脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > Oラインの脱毛範囲と脱毛時の格好や体勢はどんな感じなの?

Oラインの脱毛範囲と脱毛時の格好や体勢はどんな感じなの?

Oラインの脱毛に興味はあっても、デリケートな部分なので具体的な施術内容がわからないと不安ですよね。 ここでは、Oライン脱毛の範囲や、施術中の服装・姿勢についてまとめました。不安解消のためにもしっかり予習してくださいね。

Oラインの脱毛範囲とOライン脱毛の注意点

気になるOラインの脱毛について、脱毛の範囲をしっかりと理解しておくことが大切です。もしも認識の相違があった場合は、サロンで実際に施術してもらった後にトラブルになりかねませんので、しっかりと確認しておきましょう。

また、Oラインを脱毛してもらう際に注意点しておくべきことについてもしっかりと記事を読んで必ず把握しておいてください。これらを知っておけば、安心してサロンでOラインの脱毛を依頼することができます。

まずはOラインについて正しく知っておこう

Oラインとはどこの部分を指しているか、知っていますか。なんとなくお尻のあたりということは知っている方が多いでしょう。基本的には、肛門周りの部位を指してOラインと呼びます。サロンによっては「ヒップ奥」と呼ぶこともあります。

Oラインに毛が多いと、お気に入りの水着が着られないといったような悩みがつきものです。また、肛門周りにムダ毛があると、気をつけていても排泄の際に汚れてしまうこともあります。この部分は非常にデリケートなゾーンのため清潔に保っておく必要があり、また、自分で確認しながら脱毛をするのが大変な部分なので、脱毛をおこなう方が増えています。

脱毛範囲をしっかりと理解しておこう

Oラインの脱毛範囲ですが、実ははっきりと決まっていません。両手でお尻を広げると見えるあたりをOラインとしていることが多く、肛門周りの3センチなど、明確に脱毛範囲を定めている場合もあります。お尻全体を脱毛してもらえる訳ではありませんので、注意が必要です。

なお、粘膜部分は基本的には脱毛できません(対応しているサロンもあります)。施術前のカウンセリングで、しっかりとOラインの脱毛範囲について確認しておきましょう。

Oラインの脱毛の際に注意しておくべきこと

デリケートゾーンであるOラインの脱毛について、施術をおこなう前に注意しておくべきことがあります。

粘膜付近に及ぶOラインの脱毛は、一般的にレーザー脱毛の施術を受ける方が多いです。レーザー脱毛は基本的に施術の際に痛みを伴いますので、心配な方はあらかじめ確認しておくことをおすすめします。一番注意しておく必要があるのが、生理が始まる1週間前から施術がNGということです。生理前は肌が敏感になりますし、経血などで汚れてしまうこともあります。脱毛は生理が終わってからにしましょう。

脱毛後は、Oラインを清潔に保つことを普段以上に心がけてください。トイレでは温水洗浄でやさしく洗い流して、トイレットペーパーでこするなど強い刺激を与えないようにしましょう。

安心してください!脱毛時の服装について

前項にて、Oラインの脱毛について範囲と注意点を確認することができました。ここでは、実際にOラインの脱毛を施術する際の服装についてまとめました。

どのような服装で施術をおこなっているのか、格好はどのような状態で脱毛をおこなっていくのか。とても心配ですよね。実際に施術当日にどんな服装でサロンへ行くべきかも事前に考えておきましょう。

どんな服装で施術をおこなっているの?

気になる施術の際の服装ですが、サロンによってさまざまです。
あるサロンでは、あらかじめ用意されている紙ショーツに着替えて施術をおこないます。みなさんがよく知っているTバックのようになっていて実際に脱毛をおこなう際は、ショーツをずらしてから施術となります。

紙ショーツの他にガウンが用意されているサロンや、バスタオルを利用し下半身には何も着けないサロンもあります。もちろん上半身は脱ぐ必要がありません。
心配な場合は、あらかじめサロンへ問い合わせしておくと安心でしょう。

スタッフは慣れていて格好は気にしない

施術時は全裸になる必要はありません。とはいえ、スタッフの目が気になってしまうという方は多いでしょう。
スタッフは慣れていますので、脱毛をおこなうあなたの格好について気にしていません。サロンによっては、認定脱毛士といった資格を有した信頼が持てるスタッフも在籍しています。

