安くて便利!一つは持っておきたいムダ毛処理グッズ

ドラッグストアで買えるプチプラムダ毛処理グッズ


今はドラッグストアで気軽に購入できるムダ毛処理グッズがたくさん売られています。何よりリーズナブルな物が多く、ちょっとムダ毛が気になると思ったら、すぐに使えるのが便利なところ。でも、種類が多いだけにどれを選べばいいのか迷うこともあります。

 

  • ・脱毛石鹸(または除毛石鹸)
  • ・除毛クリーム

 

最近はこの2つのグッズが人気です。

どちらも知名度が高くなってきていて、自宅でムダ毛処理ができるアイテムならコレ!という人も。

脱毛石鹸とは何か?という疑問について詳しく解説しているページはコチラ!

 脱毛石鹸の実態を検証!本当に知りたい効果と仕組み

また、処理の仕方も商品によって少しずつ違います。本当に使いやすくて、自分の肌に合ったものを選びたいと思うのじゃ当然のこと。では、そんなプチプラで使い勝手のいいムダ毛処理アイテムをご紹介します。


ドラッグストアで購入できる除毛クリーム

除毛クリームは毛を抜くのではなく、アルカリ性のクリームの成分で毛を溶かしていくもの。なので、毛根から脱毛するのではなく、今見えているムダ毛を取り除くというイメージです。使い方は、ほぼどの商品も同じで、ムダ毛がある肌に塗り、5分程度放置。毛が溶け、除毛できたことが確認できたら、クリームを拭き取り、あとは洗い流すだけ。除毛後は、毛穴があまり目立たなく、きれいに仕上がります。ただし、毛根はそのまま残っているので、2~3日後にはまたムダ毛が伸びてきますので、こまめなお手入れが必要になります。

Veet(ヴィート)バスタイム除毛クリーム敏感肌用

  
  
Veetヴィートバスタイム除毛クリーム 敏感肌用

画像引用:ヴィート公式サイトより

  
  

このヴィートシリーズは、いくつか商品があります。こちらはお風呂にはいったまま使えるのが、お手軽で人気が高いです。天然保湿成分グレープシードオイル配合で、肌にも優しく、匂いもさほどありませんので、使いやすい除毛クリームです。


価格:オープン価格(薬局などでは、だいたい1,000円ほどで販売されています)

エピラット除毛クリームキットスピーディー

  
  
エピラット 除毛クリームキット

画像引用:クラシエ(Kracie)公式サイトより

  
  

こういったものをあまり使ったことない初心者も失敗なく使えます。うるおい保護成分のヒアルロン酸・カモミールエキス配合なので、お肌にも嬉しいですね!ヘラが付属してあるので、クリームを取る時にはこちらを使うと便利です。肌のカーブにあわせてヘラもカーブした作りになっていて使いやすいのが特徴。また、これまでの商品がスピーディータイプに進化し、除毛時間が3~6分への短縮しました。効果も最大で1週間続くので、カミソリでの処理より長持ちするのもポイントです。


価格:800円程


除毛クリームは、価格も1,000円以下というものが多いので、気軽に試すことができます。また、初心者でも使いやすいので、失敗はほとんどありません。カミソリ以外のものを使ったことがないという人にもおすすめです。

ツルツル持続力なら脱毛ワックス・脱毛テープ

こちらは、「毛を抜く」という意味合いが強い方法です。よく、毛抜きなどで細かい毛を抜いたことがある人はわかると思うのですが、ムダ毛を抜くという行為は、結構痛いものです。


こちらは、「毛を抜く」という意味合いが強い方法です。よく、毛抜きなどで細かい毛を抜いたことがある人はわかると思うのですが、ムダ毛を抜くという行為は、結構痛いものです。 脱毛ワックスには水性のものと油性のものがあります。油性のワックスは、高温で温めたワックスを肌に塗り、それが固まるのを待って、一気に剥がします。水性のものは、肌に塗ったワックスの上にストリップシートを置いて、ワックスが乾いたら、シートを剥がして毛を抜きます。 この剥がす行為というのは、どうしても肌への負担は大きいので、お風呂上がりなどの毛穴が開いているときなどに行うと少しでもトラブルを避けることができるでしょう。

