Oラインの自己処理方法とおすすめシェーバーを徹底解説!

ムダ毛処理の中でも、自己処理方法に迷うのはデリケートゾーン。特にOラインは自分からも見えにくく、どんな方法がベストなのか悩ましいところです。人に聞くのも恥ずかしい、そんなデリケートゾーンだからこそ間違った方法で傷つけてしまったら大変なことになりかねません。今回はOラインの自己処理方法やおすすめシェーバーについて詳しく解説していきます。

Oラインの自己処理!メリットとデメリット

腕や足、わき毛などのムダ毛を自己処理したことのある女性の話はよく聞くのに比べ、Oラインのムダ毛を自己処理したという話はあまり聞く機会がないのでは?実際に他の方がどのようにして自己処理いるのかわからない部分も多く、様々な悩みも出てくるでしょう。Oラインのムダ毛を自己処理する前に知っておきたい、メリットとデメリットについて解説していきます。

Oラインの自己処理におけるメリット

Oラインの自己処理をすることのメリットは主に2つあります。まず1つ目は、自分でムダ毛を処理するので他の人にデリケートゾーンを見られる心配をしなくてすむということです。

サロンやクリニックでOラインの脱毛を受けることは可能ですが、どうしても恥ずかしくて…という方は少なくありません。実際はサロンやクリニックでも思ったより恥ずかしくなくてスムーズに施術をしてもらえたという方も多いのですが、自己処理でできるなら自分でやってみようと思う方もみえるでしょう。
2つ目はサロンやクリニックでOライン脱毛の施術を受けるよりも安価ですむということです。サロンやクリニックでは何回か通うことにより数万円の費用がかかりますが、自己処理であればシェーバーやワセリンなど数千円の費用ですみます。

Oラインの自己処理におけるデメリット

では反対に、Oラインの自己処理することで起こるデメリットはなんでしょうか?まず1つ目は、Oラインを自己処理するには鏡越しでしか見ることができないために処理方法が難しいということです。
Oラインは目で直接確認できないだけでなく、腕や足と違って処理がしやすいような広い面積でもありません。間違ったケア方法で傷つけてしまうと、雑菌などが入って炎症を起こしてしまう可能性があるデリケートな部分です。そのため慎重に自己処理をすることが大切です。
2つ目は自己処理後に毛が伸びてきた際にチクチクとした不快感を感じやすいということです。Oラインは肛門のまわりに毛が生えているため、毛が皮膚に当たりやすい場所だといえます。そのため不快に感じてしまう可能性があるでしょう。

メリットとデメリットを理解した上で自己処理を

Oラインを自己処理することでいくつかのメリット、デメリットがありますが、Oラインのムダ毛に悩みを抱えている方にとってはムダ毛を脱毛したいということが1番の目的です。
サロンやクリニックでOラインの脱毛を受けることも選択肢の1つではありますが、自己処理でOラインの脱毛をするメリットとデメリットをよく理解した上で、自己処理方法についてしっかり下調べしてOラインの脱毛をすることをおすすめします。

Oラインの自己処理方法は?シェーバーは使える?

Oラインのムダ毛を自己処理する方法はいくつかあります。カミソリやブラジリアンワックス、脱毛器なども自分でムダ毛を処理する際によく使われることがありますが、その中でも最もよく使われている方法としては電気シェーバーです。Oラインにシェーバーを使うことは可能ですし、実際にデリケートソーンに適した電気シェーバーも発売されています。

ではシェーバーをどのようにしてOラインの自己処理に使うといいのでしょう?以下で詳しく解説していきます。

シェーバーを使ったOラインの自己処理方法

ムダ毛のお手入れ方法として、手軽でメジャーなのがシェーバーですが、Oラインの自己処理の場合は傷つけたり、カミソリ負けなどの肌トラブルにならないように注意しなければなりません。手元に置ける鏡などを利用して、とにかくゆっくり慎重に行ってください。

あらかじめOライン付近のムダ毛をハサミで短くカットしておくと処理がしやすくなりますが、ハサミでカットする際に傷つけてしまうこともあるので、ハサミもムダ毛処理用の安全性の高いものを選んだほうが良いでしょう。
また、皮膚が刺激を受けると色素沈着などの原因にもなるため、なるべく刺激を軽減するために自己処理の前後には化粧水や乳液を使って皮膚のケアをしてあげると良いでしょう。化粧水や乳液が刺激になってしまうこともあるので、低刺激なものや、デリケート肌用のものを選ぶと安心です。

ヒートカッターはシェーバーとは違うの?

