脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 口周りの憎いムダ毛と接近戦する方法いろいろ!

口周りの憎いムダ毛と接近戦する方法いろいろ!

女性でも口周りのムダ毛は意外と生えていて、剃ると断面が青々と見えてしまうなど、結構やっかいなものです。そこで気になる口周りの憎いムダ毛の処理方法をピックアップしていますので、ぜひチェックしてみてください。

カミソリで口周りを剃る

口周りの憎いムダ毛を処理する方法のひとつとして、カミソリで手軽に剃ってしまうという方法があります。でも口周りはデリケートな部分なので、カミソリの使い方によっては、肌を傷つけてしまう恐れもありますので注意が必要です。足や腕に使用してるものよりもヘッドが小さい、顔周りに使えるカミソリで剃りましょう。

ムダ毛といっても産毛に該当するので、優しく剃るイメージで充分剃れます。鼻の下は、大人ニキビができていることもあります。そのような場合は、カミソリの使用を休まなければなりません。また、角質をカミソリで削ってしまうことでカミソリ負けが起こりやすいのもポイントです。

カミソリを選ぶポイント

口周りを剃るときは、フェイス用のカミソリを使用します。カミソリはムダ毛の処理方法としては一番オーソドックスなため、用途別でいろいろなサイズが売られています。カミソリは安全のためのガードがついているものを選ぶと、剃りすぎや思わぬケガを防止してくれます。フェイス用のカミソリはコンパクトなものが多いですが、持ち手の部分がある程度長いものは手になじむのでチェックしてみてください。

また、最近では敏感肌用のカミソリもあるので、肌の状態が気になるようでしたらそちらを選んでもいいでしょう。それでも肌の調子によっては肌荒れを起こしてしまうこともあるので、コンディションには十分注意して処理してくださいね。

剃る前に清潔にする

まずはクレンジング剤と洗顔フォームで、肌を清潔にしていきます。クレンジング剤を使用するのはメイクを落とすときだけではありません。クレンジング剤で軽く肌をなでるとそれだけでマッサージ効果があり、溜まっている老廃物も流れて血行がよくなります。その結果、肌が柔らかくなるため、カミソリなど除毛をする前の準備に欠かせないのです。

汚れが落ちたら、カミソリが肌に直接当たらないように、シェービングクリームを塗ります。剃り残しがないように皮膚を平らにすることがコツで、逆の手で皮膚を引っ張りながら、力を入れずにムダ毛だけを剃りましょう。力を入れ過ぎると皮膚を傷つけてしまい、かゆみやカミソリ負けの原因になります。

アフターケアはしっかりと

カミソリで剃るだけでも、肌には摩擦熱が発生しているため、ひんやりと濡らしたタオルでクールダウンさせてあげましょう。それでもヒリヒリとした痛みがある場合は、化粧水でたっぷりと保湿してください。おすすめの成分はセラミドで、角質層に存在する成分のため、カミソリによる刺激を和らげてくれる効果があります。

クールダウンと保湿でアフターケアをしても、まだかゆみや痛みがある場合は、肌の状態が戻るまで除毛はせずに引き続き肌の修復ケアをしましょう。カミソリ負けの原因は、ムダ毛と一緒に皮膚の表面を削ってしまうために起こります。皮膚の表面の角質も剃り落とすことで、肌の内部に蓄えている水分が蒸発するのがトラブルの原因です。

除毛パックと抑毛剤の併用

はがすタイプの除毛パックはピールオフパックとも呼ばれていて、ドラッグストアなどで手に入れやすいアイテムです。口周りの憎いムダ毛だけではなく古い角質まで除去してくれるので、使ったことがある人も多いでしょう。除毛パックは肌の気になる部分にピンポイントで使用できるのが魅力です。

ムダ毛だけではなく古い角質や汚れ、黒ずみも取ってくれるので肌が明るくなります。しかし除毛パックは使用頻度によっては、肌のトラブルの原因になる恐れもあります。ここでは、除毛パックを使用する際のポイントや、フターケアにおすすめの、口周りのムダ毛を細く目立たなくする効果のある抑毛剤の成分について詳しくみていきます。

除毛パックのメリット

顔のムダ毛をはがすピールオフパックには美容成分が配合されているものなど、いろいろな種類があります。レモンやバラなどの香りの種類も豊富なため、その日の気分によって使い分けられることも魅力です。口周りのムダ毛は、カーブにあったりくぼみがあったりと、剃るには難しい場所のため鏡とにらめっこ、なんてこともあると思います。

でも除毛パックなら塗って待つだけなので、忙しい女性の強い味方になります。また、パックの役割も持っているため、毛穴の黒ずみと詰まりを除去することで大人ニキビの原因を除去します。毛穴が締まり、汚れも取れているのでお肌が明るくなり、メイクの乗りも違ってきます。

