顔脱毛も全体を脱毛する?鼻下だけのプランを選ぶべき?

顔脱毛を考えるとき、悩むのが、「鼻下だけを脱毛するべきか、それとも顔全体の脱毛をするべきか」ということです。鼻下だけのときは安く済むというメリットが、顔全体の脱毛をするときは丸ごときれいになるというメリットがあります。

顔脱毛の特徴について

人気のある「顔脱毛」ですが、これにはどのような特徴があるのでしょうか。ほかの部位とは意味が異なる、顔脱毛ならではの特徴と行うメリット、部位やプランについて見ていきましょう。「顔脱毛、全体の脱毛を選ぶべき?それとも鼻下だけ?」という疑問の、もっとも基礎となる部分について学びます。まずはこちらからどうぞ。

顔脱毛を行うことのメリットとは

顔脱毛を行うことには、いくつかのメリットがあります。まず1つめに「手入れが楽になる」ということ。「1週間に1度やっていた手間が省ける」ということが挙げられます。
2つめは、「安全に処理できる」といった点がメリットです。顔の処理はカミソリやシェーバーで行うことが多いのですが、場所が場所だけに、手を滑らせたらとても危険です。また、カミソリやシェーバーを使うと顔の表面が傷ついてしまいます。
3つめに「男性から高評価を獲得できること」を挙げておきましょう。顔の産毛は、男性が気にするところです。顔の脱毛をすると、このような男性からの厳しい視線も怖くなくなります。
そして4つめは、「顔が美しく見えるようになること」。化粧のノリがよくなり、肌のトーンも明るくなります。

顔脱毛の特徴について

顔の脱毛はほかの脱毛とは異なり、サロンやクリニックごとによって「どこまでできるか」というのが異なります。目の周りまでできるところもあれば、顔脱毛に対しては慎重な姿勢をとっており「現在は施術なし」としているところもあります。また、ワキ脱毛などと比べると、「脱毛し放題」としているところがほとんどないのも、大きな特徴です。

「全体の脱毛」と鼻下の脱毛に分けられる

もう1つ、大きな特徴としては、「顔脱毛は、顔全体の脱毛と、鼻下だけの脱毛をはじめとしてパーツごとの脱毛に分けられる」ということでしょう。
このように、「全体のセットプランと個別の箇所別脱毛がある」というのは、脱毛業界においてはことさら珍しいものではありません。しかし顔脱毛の場合、「部分脱毛をやっているところのほとんどが、セットプランを扱っている」というところが特異的です。

顔全体の脱毛のメリットとは

ここからは、「顔全体の脱毛と鼻下の脱毛、どちらを選ぶべきか」について考えていきましょう。まずここで取り上げるのは、「顔全体の脱毛」についてです。
このプランの場合、多くは「額、頬、鼻下、口周りなどを含み、○回で○円」というスタイルをとっています。このスタイルのメリットとデメリットを見ていきましょう。

顔全体の顔脱毛の特徴について

顔全体の顔脱毛の場合、「額、頬、鼻下、口周り」を含む、顔全体の脱毛がセットになったものを指します。
多くの場合は回数制をとっていますが、「月額全身脱毛制度のなかに含まれているものなので、それと一緒に換算する」というスタイルをとっているところもあります。いずれにせよ、「顔全体を網羅した脱毛」であることは確かです。

ちなみに、ワキの脱毛やVラインにつきものの「脱毛し放題」ですが、この方式を顔脱毛に持ってきているところはほとんどありません。

面倒な契約もいらない!値段も格安

顔全体の顔脱毛のメリットとしては、「面倒な契約を必要としない」ということが挙げられるでしょう。一括ですべてを処理するので、1つずつ申し込む手間が省けます。また、たった1度の施術ですべての毛を脱毛してしまうので、「今日は鼻下、明日は額」と右往左往することもありません。

また、このプランは、個別で頼むよりも遥かに格安です。ローンを組んでくれるところ、月額払いなど、その支払い形式も実に豊富です。

「ここの部位だけ」の人にとっては損になる

顔全体の脱毛を行うときにかかる費用は、「個別にパーツごとに申し込むとき」よりはたしかに安くなります。しかし、やはり1回にかかる費用は高くなります。もちろんローンも組めますが、金銭的負担が生じやすいのはたしかです。

また、顔の脱毛はほかの部分の脱毛に比べて痛みが強いという特性があります。そのため、そのサロン(クリニック)での脱毛にトライすることなく、「顔全体の脱毛」を選んでしまうと大変です。施術の度に広範囲の痛みを経験しなければならず、長続きしないことも。

鼻下だけを脱毛するときのメリットとデメリット

「鼻下だけを脱毛する」というやり方は、「顔全体を脱毛すること」とはまったく違ったやり方です。1点だけに集中して脱毛していく、この「鼻下だけの脱毛」にはどんなメリットとデメリット、そして特徴があるのでしょうか。選ぶべきはどちらなのかを考えるうえで参考にしてください。

鼻下だけの脱毛と、「顔全体の脱毛」の違いについて見ていきましょう。

濃くなりがちな部分にピンポイントで照射できる

鼻下は、どうしても毛が濃く出る部分です。男性のヒゲほどではありませんが、女性の顔のムダ毛のなかでは、かなり悪目立ちする場所だと言えるでしょう。
「顔の産毛」は、男性は気にするものの、実は同性である女性はあまり見ていません。しかし鼻下の場合は、色素が強いものも多く、同性からのチェックも厳しいものです。鼻下だけを脱毛する方法は、「あっ、処理を忘れてきてしまった!男性からの視線も女性からの視線もちょっと怖いな」という悩みを解決することができます。

鼻下の脱毛のメリットとは

鼻下は、脱毛する場合、「小さなパーツ」に分類されます。そのため、それほど高くない値段で処理をしてもらうことができるのです。「顔の産毛はもともとそれほど目立たないタイプだ」「鼻下だけ、専門家に依頼する。それ以外のところは自分で処理をしていく」という人にとっては、非常にありがたいものです。

また、鼻下だけを照射するのは、「顔の脱毛のトライアル」としても利用できます。痛みに弱い人が初めてのサロン(クリニック)で、いきなり広範囲を契約してしまうのはかなりリスキーです。しかし鼻下だけの脱毛ならば、「敏感な顔部分の脱毛の痛みを」「安い値段で契約できる」というメリットがあるのです。

「あれもこれも」は結局高くつく

初めは鼻下だけでいい、と思っていた人でも、その仕上がりを知ると、「顔全体の脱毛を選ぶべきだったな」と後悔することもあるでしょう。しかし、後でパーツを追加していくと、かなり高くついてしまいます。だからといって、顔脱毛全体がセットになっているコースも、「鼻下の脱毛は終わっているので、顔全体の脱毛に申し込むのも悔しい。鼻下の脱毛を断った場合でも、割引措置などはないだろうから」と考えてしまいがちです。

このように、顔の脱毛は、顔全体を脱毛するときと、鼻下だけを脱毛するときではメリットとデメリットが変わります。

顔脱毛をする際にはどちらを選ぶ?

顔脱毛には、「顔全体を脱毛する方法」と「鼻下など、パーツだけを脱毛する方法」があります。

  • 「脱毛し放題」を打ち出している施設は少ない(アリシアなど)
  • 顔全体の脱毛をする場合には、面倒さがなく、パーツごとに頼むよりも安くなる
  • 鼻下だけを脱毛する場合には、痛みのテストができる

というように、それぞれで特徴があります。