全身脱毛するならクリニックと脱毛サロンどちらがおすすめ?

全身脱毛の方法は、クリニックと脱毛サロンで違いがありますが、施術内容については知らない人が多いのではないでしょうか。ここでは、全身脱毛をするならどちらが良いのか、脱毛の方法や脱毛効果、費用などを比較してご紹介します。

クリニックと脱毛サロンの脱毛方法の違い

クリニックと脱毛サロンの違いとして、まずあげられるのが脱毛の方法です。クリニックでは医療用のレーザーを使った、医療脱毛を行っています。脱毛サロンでは光を照射して脱毛を行う、光脱毛が主流です。どちらも脱毛に必要な光を照射して、毛根細胞にダメージを与える方法で行っていますが、出力に大きな違いがあります。それぞれの脱毛方法を詳しくみていきましょう。

クリニックの脱毛方法

クリニックでは、医療レーザー脱毛が主流です。高出力のレーザーを照射することで、毛包内のメラニンを反応させ、熱に変えて細胞の一部を刺激します。レーザー照射を何度かくり返すことで、発毛をとめるのが医療レーザー脱毛です。医療レーザー脱毛は、強力なレーザーを使用するため、医療行為として医師のみが行えます。メラニンは表皮にもあり、軽い熱傷を起こす可能性もあります。そのため医師による慎重な施術や十分なアフターケアが必要です。

脱毛サロンの脱毛方法

脱毛サロンでは、光脱毛器と呼ばれる機器で光脱毛を行います。医療脱毛とは違い、IPL(intense Pulsed light)という光を照射する脱毛方法が主流です。IPLとは、広範囲に広がる性質をもった光のことで、照射することで毛根にダメージを与えて脱毛を促します。医療レーザーと比べると威力が弱く、医師でなくても使用できることから、脱毛サロンで主に行われている方法です。

共通して知っておきたいこと

クリニックと脱毛サロンでは脱毛方法に違いがありますが、脱毛をするなら共通して知っておきたいことがあります。まず、効果的な脱毛をするためには、部位ごとに違う毛周期があることを把握する必要があります。毛周期とは毛が生え変わるサイクルのことです。毛は休止期から成長期、成長期から退行期という流れをくり返すことで成長していきますが、脱毛に適しているのは成長期にある毛だけとされています。よって早く脱毛したいからといって、施術する間隔を狭くしても望んだ効果は得られないかもしれません。まずは、しっかりとカウンセリングをして効果的な脱毛を目指しましょう。

それぞれの脱毛のメリットとデメリット

クリニックで行われている医療レーザー脱毛は、照射のパワーが強いため、高い脱毛効果が期待できます。一方、脱毛サロンでは威力の弱い光脱毛のため、脱毛の効果が徐々にしか期待できないともいいます。ただし、医療レーザー脱毛は強力なレーザーを使うため、ある程度の痛みを伴う可能性があります。
脱毛サロンで行う光脱毛は、痛みが少ないため、医療レーザー脱毛より長期間続けやすいかもしれません。それぞれの脱毛方法には、他にもメリットとデメリットがあります。さらに詳しくみていきましょう。

クリニックは施術に必要な回数が少ない

医療レーザーを使用したクリニックの脱毛は、脱毛サロンより高い効果が期待できるため、施術回数が比較的少なくて済むことが多いです。施術回数が少ない分、脱毛が完了するまでの期間が早いことがメリットといえるでしょう。ただし、毛周期という毛が生え変わるサイクルがあり、毛周期に合わせて脱毛するタイミングを調整して、何回かに分けて施術する可能性があります。
そのため、いくら施術回数が少なめとはいっても、ある程度の回数を重ねる可能性があるのは脱毛サロンと同様です。人によって施術効果がかわるため、一概にはいえませんが3倍ほど効果に差があるとされています。

脱毛サロンは料金が安い?

