医療レーザー脱毛の照射漏れが発生!対処法は何が1番?

医療レーザー脱毛をしていると、意外と照射漏れが起きることも多いんです。この照射漏れには、対処法がいくつかあります。どの方法を使えば良いのか、理想的な方法をチェックすると良いでしょう。方法次第では、照射漏れが解消されて、全体が綺麗になります。

医療レーザー脱毛の照射漏れって?

やっと医療レーザー脱毛を受けられて、理想的な肌を手に入れられると思ったら、照射されていないところが見えてきます。最初はわからないのですが、徐々に毛が伸びてくるので、この部分だけ照射していないと判断できます。これが照射漏れという状態です。なぜ照射漏れが起きてしまうのかは、色々な問題があります。その1つ1つを理解しておくことが、脱毛にはとても大事なことです。特に自分が思っていることと違う要素が絡んで、医療レーザーが照射されていなかったという場合が結構あります。トラブルを理解することで、本当の原因を掴むことができます。

原因1:照射する場所の範囲外だった

1つの原因としては、本来照射する場所ではないことです。医療レーザー脱毛をする場合は、色々な部位をしています。この部位は綺麗に分かれているので、その範囲から超えている場所は照射されません。照射漏れとは言い辛い面もありますが、照射する場所に入っていないところは行われませんから、結果的に照射漏れのような気分になります。範囲外だった場合は、その部分の脱毛をお願いして、またクリニックで脱毛をすることになります。部位の指定を間違えた場合や、隣り合っている部位をお願いしなかったため起きた問題です。

原因2:照射する部分に問題がある

医療レーザーは、黒い部分に反応して脱毛します。しかし日焼けをしている部分には使えませんので、この部分は避けて脱毛を行っています。またシミなども該当して、黒くなっている部分は隠して照射するのですが、隠している部分は照射漏れになってしまうのです。ほくろも該当しているので、脱毛をする時は隠して、脱毛のレーザーが入らないようにします。隠す理由はやけどを避けるためです。黒い部分には、過剰にレーザーが入ってしまい、大きい場合は皮膚を焼くまでに至ります。照射する部分が黒くてできない場合は、ここを隠す影響で照射漏れが起きると考えてください。

原因3:単純に忘れていた可能性も

本来ならしっかり照射されている状態で、まばらに抜けていることはありません。ただ医療レーザーは使っている人の腕に影響するので、不慣れな人が行っていると脱毛がまばらとなり、単純に照射できていない可能性もあります。すぐに照射していないことには気づくのですが、気づけなくて忘れたまま放置されているのが原因です。これは慣れている人に医療レーザーを使ってもらえば、照射漏れを防ぐことができるのですが、意外と慣れていない人も多く、不慣れな人が行っていると残ってしまうのです。

照射漏れのいい対処法をチェック!

照射漏れが起きた場合は、対処法が幾つかありますので、個人でできること、他の人にお願いすることを考えながらどんどん解消します。個人でできるなら、それは自宅で行なってください。逆にクリニックを使わないと駄目な場合は、クリニックにお願いすることが大事です。必要な方法をしっかりと考えながら、何が理想的なのかをチェックしておきます。

方法1:自分でその部分を抜いてしまう

方法の1つは、残った部分を自分で抜いて、レーザーの再照射を行わずに処理するものです。ピンセットなどを使えば、個人でも処理できます。ただ処理できるとしても、医療レーザーとは異なり毛は生えてきます。しかも抜くことによって色素沈着の恐れがあります。医療レーザーとはかなりの違いが出てくるので、あまり抜くことは推奨されません。それでも再照射のお金がかかってしまうことを考えると、ピンセットでかんたんに終わらせる方法もあるのです。

方法2:黒い部分だけは自己処理で済ませる

次に黒い部分が残っているため、処理できなかった場合です。ここは再照射を依頼することが難しく、断られてしまうのです。せっかく綺麗にしたいのに、毛の部分にほくろがあったり、シミが残っているので対処できず、部分的に残ってしまいます。ここは個人で処理して綺麗にします。ただ抜くのではなく、剃る方法を使って対処します。数本程度なら、剃っているうちに細くなったり、消えてくれることもあります。黒い部分だけを自分で行い、白い部分なのに残っている場合は連絡を入れる方法を取ります。

方法3:再照射のためにクリニックに連絡

1番いい方法として、再照射のためにクリニックへ連絡します。もう1度医療レーザー脱毛を行うためには、まず照射されていないことが確認されることです。連絡を入れて、再照射を依頼することと、照射漏れの確認をしてもらいます。対処法としては一番理想なもので、見てもらうことで忘れていたことがわかり、再照射の依頼を受けてくれます。ただ黒い部分なので出来ないと言われたり、肌の状態が悪いために断られる、自己処理をしていたことで出来ない可能性もあります。再照射のためには、自己処理を行わずに連絡をすることが大事です。

1番理想な方法は再照射のために連絡を!

自己処理で対応するより、対処法として1番いいクリニックに連絡して、もう1回照射を受けるのが理想です。医療レーザーが抜けていることがわかっていれば、クリニック側もすぐに対応して、部分的に照射してくれます。ただ照射を受けるために、いくつか注意事項があります。対処法では1番いいものの、クリニックのルールを忘れていたことで問題となるケースがあります。できることなら、必要な部分を守って再照射を受けてください。

ルール1:時間を置いてから連絡すること

医療レーザーを照射すると、その部分は赤く腫れています。腫れている状態でまたレーザーを照射するのは危険で、肌のダメージが急激に増加します。治りにくいトラブルもあり得ますので、一定の時間を置いて、肌の腫れが消えてから相談してください。早すぎる場合、もう少し経過すると抜けてくるなどと言われ、対応してもらえないことがあります。まずは時間をかけて、様子を見て判断してください。

ルール2:次の脱毛までに連絡を入れること

次の脱毛までに連絡が入らないと、次の脱毛周期までに毛が生えてしまい、本当に照射漏れなのか判断をしてもらえません。遅すぎることも駄目で、適切な期間で連絡を入れることです。早めに連絡を入れすぎると待てと言われ、遅すぎると行なったかわからない、正直判断に困るのは事実です。でも次の脱毛でいいやと思っていると、この部分の脱毛をしていないと判断されてしまい、再照射の対処法が使えません。理想としては2週間程度を目安としてください。

ルール3:電話で相談することを忘れない

再照射は、電話で話をして見てもらえる時間を作ります。時間を作れないと、判断されることがなく、再照射を受けられません。対処法としては、先に電話を入れて、抜けていない部分があると説明します。するとこの日程で見ますのでと話が来ます。連絡が来た時点で、手を加えることは一切せず、クリニックの担当者に見せてください。担当者が確認して、明らかに照射漏れと思われるなら再照射が受けられます。ただ判断に困る部分、肌が原因で無理だと思われる部分は、残念ながら出来ない可能性もあります。

照射漏れは適切な判断でしっかり解決!

いかがでしょうか。医療レーザー脱毛の照射漏れの原因や対処法は、意外なところに隠されています。困ったらまずは連絡を入れてみましょう。

  • 照射漏れは肌の原因とクリニックの原因がある
  • 自己処理よりも連絡を入れて見てもらう
  • 早すぎず遅すぎないタイミングで連絡を入れる

この3点について守っていれば、間違えてしまうことはありません。困ったら医療レーザーで脱毛したクリニックへの相談と対処法を忘れないようにしましょう。