カミソリを使ったムダ毛処理がダメな理由とは?効果的な方法まとめ

手軽に取り入れることができるカミソリを使ったムダ毛処理。 安価に購入できて浴室でムダ毛処理を行うことができるため、カミソリを使ったムダ毛処理を行っている方は多いでしょう。 ここではカミソリを使ったムダ毛処理がダメな理由や注意点、効果的な処理方法をまとめました。

カミソリにはたくさんのデメリットがある

毛が濃くなり生えてくる範囲が広くなる

カミソリを使ったムダ毛処理方法で毛が濃くなるというのはただの言い伝えで、先端に向かって細くなっている毛をカミソリを使用して剃った際に、断面が太くなることから見た目に濃く見えたり、毛が太くなったように感じるといわれています。 しかし、確実にムダ毛が濃くなっているし、生える範囲も確実に広くなっているという方もたくさんいます。

このような現象が起こる科学的な理由は解明されていないものの、カミソリを使用したムダ毛処理を行うことで、肌自体の防衛本能が作用するのではないかということのようです。 防衛本能が働くことで、外的要因から身を守ろうとしてムダ毛が濃くなってしまうのだとか。 カミソリを使ったムダ毛処理によって、毛の表面部分が太くなるだけでなく、肌の防衛本能によって濃くなったり、生える範囲が広くなってくる可能性は否定できないのです。

ムダ毛を完全になくすことができない

カミソリを使ったムダ毛処理は、対症療法でしかありません。普段寝不足で心身ともに過労を感じている方が、栄養ドリンクを飲用するのが対症療法です。 その一方で仕事を早めに切り上げてたっぷりの睡眠時間をとる方法が、根本的原因を改善する治療法となります。

これはムダ毛処理にもいえることで、カミソリを使用するのみでは、ムダ毛が生えるという根本的原因の解決になりません。剃ったムダ毛はすぐに伸びてきて、チクチクしたり見た目にもツンツンと気になる状態になってしまいます。 根本的原因を改善するためには、永久脱毛するしか方法がないということですね。

色素沈着による肌の黒ずみが発生する

カミソリでの自己処理は簡単で安価にムダ毛に対処することができると考える方もたくさんいますが、少し古くなったカミソリを使用したり、カミソリ専用のシェービングジェルなどを使わずに石鹸などで自己処理すると、かゆみや赤みなどのカミソリ負けを招く原因になります。 カミソリ負けが発生すると目に見えはない古傷が残る危険性があり、慢性化してしまうリスクもあるのです。

腫れなどの肌症状を引き起こす原因になることも多く、かきむしったりした場合は、一生治らない痕が残ったりシミになることも。 このようなデメリットを考慮すると、やはりカミソリを使用したムダ毛処理はオススメとはいえませんね。

カミソリには他にもダメな理由がたくさん

剃毛後の肌がキレイに見えず毛穴が汚くなる

カミソリを使ったムダ毛処理がダメな理由として、剃毛後の肌がキレイに見えないという点も挙げられます。剃った直後の皮膚には目に見えない細かい傷がたくさんありますから、それによって肌の透明感が失われてしまうんですね。 また、肌のバリア機能にとって必要な角質を削り落としますから、雑菌が侵入しやすい環境を提供してしまいます。

これによって炎症が発生しやすくなるため、広範囲で赤く炎症が生じる場合や、ニキビのような赤いできものができるケースもあるんです。誤った処理方法は毛穴を広くしてしまう原因にも繋がりますから、生えたムダ毛が目立ちやすい状態になるのも、カミソリが良くない理由の1つといえるでしょう。

カミソリのムダ毛処理はコストが意外と高い

カミソリの使用によるムダ毛処理が支持を集めているのは、お金をかけずに手軽に取り入れることができるためとされています。 しかし、実際のところはそうでもなく、使用するカミソリによっては意外とコストがかかってしまうことも。 近年では中学生ぐらいからカミソリを使ってムダ毛処理を行う方が増えていますから、年齢で例えると15歳から65歳くらいまで自己処理を継続する人もいるでしょう。

カミソリの本体はリーズナブルなアイテムも提供されていますが、肌に対する負担を考慮すると1,000円前後のものを使用する方も多いようです。替刃などの値段を含めると、年間でかかるコストはおよそ3,000円程度。 50年間×3,000円で、総額は約15万円前後になるのです。 また、全身をカミソリで処理する場合は替刃の交換の頻度ももっと多くなりますから、さらに費用がかさむでしょう。

カミソリでムダ毛処理を行うときの注意点

切れ味が良く刃の枚数が多いものを選ぶ

カミソリを使ったムダ毛処理を行うときは、切れ味のいいアイテムを選ぶようにしましょう。 切れ味の悪い刃は肌を引っ掻いてしまい、切れ味が悪いことから肌に押し付けて使ってしまうため、肌の角質を削る原因にもなるんです。 できるかぎり刃の切れ味がいいカミソリを選び、切れ味が悪くなってきたらすぐに交換するようにしてくださいね。 カミソリを交換するタイミングは、ムダ毛の量や範囲によって異なりますが、1ヶ月に2回が目安とされています。

