VIO(ハイジニーナ)脱毛は施術の際に見られる?恥ずかしくない?

最近、VIO(ハイジニーナ)脱毛に対して関心が高くなっており、脱毛サロンの多くがVIO脱毛を前面にアピールしています。ここでは、VIO(ハイジニーナ)脱毛の施術について、特に「恥ずかしくないの?」という点を中心にご紹介しましょう。

VIO(ハイジニーナ)脱毛の施術、恥ずかしくない?

施術する人はどのように思っているか?

VIO(ハイジニーナ)脱毛を医療クリニックや脱毛サロンで受ける場合、施術の際にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしいと感じる方もいるでしょう。ですが施術をしてくれる方は仕事で日々見慣れていますので、あまり気にする必要はありません。 どうしても気になる方は施術を個室でやってくれるクリニックを探したり、最初にどのように施術をするのか確認を取るのもいいでしょう。

それではこれからQ&A方式で、医療クリニックや脱毛サロンで施術する人の本音について紹介していきます。 

VIO(ハイジニーナ)脱毛についてのQ&A

Q:アソコを施術の際に見られると恥ずかしくないのでしょうか?

A:施術する人は無駄毛だけを見ています。VIO(ハイジニーナ)脱毛は施術が困難なだけでなく、施術を無理な姿勢で行う場合も多いため、他の部位に比較して真剣度がさらにアップします。そのため、アソコを見るほどの余裕はありません。また、施術中は専用の紙パンツなどで覆うのが一般的で、最低限の肌の露出にするため安心です。

 

Q:剛毛の場合はどうなのでしょうか?

A:この無駄毛は濃いなというくらいは思います。無駄毛が濃いので恥ずかしいという人も多くいますが、施術をする人はいろいろなケースを見ているため、一切気にしないでしょう。

 

Q:施術している時はどのような態度で臨むといいのでしょうか?

A:リラックスしているといいでしょう。施術している時はアイマスクをつけるため、恥ずかしさは少なくなるでしょう。正直なところ、施術を受ける方が非常に恥ずかしがった場合は、施術をする側まで気まずくなります。VIO(ハイジニーナ)脱毛を実際に行ったほとんどの人は、初回だけが恥ずかしかったそうです。

 

Q:施術をする時間はどのくらいでしょうか?

A:無駄毛の状態によっても違ってきますが、15分〜30分くらいです。案外と短時間で終わるため、施術する人と雑談をしている間に終わります。

 

ここでは、ネットで紹介されている施術をする人のいろいろな本音についてご紹介しました。このような本音を見てみれば、施術を受ける人が考えているほどVIO(ハイジニーナ)脱毛は大変ではないことが分かるでしょう。

VIO(ハイジニーナ)脱毛の施術の際はどのような姿勢か?

Vライン、Iライン、Oラインを施術する際の姿勢

VIO(ハイジニーナ)脱毛の施術の際は、別の部位を施術する際と同じように「着替え」からスタートします。医療クリニックや脱毛サロンによって違っていますが、「使い捨てタイプの紙パンツ」を着用する場合が最も多くなります。デザインとしてはTバックタイプや紐のもので、黒やピンクなどいろいろなカラーがありますが、素材は透けないものを使っています。

また、施術する際にはアイマスクを着用するため、視線を合わせることがなくなる分、恥ずかしさが少なくなる効果も期待できます。ここでは、Vライン、Iライン、Oラインごとの施術する際の姿勢についてご紹介しましょう。 

Vラインを施術する際の姿勢

VIOの中においても、Vラインは恥ずかしさが比較的少ない部位です。カウンセリングする際に、どのような形にアンダーヘアーを仕上げたいか聞かれます。大きく分類すると、アンダーヘアーの形は5つに分かれ、施術中の姿勢も異なります。

逆トライアングル型(小)は、逆三角形型の人気が最も高いものです。逆トライアングル型(中)は、自然な形で脱毛が分からないくらいのものです。スクエア型は、長方形型で欧米では好まれているものですが、日本の男性には評判があまり良くありません。エッグ型は、欧米で人気になっているもので、少し幼さが感じられます。ハイジニーナ型は、全く無駄毛がないものです。男性には、逆トライアングル(小)の次に人気があります。