脱毛サロンのメリットは、料金の安さです。ただ安いだけではなく初めての脱毛でも体験しやすいように、さまざまな割引プランやキャンペーンを展開していることもあります。気になったら自分が希望する脱毛かどうかをよく確認して、体験してみるのもいいかもしれません。
注意点としては、前述したように脱毛サロンはクリニックより施術完了までにかかる回数が多い場合があり、期間が長くなってしまうということです。結果、施術にかかった回数によってはクリニックでかかる料金より多くなってしまうことも。まずは、かかる費用をチェックしてみることが大切です。また、脱毛サロンによっては回数無制限のプランを利用するとお得な場合もあります。

通いやすいのはどちら?

大手の脱毛サロンは全国展開していることが多く、クリニックと比べると通いやすいといえそうです。店舗数でみると脱毛サロンの大手は、全国180店舗をこえるところもあります。クリニックは多くても30店舗ほどと大きな差があるのです。なるべく近場にある店舗を利用できる可能性が高いのは脱毛サロンといえるでしょう。また、脱毛が完了するまでには1年~3年の長い期間を要する場合があります。契約中に転勤や引っ越しをした際にも、近くに店舗があればやめずに通うことができるのもメリットです。

全身脱毛におすすめなのはどちら?

全身脱毛をするとなると脱毛する箇所が多くなり、期間が長くかかります。効果の高さや施術回数から、少しでも短い期間でできるクリニックの医療レーザー脱毛がおすすめです。しかし、費用の安さや痛みの少なさをみると、脱毛サロンの光脱毛にも魅力があります。クリニックと脱毛サロンを比較すると、全身脱毛をするならどちらが適しているのでしょうか。

クリニックは永久脱毛?

全身脱毛を希望する場合に、永久脱毛かどうか気になる方も多いのではないでしょうか。実は、医師のいない脱毛サロンでは永久脱毛ができないように法律で決められています。脱毛サロンで行うのは、ムダ毛を減らすことを目的とする脱毛です。
しかし、永久脱毛といっても、クリニックの医療脱毛も、施術が完了すれば完全に生えないわけではありません。脱毛が終了してから1カ月に20%以下しか毛が生えてこない脱毛方法を永久脱毛としています。永久ではありませんが、レーザーによって細胞を破壊するため、脱毛効果の持続が期待できます。

クリニックでは麻酔も使える?

パワーの強いレーザーで毛根を破壊する医療脱毛は、強い痛みを感じる可能性があります。特に、VIOゾーンやワキなど皮膚が薄くて毛が密集している部分は、耐えられないほどの痛みを感じてしまうかもしれません。痛みに弱い方は、クリニックでは麻酔が用意されていることもあるため、相談してみることをおすすめします。
脱毛サロンは医療機関ではないため、麻酔を使うことができません。医療脱毛と比べると光脱毛は痛みが少ないとはいえ、毛が密集した部分は少なからず痛みを感じる可能性があります。人によって感じる痛みはそれぞれのため、一概にはいえませんが、想像していたより痛かった場合に麻酔が使えるクリニックがおすすめです。

全身脱毛をするなら併用も!

クリニックと脱毛サロンにはそれぞれメリットがあるため、どちらか決められない場合は併用するのもおすすめです。露出の多い部位やムダ毛を早くなくしたい部位はクリニック、痛みが強くじっくりと処置したい部位は脱毛サロンというように分けて利用してみましょう。特に、VIOの医療脱毛は痛みに耐えられず、途中であきらめてしまう方もいるとか。まずは、脱毛サロンの光脱毛で試してみるのもおすすめです。
費用面からみても、併用することでクリニックと脱毛サロンのキャンペーンを両方とも利用できる可能性もあります。それぞれのメリットを知って、上手に組み合わせることで、よりお得で効果的に全身脱毛できるかもしれませんよ。

クリニックと脱毛サロンを使い分けることが大切

最後に、今回のポイントをまとめます。

  • クリニックと脱毛サロンは脱毛方法が違う
  • それぞれにメリットとデメリットがある
  • 全身脱毛におすすめなのはクリニックの医療脱毛
  • クリニックと脱毛サロンを上手に併用するのもおすすめ


メリットとデメリットを比較して、自分に合った脱毛ができるクリニックや脱毛サロンを選びましょう。