ムダ毛処理のし忘れで今日はHできない!上手な断り方は?

好きな彼とのお泊りデートは、いろいろとワクワクするもの。しかし、女子はなにかと準備しなければならないことが多い生き物です。

例えば、ムダ毛の処理。

冬はお手入れをサボりがちな季節ですが、そんなときに彼から急にお泊りのお誘いが来たらどうでしょう?

あまりにヤバいと、嬉しくても延期してもらったりすることもあるかもしれません。


果たして世の女子はどれくらい「毛」で一夜を拒んだことがあるのでしょうか?

今回、20代と30代の女性382名を対象に調査を行なってみました。


【ムダ毛処理を怠っていたことが理由で、異性と一夜を過ごすのを拒んだ経験がありますか?】

ある人 16.0%

ない人 84.0%

【調査概要】
方法:インターネット調査
調査期間:2016年7月15日~2016年7月20日
対象:全国の毛の悩みをもっている20-30代の女性 計382名

結果、なんと全体の16.0%の女子が「経験あり」と回答!

決して多くはないけれど、「心はOK、毛でNG」という理由でベッドインを拒否した女子は確かに存在するようです。


気になる彼への説明 一番多かったのはやはりアレ!

しかし、「ボサボサだから」なんて正直に言えるわけないですよね。彼女たちは、一体なんて言って彼をなだめたのでしょうか?

「今日は生理だから」(29歳/女性/主婦)
「生理中と嘘をついた」(32歳/女性/主婦)
「女の子の日といった」(27歳/女性/営業・販売)
「生理やから…」(28歳/女性/その他)

やはり、生理だと伝えた人が一番多い結果になりました。

たしかに、これだと男性も強く言い寄れませんもんね。


一方で、もう少し言葉をにごした言い方にする人も。

「今日は体調があまり良くないからと言って逃げました」(30歳/女性/主婦)
「体調が悪いと断った」(34歳/女性/主婦)
「体調が悪いと嘘をついた」(25歳/女性/学生/フリーター)

これは、最初の言い方よりもう少し広いニュアンスですね。相手のメンツを傷つけず、穏便に断るという意味では、体の調子を理由にするのはテッパンのようです。

断り方次第では変な雰囲気になることも…!?

他には、どんな言い方があるのでしょうか。

「今日は、親に早く帰るように言われている」(33歳/女性/主婦)
「他に用事が無いのに、あると言って断りました」(29歳/女性/その他)

門限という言葉が通用するあたり、学生時代の話なんでしょうか?

社会人になってから言うと、「箱入り娘過ぎて面倒だな…」なんて思われるかも?

「虫にさされたからと言った」(39歳/女性/主婦)

虫さされも、蚊くらいなら押し切ろうとする男子もいそうな気もしますね。


一方で、言い方次第では相手に誤解を与えてしまうこともあるようです。

「嘘になるので言い訳はしない。雰囲気で断った」(39歳/女性/主婦)
「今日はちょっと…と言葉を濁した。相手は深く理由を尋ねてこなかったけど、そのあと少しぎこちなくなった」(30歳/女性/主婦)
「そんな気分じゃないと言った。軽い気持ちで言ったら、拒絶したと思われてアプローチがなくなった」(29歳/女性/総務・人事・事務)

すでに親密な関係なら別ですが、もし彼がまだ「気になる相手」だったなら、関係が深まるチャンスもなくなってしまうかも。

言い方には気をつけたほうが良さそうです。

ムダ毛のお手入れはどうするのが正解?

ムダ毛の処理はみんなどうしている?

ブライダル総合情報サイト『ゼクシィ』がおこなった、ムダ毛の処理法についてのアンケート結果では、気になるムダ毛部位の上位3カ所(ワキ・腕・脚)ともすべてカミソリを使用しての処理をしているという女性が最も多く、次いでサロンやクリニックでの脱毛となっていました。やはり、カミソリでのムダ毛処理をおこなっている女性が多いようです。

夜のお誘いで特に意識してしまうワキのムダ毛に関しては、1位のカミソリでの処理と2位のサロンやクリニックでの脱毛の票は僅差となっていて、ワキのムダ毛に関しては隙を、見せたくないと思っている女性が多いことが分かります。また、ワキのムダ毛に関しは毛抜きを使用しているという回答がカミソリやサロン・クリニックでの脱毛の次に多く挙がっていました。

実は危ないムダ毛の自己処理

サロンやクリニックでの脱毛が当たり前になりつつあるとはいえ、まだまだムダ毛の自己処理をおこなっている女性も少なくありません。たしかに、ムダ毛の処理を自分でおこなえば経済的ですし、いつでも好きな時にできるため便利ではありますが、ムダ毛の自己処理をおこなうことで、皮膚トラブルにつながるリスクが大きくなるのも事実です。


カミソリでの処理を長期間、定期的におこなうことで、角質層が弱くなり肌荒れや乾燥、ニキビなどができやすくなってしまいます。また、肌が弱い方などはカミソリ負けの危険もあります。急なデートの前日に慌てて処理をしたらカミソリ負けになってしまって余計に見せられない肌になってしまった!なんて悲しい経験がある女性も少なくないのではないでしょうか?

