脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 痛いセルフ脱毛に要注意!ブラジリアンワックスの注意点

痛いセルフ脱毛に要注意!ブラジリアンワックスの注意点

セルフ脱毛はおそらく多くの女性が経験されています。しっかりと脱毛をしてムダ毛を除去すると見栄えもいいですし、美しい素肌に自信を持つことができます。セルフ脱毛を行う際の注意点を理解し、できるだけ肌を傷つけずにすむよう工夫をしましょう。

セルフ脱毛には色々な種類がある

セルフ脱毛の注意点を考える前に、セルフ脱毛の方法にはどのようなものがあるか知っておく必要があります。セルフ脱毛にはいくつか種類がありますが、あまり意識せずに我流でムダ毛処理を行っていると、知らず知らずのうちに肌を傷つけてしまっている場合があります。なるべく素肌に負担をかけず、自分に合ったやりやすい方法で処理をするようにしましょう。

脱毛器具を使った方法

市販されている脱毛器具を使った方法があります。脱毛器具は物理的に体のムダ毛を抜くものや、光を照射することで脱毛を促すものなどがあります。直接毛を引き抜く脱毛法は、腕の表面の細いムダ毛や、すねや太ももの細いムダ毛の除去に適しています。しかし、わきやVIOゾーンなどのデリケートゾーンの脱毛には不向きな方法なので、あくまでも細くて短い毛を取り除く程度に考えておくようにしましょう。
光を照射して脱毛を促す方法は、サロンで行われている光脱毛の簡略版のようなものです。実際の光脱毛や、医療機関で行われるレーザー脱毛ほど強力なパワーはありませんが、細い産毛や、すね毛の除去程度であれば十分な効果が期待できます。
この他にも糸を使った「糸脱毛」もありますが、あくまでも顔の産毛の脱毛程度しか効果がないので、あまり活用されていません。

カミソリで剃る方法

カミソリで剃る方法も広く行われていますが、注意しなければいけない点があります。カミソリでムダ毛を剃ると、目では見えにくいですが、皮膚にはかなり細かい傷がついています。細かい傷が原因で炎症が起こってしまったり、肌に細菌が感染してしまったりする場合もあります。とくに皮膚のバリア機能が落ちている方、乾燥肌の方、アトピー性皮膚炎を患っている方にとっては、カミソリの刃が強い刺激になってしまいます。あらかじめクリームを塗っておくなどして、肌の刺激を軽減できるように工夫することが必要です。
しかし事前にクリームやシェービングフォームを使用しても傷がついてしまうこともあります。また、シェービングフォームは肌の油分を落としてしまうので、人によっては合わない場合もあります。他にも、成分が合わず、肌が痒くなってしまい、つっぱってしまうという欠点もあります。

ブラジリアンワックスを使用する方法

ブラジリアンワックスはモデルや女優の間で人気が広がり、一般にも用いられるようになった方法です。いわゆるかつて流行した「ワックス脱毛」のことです。ワックスを皮膚に塗り、上からシートを貼りつけてから、ワックスとシートを剥がすことで脱毛ができます。ガムテープを貼って剥がすようなものなので、多少の痛みを伴う方法でもあります。ブラジリアンワックスは非常に手軽な脱毛法ですが、肌の角質を無理やりはがしてしまい、皮膚にダメージを与えてしまうことがあります。

ブラジリアンワックスは代表的な脱毛法

ブラジリアンワックスはセルフ脱毛の中でもとくに人気の方法です。最近では種類も豊富になっており、自分に合った商品を選ぶことができます。しかし中には、試してみたいけれど不安がありなかなか踏み出せない方もいます。
「やり方って難しい?」「けっこう痛いって本当?」「肌が荒れやすくなる?」
ブラジリアンワックスの方法や疑問点をまとめました。

ブラジリアンワックスの使い方

ブラジリアンワックスを使うには、「ヘラワックスシート」を用意します。まず、脱毛したい部位にしっかりとワックスを広げ、シートを密着させます。シートと肌の間に空気が入らないように貼り付け、ワックスが固まるのを待ちます。ワックスがしっかりと固まってからシートを剥がして終了ですが、剥がす方向には注意が必要です。剥がす方向が毛の流れと逆向きになるように剥がすと、効率よく剥がすことができます。

ブラジリアンワックスって痛い?