ヒートカッターというのは、熱を用いてムダ毛を焼き切ることでカットする道具です。熱を用いるといっても、基本的には使用する機器によって肌からどのぐらい離して使用するのか決まっていて、それを守ればやけどの心配はありません。しかしOラインは自己処理しにくい部分ですので慎重に行うことが大切です。

刃を使ってムダ毛を切るというシェーバーとは方法が違うため、処理した後の毛先の断面に丸みがあります。用途に応じてシェーバーとヒートカッターを使い分ける方が多く、また2つの機能を兼ね備えた商品も発売されています。

どんなシェーバーがOラインの自己処理にいい?

Oラインのムダ毛を自己処理する際に、最新の注意を払うのは傷つけないことです。そのためには、腕や足と違ってT字カミソリのようなものは使用しないほうがベター。横滑りして皮膚を切ってしまったら大変です。

Oラインのムダ毛の自己処理を行う際には、電気シェーバーを使用すると比較的安全です。電気シェーバーには、顔などに使用することを考慮されている、I字タイプのものがたくさんラインナップされています。皮膚にダメージが少ないだけでなく、面積が狭く見えにくい部分での操作性も高いのがOラインの自己処理に向いているともいえます。

Oラインの自己処理におすすめのシェーバー3選

では、具体的にOラインのムダ毛の自己処理におすすめのシェーバーとはどのようなものなのでしょうか?デリケートゾーン専用や全身用など様々な企業から複数のシェーバーが発売されていますが、Oラインのムダ毛専用に使いたい、またはその他にも使えるシェーバーがいいなど、人それぞれ選ぶポイントが違うことでしょう。

以下でOラインの自己処理におすすめのシェーバーを3商品ピックアップしましたので、用途やシーンに応じて選ぶ参考にしてみてください。

パナソニック「フェリエ ボディ用」

その名の通り、ボディ専用のシェーバーで、わき、腕、脚からデリケートゾーンまで、石けんやローションなしでも使用可能なのはもちろん、Oラインの自己処理の際に使いやすいシェーバーとして定評があります。細長タイプなので、面積の狭い部分も丁寧にムダ毛の自己処理ができます。

コンパクトなデザインで持ち運びにも優れており、狭い面積の部分でも使用しやすいのが特徴です。また、約0.12mmのうす刃で肌に優しく傷つけにくい形状なので安心して使用できます。肌に密着してシェービングできるように左右10度程スイングヘッドになっているのも便利ですね。

ラヴィア「iラインシェーバー」

アンダーヘア専用のシェーバーです。主にIラインを自己処理する際に使いやすい仕様となっていますが、Oラインにも安心して使用できます。

安全性を考慮したアンダーヘア専用刃によりデリケートな部分を傷つけずにムダ毛の自己処理が可能です。小回りのきく小さなT字型のヘッドと、カーブしたグリップが凹凸のある部分にも使いやすくなっているのもうれしいですね。
WEBサイトでは、Oラインの自己処理方法のポイントが動画でも紹介されていますのでチェックしてみるのもいいでしょう。

パナソニック「サラシェ」

わき、腕、脚、デリケートゾーンなど全身に使えるシェーバーです。小型で使いやすい上に持ちやすいグリップなので、Oラインにも使いやすくなっています。

IラインやVラインにはトリマー刃を使用することがおすすめですが、Oラインは通常の外刃(ネット刃)を使ってお尻を突き出すような姿勢で後ろからシェーバーをあてるように使うと剃りやすいでしょう。

Oラインの自己処理はおすすめシェーバーで

Oラインのムダ毛の自己処理は以下のことを注意しましょう。

  • Oラインの自己処理は、見られるのが恥ずかしい方や安価に済ませたい方に最適
  • 細心の注意を払ってムダ毛の自己処理を
  • Oラインの自己処理にはおすすめシェーバーで
  • 自己処理の前後にはお肌のケアを欠かさずに


予備知識をしっかり備えれば、Oラインの自己処理もスムーズにできるでしょう。