除毛パックのデメリット

はがすパックの使用限度は、だいたいが週に2回までと定められています。週に2回までなら、パックで除去した角栓と開いた毛穴がほどよく戻る期間が持てるためです。それ以上の頻度で使用を続けると、パックで開いた毛穴が刺激を受ける状態になり、肌が乾燥の危険を感じて皮脂を過剰に分泌してしまうといったトラブルの原因になるためです。

そのため、もともと乾燥肌の人や敏感肌の人は、ジェルやクリームではなく、低刺激タイプのシートパックがおすすめです。また、日焼け後やカミソリで除毛した直後など、肌に刺激が残っている状態での使用も控えてください。ジェルやクリームは洋服に付くと取れにくいため、使用するときはカラーリングで使用するカバーがあると安心です。

パックの後は抑毛剤がおすすめ

除毛パックを頻繁に使うとお肌に負担がかかるだけでなく、毛穴がパックリ開いたイチゴ肌になってしまったり、今まで潤っていたのに急に乾燥肌になるといったトラブルの可能性もあります。また、除毛パックで古い角質を除去するわけですが、元々の肌質が乾燥肌や敏感肌の方は症状を悪化させてしまう原因にもなりかねますので、除毛パックを使うのは意外と難しいのです。

そのため、除毛パックを使用した後は毛を生えにくくする成分が配合されている抑毛剤でケアすることをおすすめします。ローションタイプが一般的で、イソフラボンやヒオウギエキスの成分が毛根を縮小させるため、より細い産毛へと導いてくれます。抑毛剤だけでなく、乳液やクリームで保湿をすることでトラブルを防げます。

レーザーやフラッシュで脱毛

口周りの憎いムダ毛を、いっそのことクリニックやサロンで脱毛してしまおう!と思っても、どんな種類の脱毛方法があるのか気になりますよね。脱毛にはさまざまな種類があり、クリニックではレーザー脱毛、サロンではフラッシュ脱毛が主流です。

しかし、体の中でも口周りの施術はデリケートゾーンに該当します。最近では、ワキや足だけではなくVIOや顔周りの脱毛も主流になってきました。ここでは、クリニックやサロンでの施術の違いと痛みについてまとめます。また、通う時間が取れない!というあなたにおすすめの家庭用脱毛器についても見てみます。

クリニックで行われているレーザー脱毛のシステムは、毛の中にある幹細胞を壊してしまうことで、ほぼ永久にムダ毛が生えてこない状態にする脱毛方法です。

医療機器で細胞に直接レーザーを照射するので、チクチクとした痛みはありますが、脱毛効果もすぐに感じられるのがポイントです。また、口周りの脱毛の場合はだいたい10回ほど通うだけで、満足する効果が表れます。クリニックに通う回数が少なく済むだけでなく、レーザーでムダ毛に直接アプローチするため、すぐに脱毛の効果が欲しい方におすすめです。毛の濃さで痛みの感じ方が変わりますが、口周りの産毛程度でしたら我慢できない!というほどではありません。

サロンのフラッシュ脱毛

サロンでのフラッシュ脱毛は医療行為ではないので、レーザーのように高出力で照射ができません。そのため、よく言われる痛みはゴムでパチッとはじかれる程度です。しかし、サロンで使用している脱毛器によって出力が違ったり、サロンの前処理、アフターケアによっても感じ方が変わります。

フラッシュ脱毛を受けるときの注意点ですが、フラッシュ脱毛は毛の断面の黒い部分に照射するため、口周りのような露出している部分は日焼けしないように注意が必要です。こんがりと焼けた状態では、施術を断られてしまう恐れもあります。そのため、脱毛をしたいと思ったときは、こまめに日焼け止めやUVカットファンデーションを塗り、しっかりとUV対策をしましょう。

家庭用脱毛器で脱毛

クリニックやサロンに行くのは大変という方におすすめなのが、家庭用脱毛器です。自宅で使える脱毛器の中でも、脱毛が実感できて口周りの憎いムダ毛に使えるものといえばサロンと同じフラッシュ脱毛器になります。家庭用のレーザー脱毛器もありますが、こちらは顔に使用するように設計されていませんので注意してください。

家庭用フラッシュ脱毛器を選ぶ時ですが、まずはフラッシュの照射レベルの調整ができるかどうかをチェックしてください。レベル調整機能があれば、まずは弱い状態で試してみて、次第に出力を上げていく、といった使い方ができるため安心です。カートリッジの交換ができるかもポイントで、交換ができると長期間の使用が可能であり、他の気になる部位にも使えるのでおすすめです。


好みの除毛方法で接近戦に挑もう

  • カミソリや除毛パックの自己処理だと乾燥肌などのトラブルになりやすい
  • 除毛後の抑毛剤ローションで毛根を縮小させる
  • クリニックやサロン、家庭用脱毛器で脱毛する

あなたに合った除毛方法を見つけてくださいね。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
498643views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
232760views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
86650views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
33493views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
22948views
ページのトップへ