カウンセリングの際に確認して、自分に適したアンダーヘアーの形を選びましょう。 Vラインを施術する際は、脚を伸ばして仰向けになり、軽く脚を開きます。脱毛する範囲がアンダーヘアーの形によって違うため、場合によっては「くの字」に片脚を軽く曲げる姿勢になることもあります。施術する箇所のみを、紙パンツをずらして露出してレーザーや光を照射していきます。施術する平均の時間は、10分〜15分くらいです。 

Iライン、Oラインを施術する際の姿勢

Iラインを施術する際は、恥ずかしさと戦わなければならないかもしれません。Iラインの施術の場合は、照射する方の脚を「くの字」に曲げて、仰向けになって外側に膝を倒して行います。Iラインは左右に分かれるため、左右1回ずつこのような姿勢が必要です。施術は少しずつ紙パンツをずらしながら行います。施術の平均の時間は5分〜10分くらいです。

なお、Iラインの脱毛の場合は、ほとんどの人が無毛にするようです。 Oラインを施術する際は、一般的に2人で行うようです。この部位については、医療クリニックや脱毛サロンによって姿勢が違っています。うつ伏せ、横向き、四つん這いがありますが、うつ伏せが最も楽です。施術する人の経験によっても違ってくるそうですが、カウンセリングの際に聞いて、施術は最も疲れない姿勢で依頼しましょう。

横向き、四つん這いは負担が少し大きくなります。姿勢を維持するためにクッションや抱き枕などを使うのが一般的ですが、カウンセリングの際に細かく確認しておきましょう。Oラインについても、無毛に仕上げる人が多いようです。施術の平均的な時間は、10分〜15分くらいです。

VIO(ハイジニーナ)脱毛の前にはどのような準備が必要か?

施術する前に全てのアンダーヘアーを処理する

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も無駄毛の色に反応する機械を使うため、VIO(ハイジニーナ)脱毛の前には、全てのアンダーヘアーを剃ったり、短く切ったりする必要があります。長い無駄毛を事前に処理しなければ、脱毛する機械の光が無駄毛に反応して分散するので、出力をアップしなくてはいけません。そのため、火傷になる恐れがあり、施術する回数や時間も多くなります。

無毛にする場合でも部分脱毛の場合でも、しばらく事前処理は継続することになるため、肌への負担が少ない電気シェーバーを使いましょう。当然ですが、OラインとIラインも処理する必要があります。抵抗がある人もいるでしょうが、鏡を見ながら短く電気シェーバーでカットしましょう。肌を傷めやすいので、カミソリは絶対に使わないようにしましょう。

なお、脱毛サロンによっては、施術前のシェービングを有料で行っている場合もあります。 

周りの人に脱毛していることが分かるのが心配

VIO脱毛は非常にプライベートなことであるため、できれば他の人には隠しておきたいでしょう。施術をしている期間は事前処理も含め短い毛の状態が続くため、パートナーの反応はやはり気がかりですね。アンダーヘアがまばらでチクチクしているのは恥ずかしいかもしれませんが、無理に隠すよりも、思い切って脱毛していることを話しておきましょう。 知られるのが恥ずかしいということでいつまでも隠しておくとストレスが溜まります。

VIO脱毛については、40代〜50代の男性は否定的な意見も多い一方、比較的若い世代の男性では肯定的な場合が多いようです。

VIO(ハイジニーナ)脱毛の施術をする場合に把握しておくこと

VIO(ハイジニーナ)脱毛の施術をする場合には、ここでご紹介した、VIO(ハイジニーナ)脱毛の施術の際に見られるのが恥ずかしくないか?VIO(ハイジニーナ)脱毛の施術の際はどのような姿勢か?VIO(ハイジニーナ)脱毛の前にはどのような準備が必要か?について十分に把握してしておきましょう。