ワキのムダ毛に関しては、毛抜きで抜いているという女性もいますが、これも危険です。

以下のような肌トラブルが起こる可能性があります。

  • 毛穴に毛が埋まって埋没毛になる
  • 毛穴の中で炎症が起きやすくなる
  • 見た目が悪くなりやすい
  • 処理に時間がかかる

このようなことを考えると、自己処理は手軽ではありますが、実はあまりおすすめできないのです。

ムダ毛の処理は光脱毛がおすすめ

ムダ毛の処理は脱毛が当たり前?

一昔前の脱毛サロンやクリニックは料金も高額で、一般人には通いにくいという状況でしたが、最近では、毎月一定の料金を支払えば脱毛ができる月額制プランなどの登場で、脱毛の料金かなりお手頃になったこともあり、プロに脱毛を任せる脱毛女子が非常に増えています。

光脱毛でいつ見られても完璧なツルツルボディが実現

脱毛サロンでの脱毛と言えば、光脱毛が一般的ですね。光脱毛は、マシンから放出される特殊な光をメラニン色素のある毛根に照射することで、毛根にダメージを与え毛を生えなくさせる脱毛方法です。


マシンから放射される特殊な光は可視光線と言われる光で、肌の機能を活性化し、代謝を促進する効果も認められています。このため、シミやくすみなどを改善するためのフォトフェイシャルという美容エステの機器でも利用されています。つまり、光脱毛をおこなうことで脱毛と同時に、美肌効果も得られるようになるのです。また、光脱毛による脱毛でしたら、カミソリ負けや肌荒れ、毛抜きによる埋没毛やニキビなどの心配もないため、いつでも安心して脱毛がおこなえるのもメリットですね。

煩わしい自己処理からの解放も嬉しい

サロンでの脱毛をおこなった女性の意見で多いのが、煩わしい自己処理から解放されたのが嬉しい!ということ。女性のエチケットとして当たり前になっているムダ毛の処理ですが、いつでもキレイにしておこうと考えると、カミソリでの処理は2~3日に一度おこなう必要があります。カミソリでちょっと剃るだけとはいえ、疲れている時などにはとても億劫になってしまうというのが本音、という女性はとても多くいます。


でも、脱毛サロンに通ってしまえば、自己処理がほとんど要らなくなるまでの脱毛が可能なのです。この先、ずっと面倒なムダ毛処理をするくらいなら、いっそのこと脱毛サロンに通ってしまえ!と考える女性も大変増えているようですね。

先ずはお試し部分脱毛から始めるのもあり

サロンでの脱毛には興味があるけど、まだまだ不安材料が残っている、という方は各サロンが打ちだしているキャンペーンなどを利用した、お試し脱毛をおすすめします。大手のサロンなどでは、顧客を獲得するためにお得なキャンペーンをおこなっていることも多く、こうしたものを利用すれば、一部分ではありますが、お得料金で脱毛ができますし、脱毛がどのようなものか?を実際に体験もできるのでぜひ試してみると良いでしょう。

たとえば、脱毛業界でも最大手として知られる人気のサロン、ミュゼプラチナムでは、全身パーツの中から好きな部位を4カ所選べて300円という、破格の脱毛キャンペーンや、脱毛技術の評価が高いエピレでは、全身パーツ19カ所から2カ所を選べて980円という脱毛プランキャンペーンを打ちだしています。また、キレイモでは、キャンペーンではありませんが、無料カウンセリングで実際に手の甲と指の脱毛が無料でおこなえます。こうしたキャンペーンなどは初回限定ということもありますが、脱毛ってどうなの?と不安をぬぐいきれない方には是非おすすめです!

結局、日頃からお手入れしておくのがベスト!

今回は「毛の処理が甘いときのお誘いの断り方」を紹介しました。

結果、「女の子の日」というのが一番の言い方だとわかりましたが、それ以上にいいのは日頃からお手入れを欠かさないこと。変な空気にならないように、マメにケアしておきましょう。

「ラブストーリーは突然に」なんて言いますし、今フリーの人もいつお誘いがあるかわかりませんよ。

脱毛にまつわる効果のホントの話を特集!