで1分あたりで金額設定しています。 総じて、ニードル脱毛はレーザーや光脱毛と比較して、高額になるケースがほとんどです。また、施術期間も長くなるので、更に費用面での負担が増大します。 

タトゥーを入れる前に脱毛するという方法も

タトゥーが入っていない部位には脱毛可能!

レーザーや光脱毛の場合はタトゥー部位の脱毛ができませんが、入っていない部位には問題なく脱毛ができます。すべての施術をニードル脱毛で実施するのは時間と費用、そして痛みを伴うので、タトゥー部位のみニードルにして、その他の部分はレーザーや光脱毛にすることをおすすめします。 但し、色素が薄い部位や産毛レベルの場合も、ニードル脱毛を用いなければならないケースもあります。まずは、脱毛する部位をサロンで診察してもらい、タトゥーの入った部位との兼ね合いと費用面を考慮して、施術法を決定することが重要になります。

タトゥーを入れる部分を脱毛しておく!

まだタトゥーを入れておらず、今後タトゥーを入れようと考えている場合は、予めその部位をレーザー脱毛しておくと良いでしょう。レーザーや光脱毛は、肌にダメージが少なからずかかる施術ですが、しっかりケアして行うことで、肌荒れなどの問題はクリアできます。 また、プロの施術者を揃えた信頼のおけるサロンを選択すれば、照射量をコントロールして肌荒れを防止することができます。脱毛した後に、肌荒れがない状態でタトゥーを入れれば、後に脱毛する必要もなく、しかも安全にタトゥーを入れることができますよ。

タトゥーがあると一筋縄ではいかないことを理解しよう!

タトゥーが入った部分を脱毛するためには、施術方法が制限され、費用が割高になってしまう可能性があります。施術ができるかどうかや予算などをあらかじめサロンやクリニックに確認するといいでしょう。タトゥーが予定の段階なら、タトゥーを彫る前に脱毛を済ませるのも1つの方法です。タイミングを検討しましょう!