脱毛は自宅ですると損をする?家庭用脱毛器VS脱毛サロン

自宅で自分で脱毛を済ませたいという人が増えています。しかし同様に、脱毛サロンでの脱毛も人気です。自宅で脱毛するか、脱毛サロンに通うべきか迷っているという女性も多いです。では、よりお得で、より良い効果を得られるのはどちらなのでしょうか。自宅での脱毛と、脱毛サロンでの脱毛の特徴について比較していきます。

自宅で脱毛をする代表的な方法は家庭用脱毛器

自宅でする脱毛は、安上がりで手間もかからないというイメージがあります。しかし、実際には家庭用脱毛器はかなり高額のものが多いです。たとえば人気ナンバーワンのケノンというものを例に挙げると、セール時の価格でも6万円はします。6万円で脱毛できるなんて安上がりだな、と感じる人は少ないでしょう。

そして手間がかからないと考えがちですが、家庭用脱毛器というのはサロンなどで採用されている業務用の脱毛器に比べて出力が低いという特徴があります。そのため、何度も同じ部位を処理しなければ効果を得られないということも多いので、これはかなりのストレスです。

とくに同じ部位を重ねて処理すると、肌へのダメージという問題も発生してきます。脱毛というのはなるべく同じ部位の処理回数を少なくすることが大事です。そうでないと、どんどんダメージが蓄積していってしまうからです。家庭用脱毛器だと、こういった問題を抱えがちです。また、肌にトラブルが発生しても、すぐには対応できないというデメリットもあります。赤みややけどなどの症状が出てしまうということもあります。

自宅派は必見!脱毛サロンの相場が意外と安い

脱毛自宅でまだしてる?

現在、脱毛サロンは数多く存在します。その結果、それぞれのサロンが生存をかけて熾烈な価格競争を繰り広げています。そのため、近年ではどんどん低価格化が進んでいます。

以前は全身脱毛というと、かなり高額な費用がかかるイメージでしたが、今では非常に安く提供することが可能となっています。月額制を採用するところが多く、月額料金だと1万円を切るところが多いです。これぐらいの価格であれば、気軽に脱毛を申し込むことができるでしょう。


そして脱毛サロンではキャンペーンを実施しているところもあります。

たとえば、全身脱毛においては初回が無料になるキャンペーンを実施しているところがほとんどです。エタラビやキレイモといった人気のサロンも、初月分0円というキャンペーンを実施しています。こういったサロンを選べば、より安く脱毛することが可能です。


ミュゼのようにパーツ脱毛に力を入れているところもあります。

人気の部位である両わきとVラインのセットコースをとても安く脱毛することができます。そしてワンコインで脱毛し放題というコースもあるので、こういったコースを利用していけば、より安く脱毛をしていくことができるでしょう。
脱毛サロンの施術のクオリティーも上がっています。安さだけでは生き残れないのが今の脱毛サロン業界です。


確実に生き残っていくためには施術の品質が大事です。

価格と効果の両方が揃って、はじめて脱毛サロンは人気を得ることができます。そのため、脱毛サロンにおいて導入される脱毛マシンの性能も上がっています。

そしてより高性能で高出力の脱毛マシンが設置されるようになっています。これは非常に短時間で高い効果を得ることができます。なかでも銀座カラーやミュゼなどはとくに施術時間が短いということで知られています。銀座カラーでは1時間という短い時間で全身脱毛を完了させることができます。

家庭用脱毛器と脱毛サロン、どっちがオススメ?

家庭用脱毛器のメリットは自宅にいながら自分が好きなときに脱毛できるため、仕事や家事で時間が限られている人でも負担が少ないという点です。しかし実際は、高額の費用がかかったり、短時間の処理では効果を得られなかったりします。そして効果を得られないから同じ部位に繰り返し照射をしてしまって、肌への負担が大きくなってしまうというリスクがあります。


肌への負担が少ないのは実は脱毛サロン

脱毛サロンでは毎回の照射の後に必ず肌をクールダウン(肌を冷やして落ち着かせる処理)します。これをしっかり行わないと、照射後の肌は熱を持ち乾燥が進んでしまうため、自宅で脱毛器を使う場合も必須。ところが、自分で脱毛をするとなるとクールダウンがしっかりされていなかったり、保湿が不十分だったりして、肌の傷みが増してしまいます。

サロンの脱毛マシンは高性能

また、脱毛サロンの脱毛マシンの性能は非常に高く、家庭用脱毛器で処理をするよりも肌に与えるダメージを抑えることができます。少ない施術回数で効果を得ることができるために、脱毛をする負担も肌に与える負担も最小限に抑えることができます。 上記のポイントを踏まえると、やはり脱毛サロンがオススメです。

家庭用脱毛器に比べて痛みはどうなの?

サロン脱毛は痛いって聞くけど大丈夫かな?と心配している女子もいるのではないでしょうか?確かに、脱毛サロンでの施術は痛いと言われていた時代もありましたが、それは一昔前のことであって、現在おこなわれている脱毛については、痛みの問題はほとんど心配しなくて大丈夫と言われています。

サロンでの光脱毛が痛くない理由

さきほど紹介したエタラビやキレイモ、銀座カラーなどのサロンでは光脱毛での脱毛となります。

光脱毛は、マシンから放射される特殊な光(可視光線)で毛根にダメージを与え、ムダ毛を生えなくさせるメカニズムとなりますが、レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて、毛根へのダメージ威力が穏やかなため、ほぼ痛みを感じずに脱毛ができると言われています。


家庭用の脱毛器も光脱毛と同じメカニズムのものだったら、痛みを感じないのでは?と考える人もいますが、家庭用脱毛器であっても、経験のない素人が使用することで、照射レベルを間違えてしまったりすると、かなり痛みを感じてしまうこともあります。こうしたことを考えると、プロの手で確実に痛みを感じない脱毛にした方が安心と言えますね。

痛みを感じてしまう場合には出力レベルが下げられるから安心

サロンでの光脱毛はほとんど痛くないとお伝えしましたが、痛みにとても弱い人に関しては、もしかしたら痛いと感じてしまうかもしれません。

光脱毛では、光を肌に照射する際に、輪ゴムでパチンと弾かれるような感覚になりますが、これを痛いと感じる人もごくたまにいます。もしも、このような痛みを感じてしまう場合には、施術スタッフに伝えれば、照射のレベルを下げて痛みを和らげることも可能です。


家庭用の脱毛器でも、光の照射レベルは変えられるようになっていますが、家庭用はサロンのマシンよりもさらに威力が弱く、あまりにも照射レベルを下げてしまうと、今度は脱毛効果がなくなってしまいます。

どのレベルまで下げれば良いのか?そして効果があるのか?などについては、家庭用脱毛器ではなかなか判断が難しいこともあります。せっかく家庭用脱毛器を購入したのに、効果がない!という悲しい結果にならないためには、やはり最初から脱毛サロンでの脱毛を選んだほうが良さそうですね。

脱毛サロンなら価格・効果も◎

家庭用脱毛器を使用しての自宅脱毛と、脱毛サロンでの脱毛についてご紹介しましたが、多くの方が脱毛において重視される価格や効果の点から、脱毛サロンのほうがより優秀だということを指摘しています。高額なイメージがあった脱毛サロンも近年では、より低価格に良質な施術を提供するようになっています。

脱毛にまつわる効果のホントの話を特集!