また、油性のワックスは、主成分が松やになので、アレルギーを持っている人は注意が必要です。しかし、この方法では、ムダ毛を毛根から抜くので、すぐにはムダ毛が再生しない、生えてきた毛がチクチクしないなどのメリットもあります。

Veet(ヴィート)ナチュラルズ脱毛ワックスシート

  
  
Veet(ヴィート)ナチュラルズ脱毛ワックスシート

画像引用:ヴィート公式サイトより

  
  

天然保湿成分アロエベラを配合した脱毛ワックスシート。剥がす方向がしっかりしていれば、思ったほど痛くなく抜けます。カーブなどがないまっすぐなところなどに使用するとより効果を感られます。最大で4週間、効果が持続するので、頻繁に処理をしなくて済むのがメリットです。


価格:800円程度でドラッグストアで購入可能

素数 スムースワックスシート・ビューティ

  
  
素数スムースムダ毛ワックスシート

画像引用:素数株式会社 公式サイトより

  
  

根こそぎ脱毛!するならこれがおすすめです。1枚のシートの大きさが大きいので、一度で抜くことができます。毛根からしっかり抜くことができるので、毛穴も目立たず、きれいに仕上がります。また、シートが大きければ自分でカットして使うこともできます。雑誌でも取り上げられたことのある商品です。天然松ヤニ使用のシートなのでお肌の負担も少なく使用可能。ラベンダーの香りで、ムダ毛処理独特の匂いなどもありません。


価格:1,400円(メーカー希望小売価格)

スポンジでムダ毛処理?除毛パフ

あまり聞きなれない名称ですが、パフを肌の上でくるくる回しながら、ムダ毛を処理するもの。毛質などにもよりますが、カミソリなどの刃物を使いたくない人には手軽に処理できる方法でしょう。パフは両面でできており、片面でムダ毛を処理し、もう片方の面で、肌のケアをしつつ、本来のツヤを引き出してくれます。

バイソン ケナッシー除毛パフ

  
  
バイソン ケナッシー除毛パフ

画像引用:バイソン公式サイトより

  
  

ドラッグストアなどはもちろんですが、バラエティショップなどでも販売されています。若い世代などでも入手しやすく、ちょっと気になる所に使うなんていう手軽な使い方が人気を呼んでいます。使い方は簡単。ムダ毛カット粒子がついた除毛パフで気になる箇所をくるくる擦るだけで、ムダ毛を根元からすり切ります。同時に古くなった角質を落とすので、肌もきれいになります。

また、毛先がカミソリと違って丸くカットしてくれるので、チクチク感もありません。さらに、パフを裏返して使えば、コラーゲン配合の艶出し超微粒子が肌をなめらかにしてくれます。処理後は、必ずクリームやローションなどで保湿してください。


価格:480円

ただし、買うのはちょっと待って!ムダ毛処理グッズのデメリットを発見

ムダ毛処理グッズって本当に良いの?

すぐ買える・安く買える!ということで人気のムダ毛処理グッズ。テープやワックスは夏場になると特に売れ行きがアップ。でも、本当にそれでムダ毛を処理してていいの…?
ちょっとだけ疑問に感じているアナタのために、脱毛Qが調べました。


確かに自宅から歩いてすぐのドラッグストアなどで、困ったときにすぐ買えるところは魅力です。
ですが…よくよく考えてみると、除毛クリームも脱毛テープなども、結局はその日だけキレイにするアイテム。一瞬キレイになっても毛はすぐに生えてきてしまうので、長期間で見ると実はコスパ的には最悪だったり。


最近気になったのがこのつぶやき。さすがクリニック、的を得ています。


漫画なので多少大げさではありますが、自分でムダ毛処理を行うこということは、実はお金(クリームやワックスを買い換えるお金)もかかれば、同じように手間をかける時間も消耗するということです。

