シミ・ニキビ・ホクロがあっても大丈夫?顔脱毛の注意点まとめ!

シミやニキビがあるとどうしても顔脱毛をためらってしまいます。顔のムダ毛とお肌のトラブルの関係を理解し、しっかりとケアができるように心がけることが大切です。サロン・医療脱毛の特徴を抑えながら脱毛をすることが重要なのです。顔脱毛の注意点をみていきましょう。

顔の脱毛は要注意!脱毛前のチェックポイント

顔の皮膚は非常にデリケート

顔の皮膚というのは実は人体の中で最もデリケートな皮膚といわれています。顔の皮膚には腕や太もも以上に気を使って対処しなければならないのです。 皮膚というのは、角質層・淡明層・顆粒層・有棘層・基底層という構造を持つ表皮が表面にあり、さらにその下に真皮という構造を持っています。お肌の内部の血管や神経はこの真皮に含まれています。 通常の表皮は角質層に程度の厚さがあり、表皮からの水分の蒸発を防いだり、外部からの異物を入り込みにくくしています。

顔の皮膚は非常に薄く、角質層のバリア機能が弱い部分。顔の脱毛を行う時には皮膚をいかに傷つけないかが大きな問題となります。顔は常に外部にさらされているので、紫外線やほこりなどの悪影響を受けやすく、この点でもニキビやシミ、ソバカス、さらにはホクロなどのお肌のトラブルを抱えやすいといえます。

シミやニキビができている時は脱毛を控えよう

シミやニキビができている時には、脱毛をするかどうか迷ってしまう方もいるかもしれません。実はニキビができている時というのはお肌が非常に敏感になっていて、ちょっとした刺激でさらに炎症が広がりやすくなっています。このため、お肌にニキビができている時にはその周囲は脱毛をしないようにしておくのがベターです。

脱毛が原因でニキビが傷ついてしまったり、炎症が拡大してしまうと様々な弊害が出てしまうので、無理して脱毛をせず、落ち着くまで待つのがいいでしょう。 同じように注意したいのがシミです。これまでにシミがなかったところにシミができた時にはその部分の脱毛を避けるようにしましょう。シミの原因は皮膚のメラノサイトという細胞で、この細胞がメラニン色素という色素を周囲の細胞に渡してしまうことで皮膚が茶色く変色してしまうのです。

シミが新しくできた部分にさらに脱毛によって刺激を加えてしまうと、皮膚の内部のメラノサイトがより活発化し、シミを目立たせてしまう可能性があります。 お肌にトラブルがあるタイミングでわざわざ脱毛を行う必要はありません。お肌の状態が改善してから脱毛を行い、しっかりとお肌のケアを行うように心がけましょう。

ホクロがあっても脱毛はできる

ホクロがあっても脱毛は問題なくできます。しかし、レーザー脱毛や光脱毛の性質を考えると少し注意が必要です。レーザー脱毛は黒い色素に反応する光線で毛根を分解する脱毛法なので、ホクロの色素にも反応してしまう可能性が大いにあります。脱毛を希望している場所とホクロの位置関係を見極め、脱毛可能かどうかしっかりと相談しながら脱毛治療を行う必要があるのです。 光照射もホクロとの位置関係や大きさを考えながら治療をする必要があるので、不安な場合にはより専門的なケアが受けられる医療機関での脱毛を考えてみるのもいいかもしれません。

顔の脱毛はどこで行うべきか

医療機関で脱毛をするメリット

医療機関で脱毛をするか、サロンで脱毛をするかというのは非常に多くの方が迷うポイントでしょう。しっかりとそれぞれのメリットを比較しながら脱毛をすると、自分の目的に見合った脱毛ができます。 医療機関で脱毛するメリットは、治療の技術の高度さと、安全性の高さです。医療技術を伴った脱毛なので、効果も高く、しっかりと脱毛することができます。

1回の治療で高い効果をあげられるため、短期間で脱毛を完了することができます。また、万が一トラブルが起こったとしても、すぐに医学的な治療を受けることができるので、非常に安心です。顔脱毛は何よりもトラブルを起こさない、起こったとしても適切に対処できるという環境が重要です。医療機関の脱毛には大きなメリットがあるのです。

サロンで脱毛をするメリット

サロンでの脱毛は医療機関と異なって美容に力点を置いているというメリットがあります。元々が美容目的の施設なので、脱毛に関する技術は医療機関ほど踏み込んだものではありません。しかし、脱毛を行うときにお肌をいかに美しく見せるかというテクニックに関しては医療機関より高いといえます。

お肌を美しく見せるには脱毛だけでなく化粧や日頃のお肌のケアなど、様々な技術を必要とします。1度の脱毛で得られる効果は医療機関のように高いわけではありませんが、お肌にかかる負担は医療機関よりも少ないので安心できます。時間はかかってしまいますが、お肌の状態を考えてうまくサロンを利用できると、これまでにない美しいお肌を手に入れることができるかもしれません。

顔の脱毛をするにはどちらがいいの?

顔の脱毛をするときには、まずご自分のお肌のコンディションを確認してから受ける施術を検討するといいかもしれません。お肌にトラブルを抱えやすかったり、刺激に敏感に反応してしまうようなデリケートな敏感肌の方は、サロンより医療機関の方が適していることもあります。 費用面でもどのような手段を選ぶかが変わってきます。医療機関による脱毛とサロンによる脱毛では医療機関の方が高額になりがちです。ただし、最近では低めの価格設定の医療機関も増え、価格の開きは少なくなってきているので、どれくらいの予算でどれだけ脱毛をしたいのかしっかりと考えてみましょう。

上手に顔の脱毛をするためのコツ

お肌の状態を整えよう

顔は非常にデリケートです。脱毛を行う際にお肌の状態が悪化していると、健康な素肌の人でもお肌が炎症を起こしてしまったり荒れてしまうことがあります。しっかりとお肌のコンディションを整え、安心して脱毛をしてもらえる状態を整えるようにしましょう お肌に炎症が起こるとシミやそばかすの原因になります。あらかじめお肌の状態を考えながらしっかりと対処できるように心がけることが非常に重要です。

脱毛後のお肌のケアが大切

脱毛後には、しっかりとお肌がダメージから回復できるように気をつけましょう。脱毛をすると少なからずお肌に負担がかかるので、紫外線を避け、シミ・そばかすを作らないように注意します。脱毛後の毛穴は大きく広がっているので、洗顔をしっかりと行いお肌を清潔な状態に保つと、よりお肌を回復させることができます。 お肌の回復がうまくいくと、ムダ毛がなく綺麗な素肌が手に入ります。化粧の映え方も変わるので、脱毛後のお肌のケアは手を抜かないように心がけましょう。

顔の脱毛の注意点まとめ

顔の脱毛は非常に注意が必要です。センシティブでお肌が薄いのが顔の特徴で、いかにお肌のトラブルを抑えながら脱毛できるかが重要な問題です。シミ・ホクロ・ニキビがあっても脱毛ができますが、しっかりと医師と相談してお肌の不安をなくしながら脱毛を行いましょう。