ブラジリアンワックスは痛みが強い脱毛法です。シートはガムテープのように粘着力が強く、剥がす際に痛みを伴います。ブラジリアンワックスをする際には、あらかじめ肌を冷やして、痛みを感じにくくしておきましょう。
また、皮膚が汗ばんでいるとワックスののりが悪く、うまくできません。皮膚を拭いて清潔にし、1度で成功するように気をつけましょう。

トラブルを防ぐために

ブラジリアンワックスを使うことによる肌へのダメージは、普段から「健康な肌」を維持することで最小限に抑えられます。健康な肌を維持するためには、日頃から「保湿」を心がけることが大切です。
また、ブラジリアンワックスは商品により肌への負担も異なりますので、脱毛力が高く、なおかつ肌に優しい商品を選ぶようにしましょう。脱毛回数を減らすようにすることも肌荒れの防止になりますので、やりすぎに注意してください。

他の脱毛法との組み合わせは?毛はなくなる?

セルフ脱毛には限界があり、医療クリニックやサロンなどのプロの力には劣ります。医療クリニックでは出力の強いレーザーを使用した脱毛法を行っており高い脱毛効果が期待できますし、医療機関のため医師の診察もあるので安心です。また、サロンでは「光脱毛」という方法を行っており、パワーはあまり強くありませんが、レーザー脱毛より安価で行うことができます。レーザー脱毛や光脱毛などとブラジリアンワックスの併用はあまりよくありませんが、状況に応じて使い分けることは可能です。

他の脱毛法と組み合わせることもできる

ブラジリアンワックスを単独で使用するのではなく、レーザー脱毛や光脱毛を併用する方法もあります。例えば、まずレーザー脱毛や光脱毛で毛量を減らしてからブラジリアンワックスを使用し、アンダーヘアを好きなデザインにするというものです。アンダーヘアにはその時その時でトレンドがありますので、完全に毛をなくさずに、少し残しておくというのも1つの方法です。

ブラジリアンワックスでは永久脱毛はできない

ブラジリアンワックス単独では、永久脱毛をすることはできません。ブラジリアンワックスはあくまでも目に見えている毛を除去するというものですので、時間がたつとムダ毛が復活してきます。医療クリニックで行われている「レーザー脱毛」という方法は、強い波長を使用しており、高い脱毛効果が期待できます。回数も5〜6回で脱毛が終了するので、確実に毛をなくしたいという方には、プロの力を借りてレーザー脱毛をすることをオススメします。

ブラジリアンワックスのコツとは

ブラジリアンワックスを使用する際、うまく行うポイントがあります。
「ワックスを塗ってからシートを貼るまで手短に行うこと」
「皮膚のシワにもしっかりとワックスが入るようにすること」
時間がかかったりシワの間に空気が入ったりした場合、しっかりと脱毛できないことがあります。1度でしっかりと脱毛できるように注意しましょう。

セルフ脱毛のポイント

今回のポイントをまとめます。

 

  • セルフ脱毛には「脱毛機」「カミソリ」「ブラジリアンワックス」を使用する方法がある
  • 肌荒れを防ぐためには保湿をしっかり行う
  • 完全にムダ毛をなくしたいならレーザー脱毛

 

セルフ脱毛は安価で手軽に行うことができますが、ブラジリアンワックスは肌が荒れやすいのでやりすぎには注意しましょう。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
488780views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
197771views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
82273views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
29282views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
21180views
ページのトップへ