脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > iラインシェーバーのおすすめ3つ!今人気のiライン専用シェーバーガイド

iラインシェーバーのおすすめ3つ!今人気のiライン専用シェーバーガイド

iラインシェーバー

ムダ毛の自己処理には電気シェーバーがおすすめ

サロンでの脱毛前日におこなうムダ毛の自己処理の方法には、カミソリを使用する方もいますが、できれば電気シェーバーを使いたいものです。

電気シェーバーは、電気の振動でムダ毛をカットするのでスムーズに処理ができるだけでなく、刃も非常に細かく設計されているので、使用中に皮膚に負担がかかりません。

また、カミソリでの処理は誤って肌を傷つけてしまったりカミソリ負けになってしまう心配もあります。

その状態で光脱毛やレーザー脱毛をおこなうのは、肌トラブルの原因につながるため、当日の施術を断られてしまうこともありますが、その点、電気シェーバーなら皮膚を傷つけることもないので安心です。

特にデリケートなiライン部分などのムダ毛処理はカミソリでは粘膜を傷つける恐れもあるため、絶対に電気シェーバーを使用するべきですね。

先ずはiラインの処理方法を覚えましょう

iラインのシェーバーを紹介する前にiラインのムダ毛処理方法をお伝えします。腕や脚などの部位と違い、デリケートゾーンの自己処理は難しいと思われがちですが、コツさえつかめば比較的簡単にできます。ただし、iライン部位は、皮膚も薄く粘膜にも近いため、慎重におこないましょう。

事前に準備するもの

    いざムダ毛の処理を始めてからアレが無い!コレが無い!と慌てないように、ムダ毛処理に必要なものをキチンと準備をしておくと良いですね。ムダ毛の自己処理には、シェーバーのほかに、新聞紙(座る時に使用)、小型のハサミ、大きめのゴミ袋、鏡(横30cm×高さ40cm程度がベスト)を用意しておきます。

  • iラインの処理はいつする?
    iラインのムダ毛処理に限らず、毛の処理をする際には皮膚を清潔にしてからおこないます。
    皮膚が清潔でない状態で処理をすると、毛穴から雑菌が入ってしまい炎症などを起こしてしまう可能性があるからです。このため、iラインのムダ毛処理に関しても皮膚が清潔なお風呂やシャワー後におこなうのがベストです。
    入浴中にお風呂場でおこなうと言う方もいますが、お風呂場は湿度が高く雑菌が繁殖しやすい場所でもあるためおすすめできません。

  • iラインの処理方法
    人によって方法は異なりますが、初めてiゾーンの自己処理をおこなう場合には、体育座りをして足を開いた状態がやりやすくおすすめです。
    この時に新聞紙を敷いておくと後の掃除が楽になります。そして、鏡を床に置き処理する部分がしっかりと見えるようにしておきます。
    電気シェーバーを使用する時に、毛が長いと刃に絡んでしまうことがあるので、陰毛が長い場合にはハサミでカットをしておきましょう。
    はさみでのカットが終わったらシェーバーでの処理になります。
    のちほど説明するシェーバーはどれも肌に優しいものばかりですので、皮膚が傷つけられることはありませんが、それでも部位が部位だけに細心の注意を払うようにしてくださいね。
    シェーバーを利き手に持ち、反対の手でiラインの中心部をカバーするようにしながらシェーバーを当てるようにすると安全且つ簡単に毛のカットができます。

  • 処理後には保湿も忘れずに
    シェービングで処理をした後の皮膚は乾燥をしやすいので保湿は忘れずにおこないましょう。
    顔に使用する化粧水や乳液などはアルコール成分などが多く含有されていることもあり、人によってはシミてしまうこともありますから、デリケートゾーン専用のローションやクリームなどの使用をおすすめします。

おすすめのiラインシェーバー3選

ムダ毛を処理する電気シェーバーはたくさん出ていますが、デリケートゾーンの中でも特にデリケートなiラインに最適なシェーバーは残念ながら多くはありません。そのような状況でiライン用のシェーバーとして安心して使える人気の3選を紹介しますね。

フェリエボディ用シェーバーES-WR50(パナソニック)

