初めて脱毛するならワキ?Vライン?どこの部位がいいの?

初めて「脱毛サロンでの脱毛にチャレンジしたい!」と決心した多くの人が「まずどこの部位から脱毛すればいいの?」というところで、迷ってしまいます。そこで「初めての脱毛体験」におすすめしたい体の部位、その理由などについて、詳しく解説していきます。

年間通して目立つ「ワキ」はおすすめの部位

 
「脱毛サロンで脱毛するならまずワキをやってみたい! 」という方が多いんです。女性なら「ワキ」のムダ毛はかなり気になりますよね。フォーマルなドレスなど、ワキが見えやすいファッションは、秋冬でも着る機会がけっこうありますよね。スパや銭湯に行ったときも、人の目が気になります…。季節を問わず、ワキは1年中、他人の目に触れやすい、気になる部位ではないでしょうか。
そしてワキは、初めて脱毛するのにおすすめの部位なんです。それにはいくつか理由があります。

ワキ脱毛は需要が多いゆえメリットいろいろ

やはりワキはムダ毛を気にする人が多い分、脱毛の需要が大変多い部位です。そして、ワキは脱毛する面積としては、あまり広くありません。それだけに多くの脱毛サロンで「値下げキャンペーン」を行っているんです。値下げキャンペーンで費用が安めに抑えられるのなら、脱毛サロンでの初脱毛体験も手が出しやすくなりますよね。
また、需要が多いということは、脱毛サロンのスタッフも「施術経験値」が高い部位ということになります。経験を積んだスタッフの施術を受けられると思えば、初めての体験でも安心できますよね。

目立つワキの脱毛は効果が実感しやすい!

せっかく決心してサロンで初めての脱毛をするのなら、効果がしっかり実感できて「行ってよかった!」と思える体験をしたいですよね。そういう視点からも、ワキは「初めての脱毛」におすすめの部位。ワキのムダ毛は、太く黒々としているのでかなり目立ちますよね。それだけに、脱毛でムダ毛の解消をしたときの満足度が高くなる可能性があります。
ワキのムダ毛は自己処理をしていても、すぐ生えてくるし目立つので、こまめに手入れをする必要があります。これがとてもわずらわしいんですよね。そういった面倒な手間から一時的にでも解放されるのもうれしいですよね。自己処理との仕上げの違いも、わかりやすいのではないでしょうか。

太い毛質で強めの痛みを短時間だけ体験

脱毛の痛みに対する感じ方には個人差がありますが「太く硬い毛」「毛が密集した状態」であるほど、痛みを強く感じる傾向があります。毛の太さでいうと、ワキも痛みを強めに感じる部位に該当します。ただし、ワキは脱毛する範囲としては狭いので、「狭い範囲の脱毛で強めの痛み」を経験することができます。つまり今後、より広いほかの部位にチャレンジするとき、痛みなどを予想する基準にもできるんです。そう考えれば、最初に太い毛質の痛みがどのくらいのレベルか、体験しておくのもいいでしょう。

夏に気になる「Vライン」はおすすめ度低め

夏はレジャーで水着を着る機会もありますよね。そんな季節には、やはり「Vライン」のムダ毛はとても気になります! でも、残念ながら初めて脱毛サロンで脱毛する場合、Vラインはあまりおすすめできないんです。まずは、ほかの部位で脱毛体験を試してみてから、段階を追ってチャレンジするといいでしょう。まずはVラインが初めて脱毛する部位としておすすめできない理由をお伝えします。

痛み・刺激を感じやすいデリケートゾーン

Vラインは、もともと刺激や痛みを感じやすい部位という実感がありませんか? 人によっては下着が当たっているだけでもかぶれてしまうこともある敏感なところ。生理の前後は特に敏感になるので、Vラインの脱毛にチャレンジする場合は、施術のタイミングも測った方がいいですね。そして太く硬い毛が、わりと広範囲に生えているので、脱毛時の痛みを感じやすくなります。
ちなみに女性器に近いIラインや、肛門近くのOラインは粘膜の隣ということで、さらに脱毛の痛みが強くなりますので、上級者向けといえます。

目に入りにくい下半身は施術中不安になる?

