VIO脱毛って衛生的に本当に大丈夫なの?その秘密に迫る

デリケートゾーンの脱毛って非常に危険なイメージがありませんか?元々がデリケートな場所ですし、更に脱毛でダメージが加わることによるリスクも考えられます。特に、衛生面で本当に大丈夫なのかが心配になりますね。そこで今回は、VIO脱毛における衛生面について解説します。

自分で行うのはリスクが高すぎる!

自分でVIO脱毛を行う場合の方法は?

VIOを脱毛しようと考えた際に、自分で行おうと真っ先に考えるでしょう。それは、VIOは秘部なので、人に必要以上に見せたくないと考えるからです。デリケートゾーンは特に人には見せたくないですよね! 自分でVIO脱毛する際に用いられる方法としては、ブラジリアンワックスが多いです。

ブラジリアンワックスとは、熱すると溶けるワックスを脱毛したい場所に塗り、冷ますことで再固形化させて毛を絡ませ、その状態で引っ張ることで毛を抜く方法です。手軽さと安全面から、大変高い人気を誇っています。 他には、カミソリや電気シェーバーによる剃毛や、毛抜きによる脱毛があります。ただ、手軽さという点で見れば、一気に多くの毛を脱毛できるブラジリアンワックスが飛び抜けているといえるでしょう。

衛生的・仕上がり的にどの方法がいい?

手軽さではブラジリアンワックスが最も優れていますが、衛生面で見てもブラジリアンワックスは最も優れた方法としておすすめできます。ブラジリアンワックス自体が肌に優しい天然素材を使用しているので、ワックス自体によるかぶれ等の発生はあまり気にする必要はありません。

また、他の方法には、衛生や仕上がりの面で少し心配な点があります。剃毛の場合は、周囲の肌へダメージが加わってしまうので、肌荒れを起こしてしまう恐れがあります。それを防止しようとシェービングフォームを使用したくなりますが、デリケートゾーンでシェービングフォームを使用すると、刺激によって肌荒れを起こすケースもあります。 毛抜きによる脱毛は、一見ブラジリアンワックスと同じで安全に見えますが、毛が途中で切れて埋もれ毛が発生する可能性が高いので、注意が必要です。

アフターケアを念入りに!

どのVIO脱毛を採用しても、重要なのはアフターケアです。最も安全で衛生的なブラジリアンワックスも、アフターケアを怠ると衛生面で見ても大きなトラブルを引き起こす可能性が高いです。

というのも、ブラジリアンワックスや毛抜きによる脱毛を行った直後は、毛穴が開いた状態となります。その状態で細菌が毛穴に入ってしまうと、毛嚢炎となってしまいます。毛嚢炎となると、赤く腫れて内部で膿が溜まります。見た目も良くないですし、痛みもあるので絶対に避けたい症状です!

また、剃毛でも肌にダメージが入った状態で放置しておくと、思わぬ肌トラブルを引き起こします。自分でVIO処理した場合は、必ず保湿クリームを塗って、ダメージを押さえましょう。VIOはデリケートですので、敏感肌用クリームを使用することをおすすめします。

サロンでVIO脱毛する際は衛生面で大丈夫?

サロンではどのような方法で脱毛するの?

VIOはデリケートですので、自分で行うよりはプロに任せた方が絶対に安全です!全国の美容サロンの殆どでVIO脱毛を実施しています。サロンで行っているVIO脱毛の種類としては、レーザー、光脱毛、ニードル脱毛、ブラジリアンワックスによる脱毛があります。

レーザーと光を使った脱毛は、施術時間が短く効果もある程度高い方法として、最も多くの方が利用する脱毛方法です。ただし、特にレーザー脱毛の場合は痛みを強く感じるので、笑気麻酔をしながら脱毛するのが一般的です。

ニードル脱毛は、毛穴にダイレクトに針を刺し、施術する方法です。毛の再生率が最も低いので、効果てきめんな方法ですが、時間がかかるのと痛みが強いのが難点です。

ブラジリアンワックスは自分でも行える施術ですが、サロンでも人気が高い施術法です。より安全に脱毛できますし、価格的にもリーズナブルなこともあって、高い人気を誇っています。

サロンでの脱毛は衛生面で大丈夫?

