脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 結婚式の前には全身脱毛?最低限!脱毛すべき部位はどこ?

結婚式の前には全身脱毛?最低限!脱毛すべき部位はどこ?

結婚式の主役は花嫁!でも、スポットライトが当たる晴れ舞台でムダ毛が目立ったら一生の不覚ですよね。そんなことにならないためにおすすめなしたいのが全身脱毛。全身はちょっと難しいという方には、最低限脱毛すべき部位を解説します。

一押しは全身脱毛!計画的に実行を

「普段はいつも自分で処理をしているから、結婚式の前もそれでいいかな。」「自分でシェービングすれば、充分じゃないかな。」とお考えの方もいることでしょう。普段はそれでよくても、結婚式前には、やはりプロの手で脱毛してもらいたいものです。
結婚式の前はかなり忙しく、自分で処理をする時間が取れない可能性があります。忙しい中、慌てて処理をして、カミソリ負けしてしまう可能性もあります。結婚式では普段は気にしていない部分にもスポットライトが当たるので、自分では気づかない部分のムダ毛処理が必要にもあります。ウエディングドレスのデザインにもよりますが、首から肩、背中にかけて、かなり広い部分の素肌があらわになります。

余裕を持って臨むなら全身脱毛がおすすめ

結婚式は、一生に一度の晴れ舞台です。ヒロインは花嫁!1番きれいな状態で迎えたいですよね。当日、最も注目を集めるだけでなく、写真やビデオがずっと残ることを考えると、できる準備はすべてしておきたいものです。全身脱毛がおすすめなのは、当日、ムダ毛を見つけて慌てる心配がなく、ムダ毛ストレスなしで結婚式に臨めるからです。
ムダ毛ストレス?と思われるかもしれませんが、指輪の交換の時に指毛が見えたり、ウエディングドレスを着た時に背中のムダ毛が目に入ったり、髪をアップにしてブーケを被ったらうなじの産毛が気になってしまったり……普段はあまり気にしていなかった部分に目がいくことになるのです。慌ててシェービングして赤くはれてしまうといったことになると、式の最中に気になってしまうこともあります。

脱毛は毛周期に合わせて繰り返す必要あり

脱毛には、ある程度の期間が必要です。医療クリニックのレーザー脱毛は比較的短い期間ですむとはいえ、それでも、2~3か月の間隔を空けて、5回か6回は受ける必要があるといいます。毛質や体質によっては、さらに時間がかかる可能性もあります。なぜ何回も受ける必要があるかというと、毛には発毛サイクルがあるからです。

毛には「毛周期」という発毛のサイクルがあり、毛母細胞が分裂を繰り返し毛が成長する時期である「成長期」、成長が止まり毛が抜け落ちるまでの期間である「退行期」、毛が抜けて毛母細胞の活動を待つスタンバイ期間である「休止期」がおよそ2か月のサイクルで回っています。

引用:【医師監修】医療レーザー脱毛で全身脱毛する際の期間 | スキンケア大学より

このサイクルに合わせて、脱毛処理を繰り返し受ける必要があるのです。

全身脱毛をするなら前もって計画的に!

脱毛処理を繰り返す必要があるのは、無数にあるといっても良い体毛の毛周期は、それぞれバラバラだからです。脱毛処理を受けた時点で脱毛できるのは、成長期で毛穴から顔を出していた体毛だけです。退行期や休止期にあった体毛には、効果が及ばないのです。何度か繰り返し脱毛処理を受けることで、成長期に入ったムダ毛を次々に処理し、ムダ毛のない体になれるわけです。
部位にもよりますが、ほぼムダ毛がない、脱毛が終わったと思える状態になるには、1年~3年くらいかかると考えて下さい。どういった施術を行うか、どこで受けるか、毛の量や質、受ける人の体質などによって、この期間は左右します。
結婚が決まったら、なるべく早く計画的に脱毛を始めることをおすすめします。

結婚式で最高に美しくなるために顔も!

結婚式までそれほど時間がない!という方もいらっしゃるでしょう。通常、脱毛処理が終わるまでには、開始から何年というスパンが必要になりますが、結婚式が近づいていて、それほど時間の余裕がない!という方には、実は裏技があるのです。結婚式当日にムダ毛がない状態にするために、毛周期を逆手に取る方法です。
毛周期があるので、1度ムダ毛処理をすると、またムダ毛が目立つ状態になるまでには、2か月~3か月くらいかかります。結婚式の1か月くらい前に脱毛処理をするなら、結婚式当日には、脱毛時に「休止期」だった毛が何本か出てくるくらいですみます。何本かなら、自分で処理することも可能ですよね。結婚式後にまたムダ毛が生えてきてしまいますが、結婚式は終わっていますから、じっくりとムダ毛処理を続けていくことができます。

全身脱毛と一緒に顔の脱毛もぜひ!

一生に一度の結婚式なので、ぜひしておきたいのが顔の脱毛です。顔はお化粧でカバーできる部分ですが、脱毛をしているのとしていないのでは、お化粧のノリも全く違います。結婚式に続けて披露宴となると、かなり時間も長くなります。ライトが当たることも多く、汗もかきがちになります。顔の産毛を脱毛しておくと、ファンデーションの崩れを防ぐことができ、お化粧崩れの心配も減ります。
顔の脱毛をしておくと、結婚式当日のトラブルの可能性を減らすことができます。また、突然現れる、口の周りのムダ毛に驚いたこともあるかもしれません。慌てて処理をしたら、お肌が赤くなってしまった、はれてしまったなどのトラブルの原因にもなりかねません。

顔脱毛をすると美肌効果も期待できる?!

