脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > お腹、へそ周りを脱毛する際に心にとめておきたいコト

お腹、へそ周りを脱毛する際に心にとめておきたいコト

お腹、へそ周りはビキニを着る際など、ムダ毛が目立ちやすい部位です。忘れずにムダ毛処理を行いたいものですが、脱毛する際には肌トラブルなどに注意が必要です。今回は、自宅とサロンでの脱毛法と、心にとめておきたいコトをご紹介します。

お腹、へそ周りケアで心にとめておきたいリスク

ムダ毛を処理する方法にはさまざまなものがありますが、お腹、へそ周りの場合はどのようなケアをすれば良いのでしょうか。お腹、へそ周りのムダ毛は腕や脚、ワキなどと比べて、毛質が異なります。脱毛によってムダ毛ケアする際は、予想外のトラブルが起こることもあります。お腹、へそ周りをムダ毛処理する際は、さまざまな注意点があることを心にとめて、実行したいものですね。

お腹、へそ周りのムダ毛処理は除毛?脱毛?

ムダ毛の処理法は「除毛」と、「脱毛」に大別されます。除毛とは、毛の、肌表面に露出した部分だけをカミソリやシェーバーなどで取り除くことを指します。脱毛は毛を根元から取ります。除毛は自宅で手軽にできる点が魅力ですが、ムダ毛の毛先に近い部分しか処理できないため、頻繁にムダ毛処理を行う必要があります。
いっぽう脱毛は、ムダ毛の毛根にアプローチする手法であるため、徹底的にお腹、へそ周りをケアしたい人やムダ毛が生える周期を伸ばしたい人などにおすすめの方法です。また、除毛によってお腹、へそ周りの肌が荒れがちな人やカミソリ負けを起こし易い人が、脱毛に切り替えることで肌への負担が緩和する場合もあります。

お腹、へそ周りの肌はデリケート

カミソリやシェーバーなどの刃物を使用する除毛法と比較すると、脱毛によるムダ毛処理は肌への負担が少ないと感じる人が少なくありません。しかし、脱毛であっても肌トラブルが起こるリスクはあります。お腹、へそ周りのムダ毛は他の部位に比べて細く、柔らかい産毛が密集しやすい部位です。このため、思いのほか処理にかかる時間や回数も多く、肌を傷めてしまうおそれがあります。お腹、へそ周りは衣服やベルトで擦れやすく、肌トラブルによる痛みを感じやすい箇所であることも、気になる点です。

お腹、へそ周りの脱毛後に起こるトラブル

お腹、へそ周りの脱毛に関するトラブルとして、次のようなものが知られています。

  • 皮膚の腫れ、炎症、化膿

脱毛によって開いた毛穴が腫れたり、雑菌が毛穴から侵入したりすることで炎症や化膿を引き起こすおそれがあります。

  • 期待する効果が得られない

お腹、へそ周りの産毛は取り除くことが難しく、短期間で期待する効果が得られない場合もあります。

  • 脱毛した部分の境目が目立つ

サロンや医療施設でお腹の、へそ周りの限られた部分だけを脱毛した場合、脱毛を施していない部分との境目がクッキリ目立ってしまうこともあります。

お腹、へそ周りを脱毛する際に心がけたいコト

脱毛によるさまざまなリスクを回避するためにも、脱毛前後は体調や肌の状態に十分に注意することが重要です。それと同時に、自分に合った脱毛法を選択し、納得して施術を受けるようにしましょう。これらの点は脱毛の回数を重ねるごとに疎かになりがちですが、トラブルを未然に防ぐためにも、ぜひ心にとめておきたい点です。

お腹、へそ周りの脱毛前は体調を万全に

体調不良を起こしている時期に脱毛をすると、肌の炎症や湿疹などを引き起こすおそれがあります。また、免疫力の低下から、感染を引き起こし、毛穴が化膿するリスクもあります。このため、風邪など病気にかかっている時の脱毛は避けましょう。生理前もできれば避けた方が良いタイミングです。ホルモンバランスの乱れから、肌トラブルが起こりやすいことで知られています。
また、出産を機にお腹、へそ周りの肌が敏感になったという声もあります。特に、帝王切開後の傷跡がある場合は、回復前に脱毛すると炎症を起こす危険性があります。出産以外の理由でも、お腹、へそ周りの皮膚に傷や肌荒れなどがある場合は、治ってから脱毛を検討しましょう。