カウンセリングの際にスタッフとしっかりとコミュニケーションをとっておけば、多少気恥ずかしくてもリラックスして施術を受けられますよ。お店の雰囲気はもちろん、カウンセリング時と同じスタッフが施術を担当してくれるのかなど、気になる点はすべて確認しておくことで、格好についてはもちろん、すべてにおいて安心して当日を迎えることができます。

施術当日はどんな服装で行くべきか

Oライン脱毛当日、どのような服装で出かけたらいいのだろう、と悩む方も多いでしょう。
施術の際には上半身を脱ぐ必要はありませんが、ワンピースなどの上下がオールインワンになった服装は避けた方が無難です。脱毛時にはローションなどを使用します。濡れてしまうことを避けるために、オールインワンタイプの洋服は結局脱ぐことになり、下着になって施術をすることになったという声も多く聞かれます。

夏ならば、Tシャツなど、冬ならばトレーナーなど、脱ぎやすい服装がいいでしょう。キャミソールやタンクトップなども適しているといえます。また、ボトムスはパンツルックよりもスカートが脱ぎやすいのでおすすめです。

施術時はこんな体勢で脱毛をおこなう

Oラインの脱毛を施術する際の体勢についてまとめました。どのような体勢で施術をおこなうのか、心配になるのは当然ですよね。自分がどのような体勢で施術を受けたいのかよく考えておきましょう。

デリケートなOラインの脱毛ですのでしっかりと対策を万全にして心身ともにリラックスした状態でサロンへ足を運びましょう。

施設により違うがうつ伏せや四つん這いが多い

Oラインを脱毛する時は、うつ伏せで施術をするケースや四つん這いになるケースなどがあり、施設によって違います。
お尻の割れ目に隠れた部分に照射する必要があるため、照射しにくいときには、割れ目を広げながらの施術になることも。2人体制で、1人が割れ目を広げてもう1人が照射する方法と、自分で広げてスタッフに照射してもらう方法があります。
割れ目を広げるというと恥ずかしさを感じる方も多いでしょう。しかし、Oラインの照射範囲はごく狭いため、10~15分と短時間だけ我慢すれば大丈夫です。

大丈夫です!うつ伏せだったらとっても安心

Oラインの脱毛が恥ずかしくてサロンでの脱毛を悩んでいる方は、うつ伏せで施術をおこなってくれるサロンを選びましょう。
うつ伏せになっていれば、施術しているスタッフの姿は見えません。スタッフと目線が合ってしまって気まずい思いをすることもありません。
事前にサロンに問い合わせをすれば、施術時の体勢について教えてもらえるはずです。せっかく脱毛でスッキリするのですから、緊張せずに施術を受けて、心も体もリフレッシュした気持ちになりたいですね!

施術の体勢が恥ずかしくなくなるためには

VIO脱毛の施術を受ける際には、事前のシェービングが必要となるのが一般的ですが、実はOラインについては自己処理をしなくてもOKです。自分では見えない場所なので、自分での処理が難しければそのまま当日に臨みましょう。

ですが、広げて見られる恥ずかしさを軽減するという意味では、事前に処理しておくのもおすすめです。脱毛をおこなう2日前か前日に、シェービングしておきましょう。目で確認できる範囲の長い毛をハサミでカットし、電気シェーバーでOラインの周りを優しく処理してください。
少しでもキレイな状態で当日に臨めば、気持ち的にも安心して施術を受けられますよ。

Oラインの脱毛範囲と脱毛時の格好や体勢

Oラインの脱毛範囲と脱毛時の格好や体勢についてまとめました。ポイントは以下の4つとなります。

  • Oラインの脱毛範囲は、肛門周りのデリケートゾーンです。清潔に保ちましょう。
  • 脱毛時の格好は、カジュアルな服装で。さらに紙ショーツを用意してくれるサロンを選びましょう。
  • 脱毛時の体勢は、施術している姿やスタッフを気にすることがないうつ伏せがおすすめです。
  • 裸になることはありませんので、安心して施術を受けることができます。

施術前に十分な準備をしておけば、脱毛時に恥ずかしい思いをすることもありません。安心してサロンへ足を運んで、キレイなOラインを手に入れましょう。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
498643views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
232760views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
86651views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
33493views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
22948views
ページのトップへ