まずはじめに、どの施術方法においても、ほとんどのサロンで事前にカウンセリングを行います。場合によっては実際に脱毛する場所をチェックして、肌の状態をしっかりチェックした上で施術法を決定します。もちろん、施術を受ける人に対して、衛生面も十分に考慮した施術法を選んで実施されますので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。

ただし、使用する機器がしっかり清掃されているかどうかはチェックしたいですね。特に、ニードル脱毛の針先は毛穴に刺す部位なので、絶対的に清潔でないとトラブル発生のもととなってしまいます。 また、使用するタオルなどのリネン類のアイテムが清潔なものかどうかもチェックしたいですね。施術を受けた後は、どの施術法でも肌が敏感になってしまいますが、すぐにアフターケアを行ってくれますので、施術後の衛生面では特に気にする必要はありません。

サロンで施術しても自己アフターケアは重要!

サロンで施術を受けた直後はアフターケアを行っていただけますが、問題はその後のアフターケアです。レーザーや光脱毛の場合、肌がやけどを負ったかのような状態となり、しばらくほてりが取れません。 そのまま放置すると、ひりつきが取れずに肌荒れした状態が継続してしまいます。これが刺激となって、VIOの黒ずみに進行してしまう事がありますので、保湿クリームをしっかり塗ってケアしましょう。この方法は、サロンでも指導していただけるので、指導されたことを確実に行うことが重要です。

また、VIO部分の潤いを失わないように、シャワーの温度も低めにするようにしましょう。熱めのシャワーを浴びると、皮脂まで流れ落としてしまうためです。また、脱毛後数日間はお風呂も低めの温度とすることをおすすめします。これにより、脱毛後のアフターケアを行うことができますよ。

VIO脱毛自体が衛生面でプラスに作用!

アンダーヘアは蒸れの要因に!

人間の各部位には毛が生えていますが、基本的にどの部位の毛にも意味があるのです。例えば、一見邪魔に見える鼻毛ですが、これは外部の塵などを体内に取り込むのを防止するフィルター代わりの役割を果たしていることで知られています。

では、VIOの毛は本当に必要なのかというと、実は不要なのです!特に何かから身を守っているという意味はなく、唯一毛が無い場合に陰部の形状が見えやすくなるというデメリットがある程度です。

逆に、VIOの毛があることで蒸れやすくなるという問題があります。 陰部が蒸れることにより、不衛生な状態となり不快な臭いが発生することもありますし、かゆみも発生します。これだけでなく、蒸れが刺激となって、デリケートゾーンの黒ずみにも発展します。

排泄物の付着によって不潔に!

また、デリケートゾーンに毛がある場合は排泄物が付着してしまうという事もあります。しっかり拭いて処理したつもりでも、拭き残してしてしまうことがないわけではありません。また、見た目は除去できていても、見えない細菌などが付着するケースもあります。

仮に排泄物が付着していると、更にその部分に雑菌が繁殖し始めます。ただでさえ不衛生な排泄物ですが、周囲の蒸れで更に不衛生さを増大させるのです!これにより、蒸れで肌へのダメージが懸念される中で、更に肌荒れにつながってしまいます。 このこともあって、VIO脱毛は行った方が衛生面でもおすすめできるのです。

行うといいことが!ただしケアを怠らないように

VIO脱毛は普段の生活を送る中でも、衛生面の利点があるものなのですね!ただし、実施方法によっては危険ですし、衛生面でも考慮しなければならなりません。更には、実施後のアフターケアも念入りに行わないと、肌トラブルを引き起こし、逆効果となります。その点も考慮して施術法を決めたいですね。