特徴や効果を確認してから購入や契約を

お腹、へそ周りの脱毛法にはさまざまな手法があり、得られる効果も異なります。近年では脱毛サロンや脱毛を扱う医療施設によって多種多様なプランが企画されています。事前に契約内容と料金体系をきちんと確認しましょう。腕やワキなど他の部位と同時に契約する場合は、お腹、へそ周りの脱毛効果について聞きそびれてしまうかもしれません。気になる点はカウンセリングの際に忘れずに質問しましょう。
また、自宅で脱毛するために、家電を購入する際も注意が必要です。一例として、近年注目されているフラッシュ式脱毛器の場合、毛が生える周期を伸ばす効果が期待できますが、使用したその場で毛が抜け落ちるわけではありません。すぐにムダ毛処理したい場合は、カミソリなどを併用する必要があります。家電の特徴を理解して自分のニーズに合った商品を購入しましょう。

脱毛後のアフターケアを忘れずに

お腹、へそ周りを脱毛した後は次のようなアフターケアを行いましょう。

  • 脱毛した箇所を清潔に保つ
  • ローションやクリームなどで保湿ケアを行う
  • 入浴、激しい運動や多量のアルコールの摂取など体温を上げる行為は控える

また、皮膚や体調に異常が現れたら自己判断は禁物です。すみやかに病院を受診しましょう。

自宅派?サロン派?お腹、へそ周りの脱毛法

自宅で脱毛する場合と、サロンや医療施設で施術を受ける場合と、それぞれどのような方法があるでしょうか。お腹、へそ周りを自分で脱毛するメリットとしては、比較的、短時間でできる点や費用も少なく済むことが挙げられます。いっぽう、お腹、へそ周りは処理が難しい箇所でもあるため、自己処理に限界を感じる人はサロンや医療施設での脱毛を検討しても良いでしょう。

自宅で行うお腹、へそ周りの脱毛法

お腹、へそ周りの自宅でできる脱毛法としては、まず、家庭用脱毛器が挙げられます。一般的な家庭用脱毛器は、スイッチを入れるとローラーが高速回転し、ムダ毛を絡めとって抜くしくみです。近年話題のフラッシュ式脱毛器は、特殊なフラッシュによって毛根にダメージを与え、毛が抜け落ちるしくみです。物理的に毛を挟み込んで抜く従来の脱毛器とは異なり、時間差で毛が抜け落ちることが特徴の1つです。いずれも愛用者の多い脱毛法ですが、お腹やへそ周りの毛は細く色素が薄いため、機械が反応し難く、処理が難しい場合もあります。
その他にも、脱毛テープや脱毛クリームを使用する方法もあります。専用のテープ剤やクリームを肌に密着させ、引き剥がして脱毛する方法です。さらに、時間はかかりますが一本一本の毛を毛抜きで抜くこともできます。

サロン、医療施設での光脱毛、レーザー脱毛

サロンで行う脱毛の代表的な手法として、「光脱毛」が挙げられます。光脱毛とは、専用の機器によって異なる波長の光を照射し、毛根を破壊する手法です。痛みが少なく、比較的短い時間で施術できるメリットがあります。いっぽう、効果が見えにくいためお腹、へそ周りの場合は数十回にわたって通い続けなければならないケースもあります。レーザー光によって毛根を破壊する「レーザー脱毛」の場合、5~6回で完了するコースもあります。その分、光脱毛よりは高価格ですが、毛穴へのダメージが少ないことで知られています。

針脱毛で一本一本の毛にアプローチ

さらに高い効果を求める人には「針脱毛(ニードル脱毛)」がおすすめです。細い針を毛根に指し、電流を流して破壊する方法です。一本一本の毛根を確実に破壊するとされています。いっぽうで、一か所にかかる値段が高いため、お腹全体を脱毛すると高額になるおそれもあります。このため、おへそ周りの目立つ毛だけを脱毛したい場合などに適した脱毛法と言えるでしょう。

脱毛でお腹、へそ周りの肌をツルツルに!

へそ周りのムダ毛処理にお悩みの人は「脱毛」を検討してみてはいかがでしょうか。

  • お腹、へそ周りの脱毛は肌トラブルに注意が必要
  • 脱毛は体調のよい時を選んで、アフターケアをしっかりと
  • 脱毛法によって異なる特徴を理解して、自分のニーズに合った方法を選択

お腹、へそ周りの脱毛はメリットばかりでないことを心にとめておく必要があるでしょう。自分に合った脱毛法が見つけて、ツルツルの肌を手に入れましょう!

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
502089views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
243607views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
88014views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
35017views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
23685views
ページのトップへ