多くのサロンでもおススメされているのがパナソニックから発売されているフェリエのボディ用シェーバーです。

パナソニックと言えば、多くの人気美容電化製品を生み出しているメーカーとして一目置かれていますが、そのパナソニックから出ているボディ用シェーバーとあり、群を抜いて人気となっています。

こちらのシェーバーは、iライン専用ではなく、ボディ用として販売されていますが、iラインにも使用できるような細かい刃先となっています。刃が肌に優しいためデリケートゾーンなどであっても肌を傷つける心配がありません。

さらに、いかなるボディのムダ毛であっても簡単に剃れるよう、刃の溝幅をほかのシェーバーよりも広くしているため、VIOラインのような太いムダ毛もしっかり剃れるようになっています。

iライン専用だと使用範囲も限られてしまいますが、パナソニックのボディ用シェーバーはデリケートゾーンのほかに、いろいろなボディに使用できるため、一つ持っておくととても重宝しますね。またかわいい専用ポーチ付きで、急な外出でも持ち運びができるのも嬉しいポイントです。

ラヴィアiラインシェーバー

ラヴィアのシェーバーは数少ないiライン専用シェーバーとなり使い心地や機能性と言った点で人気となっています。

T字タイプのコンパクトなボディで刃は非常に細かく皮膚が薄い部位に当てても違和感を感じないほど。使用中の振動も細かく皮膚に負担がかかりません。

iラインは特に、凹凸もありシェーバーを使いこなすのは慣れるまで大変な部位ですが、ラヴィアはそんな凹凸部位にピタッと密着する刃先の設計になっているので、初心者でも使いやすくなっています。

LCラブコスメティックVライントリマー

LCラブコスメティックは女性のデリケートゾーン関連商品を扱うメーカーです。

そのメーカーから発売されているシェーバーは、Vライントリマーという商品名ではありますが、実際には、刃先もコンパクトでiラインのムダ毛処理にも十分対応できます。

LCのシェーバーはヒートカッターで、毛の断面が熱で燃やされるためカット後のチクチクした不快感がないのも人気のポイントです。通信販売のため量販店などで購入はできませんが注文してから最短で翌日には届くのでさほど不便ではありません。

iラインシェーバーの選び方

おすすめの3選以外にもiライン用として使えるシェーバーはいくつかありますが、商品を選ぶ時に絶対に外せないポイントを覚えておいてくださいね。

  • 刃が細かいものを選ぶ
    ボディ用のシェーバーはさまざまなものが発売されていますが、その多くは脚や腕、ワキなどを処理するためのものが多く、刃も大きく設計されています。
    iラインは面積も少なく、刃が大きいシェーバーでは上手にムダ毛のカットができません。このため、iライン用のシェーバーとして選ぶなら、刃先がコンパクトになっているものを選ぶのは絶対条件になります。

  • 替刃が販売されているシェーバーを選ぶ
    シェーバーの刃自体はステンレス加工をされているものが多く、錆びにくくはなっていますがそれでも使用しているうちに、刃が欠けたり、少しずつ錆びてしまったりと使いにくくなってしまうものです。そうした時に、替刃があると本体ごと買い替える必要もなく経済的です。

  • 乾電池式シェーバーがおすすめ
    電気シェーバーには、バッテリー式と乾電池式がありますが持ち運びをする前提の場合には乾電池式がおすすめです。
    というのも、脱毛サロンによってはシェーバを持ち込めば事前の処理を施術者におこなってもらえるところもありますが、バッテリーの残量が少ないと途中で使用ができなくなってしまい事前の処理がお願いできなくなってしまうからです。
    その点、乾電池式は万一外出先で電池が切れてもすぐに調達が可能なため、使えなくなるという不便さはなくいつでもどこでも使用できるのでおすすめです。

脱毛サロン前日の自己処理はとても面倒で、特にデリケートゾーンの処理は憂鬱になるという女性も多くいますが、今回紹介したシェーバーを使用すれば、とても簡単に処理ができてしまいます。ぜひ参考にしてくださいね。

脱毛にまつわる効果のホントの話を特集!

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
509399views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
270641views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
91533views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
39118views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
24968views
ページのトップへ