脱毛サロンなどで行う顔脱毛には、美肌効果も期待できます。というのも本来シミの改善を目的として開発されたフォトフェイシャルを使っているからです。

サロンや美容クリニックでは、毛根のメラニンに反応する波長の光を照射し、そのエネルギーで脱毛を促す光脱毛を行います。光脱毛には、毛を薄く、生えにくくするほかに、毛穴の引き締めや、くすみ、赤ら顔の改善効果もあるといわれています。

引用:美肌効果も!顔の脱毛方法と注意点[美ログ] | スキンケア大学より

さらに、産毛がなくなる脱毛によっても、お肌の色が明るくなります。産毛は1本1本はとても細く、黒くは見えませんが、何万本も生えていると、やはり黒っぽく見えてしまいます。産毛を処理することによる、美白効果も期待できるのです。

もみあげ脱毛で小顔効果も期待できる

最近流行りのもみあげ脱毛をすると、髪をアップした時にフェイスラインがすっきりとして見え、小顔効果が期待できます。結婚式では、髪をアップにする花嫁も多いので、もみあげ脱毛は考える余地あり!もみあげを完全になくすわけではなく、薄く上品なもみあげにする、長さを顔の大きさに合わせて調整するといった処置ができます。
もみあげは、顔の横の部分になるために、自分では処理が難しい部位です。鏡の中に、左右のもみあげを同時に映すことができないので、左右のバランスをとりにくい面もあります。顔のお肌は、特にデリケートなので、自分で処理をすると、お肌に傷をつけたり、痛めてしまったりするおそれもあります。皮膚科や美容外科といった医療系のクリニック、脱毛サロンなどで処置を受けることをおすすめします。

目に付く部位がどこかにポイントを置いて?!

結婚式が決まって脱毛はしたいけれど、時間や費用的に全身は厳しい、という場合、最低限ここは脱毛したいという部位があります。どういった部位かというと、結婚式で目に付く部位です。
結婚式を挙げる際に、和装にするのか洋装にするのか、ドレスを着るなら、どういったデザインのものを着るのか、ある程度イメージが決まっていれば、脱毛する部位を決めるのもそれほど難しくはありません。その衣装を着て、結婚式や披露宴でどういった行動をとるかを考えてみると、最低限必要な部位の目安がつきます。
結婚式だけでなく、その後の新婚旅行の行き先なども、脱毛プランに影響を与えます。水着になる予定であれば、やはりデリケートゾーンにも気を使いたいものです。

和装の場合はうなじから襟足に気を付けたい

和装の場合、デコルテや脇など、かなりの部分が着物に覆われています。それほど、ムダ毛を気にしなくても良いと思われるかもしれませんが、やはり、脱毛がおすすめの部位があります。気を付けたいのは、指を含めた手の甲と腕です。また、和装だと、髪の毛は必ずアップになりますから、うなじから襟足にかけてのムダ毛処理も忘れないようにしましょう。
出ている部分におしろいをはたくことも和装の場合には多いですが、その際、産毛があると逆に目立ってしまいます。和装の場合も、見える部分に関しては、ムダ毛処理をおすすめします。
式は和装でも、披露宴の時にお色直しをすることがあります。何回かお色直しをして、和装だけでなくドレスも着るという場合には、ドレスに合わせてムダ毛処理をする必要があります。

ドレスを着る場合最低限脱毛したい部位

ウエディングドレスを着る場合、デザインによっても変わってきます。チューブデザインなどは、肩から背中にかけて大きく開いています。うなじから背中にかけては、自分にはあまり見えませんが、お客様にはよく見られる部位です。バックポーズの写真を撮ることもあり、写真やビデオにも残ります。
脇も必須の部位です。ブーケトスをする時に、大きく腕を振り上げて投げる時に、脇の下のムダ毛が気になるようだと、残念です。
腕から手にかけては、指輪の交換の時にクローズアップされる部分です。他の時は、グローブをつけていることが多いですが、指輪の交換の際には、グローブをとります。すべすべの美しい腕が見えると、好感度もアップしますよね。

シェービングそれとも脱毛した方が良い?

結婚式前のムダ毛処理に、シェービングを行っているサロンもあります。シェービングは、家族に手伝ってもらうなどして自力ですることもできます。シェービングと脱毛、それぞれにメリットとデメリットがあります。
シェービングのメリットは、時間の制約が少ないこと。結婚式の何日か前でも可能です。デメリットは、カミソリ負けなどお肌のトラブルの可能性があること、毛穴が開いてしまったり、お肌のくすみの原因になったりすることです。
脱毛のメリットは、効果が長持ちして結婚式の時に慌てないですむこと。脱毛に伴う美肌効果も期待できることなど。デメリットは、時間がかかるために、かなり前から計画的に始める必要があることです。

結婚式に向けて計画的に進めたい脱毛

花嫁が主役の結婚式、目立つ部位のムダ毛処理は必須です。

  • 一押しは全身脱毛。顔脱毛もおすすめ
  • 脱毛は1度の処置では終わらず、何回か継続する必要があるので計画的に始める必要がある
  • 脱毛には美肌効果や継続効果が期待できる
  • 最低限、脱毛すべき部位は、うなじから襟足、背中にかけて。手の甲から腕、腋の下にかけて。
 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
498643views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
232760views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
86651views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
33493views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
22948views
ページのトップへ