ムダ毛処理グッズと脱毛サロンのコスパと手間を比較してみた

ムダ毛処理グッズの中でもコスパ計算がしやすい脱毛テープを使って、双方の1年間全身脱毛をした場合のコストを計算してみました。

※脱毛テープは1箱あたり14枚入り、1,000円のもの。1度処理すると最大で7日程度キープできるものだとします。

※今回は脱毛サロンを比較対象としています。なぜ脱毛サロンなのかは、比較表以下を確認してください。

コスパ ムダ毛処理グッズ
両足でおよそ1箱必要なので、全身の場合は少なくとも8箱~10箱は必要です。
足だけで1ヶ月約4,000円、1年間で48,000円の出費。
全身脱毛の場合、1年間で384,000円(8箱×12ヶ月)。
脱毛サロン
両足で1年間あたり約7万円~10万円。
ただし全身脱毛の方がコスパが良い。
全身脱毛の場合、1年間で約120,000円程度。
効果の持続性 ムダ毛処理グッズ
なし
脱毛サロン
あり
手間 ムダ毛処理グッズ
果てしない…。しかも背中は自分じゃできない
脱毛サロン
自分でやるのは前日のムダ毛処理ぐらい。届かない背中などはシェービングしてくれるサロンもある
ムダ毛処理グッズは緊急の対応として割り切ること!

脱毛テープやワックスで全身を処理してやる!という人はあまりいないはずですが、コスパ的に考えてみると相当浪費が目立ちます。なにせ、ドラッグストアで買える手軽なグッズはすべて消耗品のため、毛が生えるごとに処理も必要になれば、それだけの時間も必要です。


この比較表では医療脱毛(レーザー脱毛)ではなく、あえて脱毛サロンで比べています。なぜかというと、これまで自宅でムダ毛処理ばかりを繰り返していた人がいきなり効果を求めて医療脱毛にシフトチェンジしてしまうのはハードルが高いかも…と感じたから。レーザー脱毛の痛みが強くて耐えられない・高くて勇気が出ないというデメリットは大きいので、長く通えば効果も得られて安い脱毛サロンがオススメなのです。
サロンの光脱毛は、すべての脱毛方法の間をとったちょうど良い脱毛法であることは間違いなし!


 脱毛キャンペーン特集【安い脱毛サロンが分かるお得な最新情報】

プチプラムダ毛処理グッズのメリットは気軽に安く買えるところのみ

薄着の季節になると、女性なら誰もがムダ毛が気になり始めます。クリニックや脱毛サロンなどに通って脱毛をする方法もありますが、やはり脱毛完了までには時間もお金もかかります。そこで最も簡単にできるのがT字カミソリなどを使った自己処理法です。とくにワキ毛処理にはカミソリを使用しているという人が多いでしょう。しかし、一度カミソリで処理をすると次に生えてきた毛がチクチクしたり、濃く感じたりと悩みは尽きません。


ドラッグストアに行くと、除毛剤や除毛クリーム、除毛フォームのほか、ワックスや除毛パッド、脱毛石鹸など、本当にさまざま種類の脱毛グッズが販売されています。どの脱毛グッズも脱毛サロンの脱毛機を使った脱毛施術とは違い、やはり肌への負担を考えると大きいと言わざるを得ません。しかし、最も大きなメリットとしては、気軽に買える価格だということと、今すぐムダ毛を処理できるということです。

プチプラグッズで行うムダ毛処理にはデメリットが多い!ドキッとした人はコチラの記事も参考に。

参考:脱毛は自宅ですると損をする?家庭用脱毛器VS脱毛サロン

今や女性用だけではなく、メンズ除毛クリームなどもあり、よりムダ毛への関心は高まっています。とくに夏の時期は素肌になる機会も増えます。最近の傾向としては、ムダ毛処理グッズでも美肌効果のあるものが配合されていたり、より処理後の肌をきれいにするものがプラスされていること。もちろん、自己処理後はローションやボディクリームなどを用いて、保湿にも努めて、より美しい肌を目指してください。


ただし、これから脱毛サロンへ通おうと思っている人は使用を中止すること!
除毛ローションなどを使うと光脱毛の効果を下げてしまうことになります。脱毛すると決めた人は早い内に通い始めて、肌を傷めない電動シェーバーでのムダ毛処理に切り替えておきましょう。

脱毛にまつわる効果のホントの話を特集!