また、3枚刃〜5枚刃のカミソリが主流となっていますが、刃の枚数が多ければ多いほど、剃り残すことなくキレイにムダ毛を処理することが可能です。 また刃の枚数が多いと肌にかかる圧力を分散することができますから、肌への負担を軽減できるというメリットもあります。枚数の多い刃を選ぶように心がけましょう。

シェービング剤を使ってから処理する

何もつけない状態でムダ毛処理をする方は少ないかと思いますが、石鹸やボディソープを使った後にカミソリを使用しているという方は意外と多いのでは。 しかし、石鹸やボディソープを使用すると、肌表面にある必要な皮脂も奪ってしまい、何も保護されていない無防備な状態になってしまいます。 このような状態でカミソリを使うと肌に対するダメージを大きくし、かゆみや赤みなどカミソリ負けの症状を引き起こす原因になります。

シェービング剤は肌表面に油膜をつくり、カミソリから肌表面を守る働きがありますから、必ず使うように徹底してくださいね。 シェービング剤にはクリームワックスタイプやオイルタイプ、ジェルタイプやフォームタイプなどが提供されているため、使い心地や肌との相性がいいアイテムを選んで使用してください。

また、ムダ毛処理をする場所としてよく選ばれる「浴室」ですが、ここには雑菌も多いので注意が必要です。 お風呂を使うと肌が柔らかくなり処理をしやすくなりますが、浴室でそのまま剃るのではなく、お風呂からあがった後に行いましょう。入浴後10分程度が目安です。

毛の流れに剃って剃り保湿をきちんとする

カミソリでムダ毛処理をするときは、毛の流れに剃って行うのが基本です。 これは毛穴が少し斜めになっていて、逆剃りすると斜めの毛穴をすっぱりそぎ落とす状態となりますから、かゆみや赤みなどのカミソリ負けを引き起こしやすくなるためです。 カミソリを使用する際には毛の流れをきちんと確認してから剃るように心がけましょう。

また、カミソリを使用した後は肌が乾燥するため、できるかぎり早く保湿してください。 極力カミソリを使うのはお風呂の最後にし、処理した後はすぐにお風呂場を出て保湿するのがおすすめです。 体に対しては高価なアイテムを使用する必要はありませんから、たくさん使用できるリーズナブルな化粧水やクリームできちんと保湿してくださいね。

カミソリ以外のおすすめなムダ毛処理方法

ムダ毛処理その1電気シェーバー

肌への負担も比較的少ない電気シェーバー。 刃が肌に直接触れることなくムダ毛処理できるため、肌に対する負担を少なくすることができます。 肌に対する刺激を軽減しつつ、カミソリと同様にすぐムダ毛処理の結果が見られるのが魅力的なムダ毛処理方法です。 ふさわしいヘッドの形状を選ぶと基本的に全身に使うことができますから、顔やVゾーンのお手入れもしやすい特徴があります。

くぼみがあるワキなどのムダ毛処理しにくい場所も、ふさわしいヘッドを選ぶと簡単にすることができますから、肌への負担を重要視する方におすすめです。 また、電気シェーバーには防水用とそうでないものがありますが、防水タイプはお風呂でも使用することができますし、水洗いできるため防水付きの電気シェーバーを選ぶようにしましょう。

ムダ毛処理その2脱毛クリーム

カミソリと同じくらい簡単に自己処理することが可能な脱毛クリーム。 スーパーやドラッグストアなどで豊富な種類の脱毛クリームが販売されていますし、価格もお手頃ですから、気兼ねなく取り入れることができます。 広範囲に使用するとそれほど安くはないかもしれませんが、カミソリによるムダ毛処理はチクチクとした感触がありますが、毛を薬品で溶かす脱毛クリームは、肌触りも滑らかですから、嫌なチクチクを軽減することが可能です。

また、処理した後の毛穴が目立ちにくいというメリットもあります。 ただし脱毛クリームは薬品ですから、目に近い顔やデリケートゾーンなどは基本的に使用することができないため、処理できる部分は少し限定されるということを頭に入れておきましょう。

ムダ毛処理その3脱毛サロン

脱毛サロンなどで専門のスタッフに処理してもらう方法もあります。 ムダ毛の根本的な悩みを解消し、長い目でみたときに安心して脱毛することができ、肌に対するダメージを少なくすることもできます。 また、ムダ毛や肌質に応じてアフタートリートメントも実施してくれますから、脱毛効果を得るのはもちろん、肌へのダメージを最小限にすることができます。

毛の生え変わる周期に応じて何度か通う必要がありますから、今すぐに結果の見えるムダ毛処理方法ではありませんが、一度処理すると驚くほど落差を感じることが可能です。 ワキなどの部分的なパーツ処理であれば、以外とリーズナブルに利用することができますので、パーツ処理として活用するのもおすすめです。

注意点を守ってデメリット軽減を

カミソリを使ったムダ毛処理方法がダメな理由を把握していただけたかと思います。 脱毛クリームや電気シェーバーなどを使用したムダ毛処理方法がおすすめですが、どうしてもカミソリを使いたい場合はこちらで紹介した注意点を意識し、肌に対する負担をできるかぎり抑えるように心がけてくださいね。