初めて受ける脱毛サロンでの施術…担当スタッフとの相性にもよりますが、やはり施術中の様子がわからないと不安や緊張感が高まりますよね。Vラインの脱毛はだいたい仰向けに寝た姿勢で行いますので、視界に入りにくい状態に。施術スタッフと、顔の位置も離れているのでコミュニケーションも取りにくいでしょう。初めての脱毛は、上半身の部位の方が安心して施術を受けられる、といえるでしょう。

Vライン、施術後の肌荒れにも要注意!

Vラインは毛の太さや敏感さから痛みが強いのですが、施術中の痛みに耐えるだけでなく、脱毛後、保湿をしっかりするなどのケアがとても大切です。脱毛の前の肌荒れは脱毛時の痛みの元ですが、施術後の肌荒れや乾燥は、皮膚の黒ずみの原因にもなってしまいます。個人差はありますが、脱毛は1回では終わらず、何度か繰り返して受けることで完成に近づきます。次回脱毛をするとき、黒ずみが残った状態の皮膚だと、さらに痛みが強くなってしまいます。
やはり、皮膚が薄く肌あれを起こしやすい部位は、1番初めの脱毛体験では避けたいものです。

初めて脱毛する部位を決めるポイントは?

1年を通してニーズが多いのは、やはりワキやVライン。でも「1番気になるムダ毛」がある部位は、人によってさまざま。「人と比べて腕の毛が太くて…」「指の毛が気になって仕方ない! 」などほかにもいろいろありますよね。そこで「腕かおへそまわり、どっちかで試してみたい…」といった悩み方をしている人に、初めての脱毛する部位の「決め手ポイント」をご紹介しましょう。

初めてのお試し脱毛は、狭い部位から

初めての脱毛は「狭い、小さい範囲」を選ぶのがおすすめです。サロンの料金設定にもよりますが、脱毛の施術を行うのが広範囲だと「費用」も「時間」も多くかかります。ですから、痛みの面でも経済面でも、範囲が狭い方が負担も少なくなります。
具体的にいうと狭い範囲は「ワキ」「胸のセンターのみ」「乳輪のまわり」「おへそのまわり」「ヒザ」「手の指・手の甲」「足の指・足の甲」といった部位です。この中で気になっている箇所があれば、初めての脱毛体験をする部位に選ぶのもいいですね。

念のため隠れやすい部位から

脱毛の効果や施術後の肌の状態などには個人差があります。サロンではカウンセリングや説明をしてもらえますが、それはあくまで一般的なお話。あなた自身の体質や感覚は、実際サロンでの脱毛を体験してみないとわからないこともあるでしょう。一時的に肌荒れを起こしたり、赤くなったりすることもあるので、ふだん目に入る部位、ヒザから下や腕、特に顔は避けたほうが安心です。
また、光脱毛は黒い部分に反応するので、日焼けしているところの脱毛は避けてくださいね。

施術の痛みが少ない部位、具体的にはどこ?

ここまでで「太く硬い毛」「毛が密集した状態」であるほど、痛みは強く感じることをお伝えしてきました。つまり痛みを感じにくい部位というのは、その逆で「毛が細くまばらな部位」ということですね。個人差はありますが、一般的に脱毛サロンでの脱毛で痛みが少ないといわれるのは、柔らかい毛が生えている「背中」や「ヒザから下」などですね。
また、痛みを和らげるため、脱毛の前に肌荒れや乾燥していない、ということも大切です。どこの部位でも脱毛の施術を受ける前日までに、保湿などのケアをしっかりして肌の状態を整えておきましょう。

初めて脱毛する部位を決めるポイントまとめ

初めての脱毛、あなたが体験したい部位は決まりましたか? それでは最後に、初めての脱毛体験での、部位選びのポイントをまとめておきましょう!

  • 狭い範囲の部位なら、手軽に脱毛しやすい
  • 上半身に含まれる部位だと安心して施術を受けられる
  • 皮膚が厚め、毛は細め、密集していない部位は痛みが少ない
  • 脱毛の前後は特に肌荒れ・乾燥しないよう保湿をすること