格安脱毛サロンでの脱毛、我慢すべきことは?そしてその対策

現在、脱毛というのは特別なことではなくなっています。安いサロンもたくさんあります。 ただ「値段が安すぎること」に不安を抱く人も多いはず。予約がとりにくい、接客態度に不満がある。格安脱毛サロンで我慢すべきこと、そしてその対策をまとめます。

「予約がとれない!」はどうすればいいの?

「脱毛」が一般化してきた現在、脱毛にかけなければならない値段はある程度落ち着いてきています。利用者が増えれば薄利多売形式での運営ができるため、「格安脱毛サロン」もいくつも登場してきました。現在は、月額10,000円程度で全身脱毛を受けられるプランも登場しています。

しかし同時に、「格安脱毛サロンだからこそ我慢しなければならないこと」があるのも事実です。
今回はそのなかでも多い、「予約がとれない」について見ていきましょう。

利用者が多すぎて……予約がとれない!

格安脱毛サロンは、薄利多売形式を旨としています。1人当たりの利益は薄くても、「安い」ということは大きなセールスポイントになるため、大勢のお客さんがそのサロンに集まります。

こうなると、起こるのが「予約がとれない」という問題。

特に土日祝日や夏休み期間は予約が埋まりやすく、「自分の毛の周期に合わせて脱毛ができない!」という人もいます。
このような場合はどうしたらいいのでしょうか。

平日に行けないかを考える

まず考えたいのが、「時間の調整」です。
土日祝日などの忙しい時間帯ではなく、平日の昼間などに行けないかを考えてみてください。平日にお休みをもらえる職場の人、振替休日が自由に決められる人などは、まずはこの方法を考えてみましょう。

もしくは、「ノー残業デー」などを狙い、仕事が終わってから格安脱毛サロンに行く、という方法もあります。

都心部なら店舗をうつることも視野にいれて

土日祝日はどこの格安脱毛サロンも混みあいますが、店舗によってその混雑具合は異なります。
たとえばAという格安脱毛サロンでは数か月先まで土日は予約でいっぱいになるが、Bという格安脱毛サロンでは混雑はするが時間帯によっては空きがある、という具合です。

このような場合、多少遠かったとしても、時間的都合のつけやすいBに移る方がストレスなく通うことができるでしょう。特に都心部の場合、選択肢が多いのでおすすめです。

サロン移りを考えている場合、事前に電話で、「前のサロンでは土日が混みあいすぎていて予約がとれなかった。そちらはどうですか?」などと問い合わせておくとよいでしょう。

接客技術に不満を持つ人もいる

「高級レストランでの接客と、安い飲食店での接客態度の違い」を例にとるとわかりやすいのですが、「接客態度」は自分の財布から出すお金によって大きく変わります。
もちろん「安いところの接客はすべてだめで、高いところの接客はすべて良い」ということはできません。
ただ、費用が安いところだと、接客態度に不満を持っても我慢することになるケースもあり得ます。
このような場合はどうすればよいのでしょうか。

格安脱毛サロンの場合、教育が行き届いていないことも

格安脱毛サロンの場合、その多くが薄利多売形式であり、 昼食がとれないほど忙しいこともよくあります。
そのようななかでは、接客技術を教えるために人手や時間が足りない、ということもよく起こります。
この結果として、格安脱毛サロンでは、しばしば「接客に対する不満」が出てきます。

ただ、「接客態度が悪いのはある程度我慢することだと思っていたけれど、あまりにもひどすぎる場合はどうしたらよいのだろうか」と考える人もいるのではないでしょうか。

責任者に言って担当から外してもらう

まず考えられるのがこのやり方です。
接客態度があまりにもひどいスタッフの名前を覚えておいて、それを責任者に伝えましょう。このときは、感情的にはならず、淡々と不満点と言動を告げます。
そのうえで、「自分が来た時には、その人に接客させないでほしい」と続けましょう。

責任者の多くは、こう言われた場合、謝罪をしたうえでそのスタッフに注意をし、あなたの担当から外すはずです。

サロンを移るときに先手を打つ方法も

「接客がひどいので、サロンを移りたい。何度言っても改善されないし……」と決めた人は、新しいサロンにそのことを告げておきましょう。
初回の予約の電話をするときに、「前のサロンではとにかく新規の契約を迫られた。また、施術中ずっと不機嫌な態度をとられた。それが嫌でサロンを移ることにしたのですが、そちらでは契約の押しつけなどはありませんか?」と聞くのです。

こう言われた場合多くのサロンでは、新しい顧客のニーズや不満点、不安点をサロン側で共有しようとします。その結果、心地よい接客を受けることができるようになるはずです。

なお、電話の際は、「そちらを疑っているわけではないが、前の店舗のようになってしまったら不安だし、怖い」というニュアンスで伝えましょう。

脱毛の効果が表れにくい、という場合はどうするか

格安脱毛サロンでしばしばあるのが、「脱毛の効果が実感しにくい」というもの。

しかしこれは実は格安脱毛サロン側だけの問題ではありません。
「効果がある」ということの基準をどこに置くかでも変わってくるからです。

たとえば、無毛になって初めて満足する人と、自己処理がラクになればそれでいいと考える人の間では、「効果があった」の認識が大きく異なると言えます。
これを前提として見ていきましょう。

実は格安脱毛サロンで効果にはほとんど差がない

実はサロンでの光脱毛は、どのサロンでも「打ち損じ」によるものでない限り、効果はあまり差がありません。
なぜなら、光脱毛の出力をあげてしまうと医師法に違反するからです。実際にこれで逮捕者も出ています。

そのため、「ほかのサロンよりも著しく強力でレーザー並みの威力を持っている機械を使っているサロン」というのは存在しません。
また、過当競争が激しい昨今の脱毛界事情のなかで、「ほかのサロンよりも著しく劣った機械を使っているサロン」が現在も生き延びているとは考えにくいところでもあります。

このようなことから、「このサロンでの脱毛は効果がなかったから、ほかのところに移ろう」という考え方は、こと「威力」の面からだけ考えれば、それほど意味がないことになります。

月額費用や交通費を細かく計算して店移り

そのため、「自分の満足のいく効果を得たい」ということであれば、回数を重ねることが基本となります。
格安脱毛サロンは全身脱毛1か月あたり10,000円が相場です。ただ、数百円の違いであっても、回数によっては万単位で差がついてくることも。そのため、少しでも安いところに移る、というのは1つの手です。
その場合は交通費の算出もお忘れなく。

レーザー脱毛に乗り換える方法も

もう1つの方法は、レーザー脱毛に乗り換える方法です。
現在はアリシアクリニックなどが、格安脱毛サロンとほとんど変わらない金額で全身脱毛プランを打ち出しています。
レーザー脱毛は光脱毛に比べて効果が得やすいため、有用な解決策となります。

ただ、格安脱毛サロンの方が選択肢が多いのはたしかです。
「格安脱毛サロンと同等程度の値段で、レーザー脱毛を受けられるクリニックに店替えができる」という人は、「居住地」の面からかなり限られてきてしまいます。

「我慢すること」はもうやめる!対策を知って賢く使おう

格安脱毛サロンには不満点もあるでしょう。しかし

  • 予約がとりにくい点は、時間調整や店舗移りで解消できる
  • 接客技術は、責任者への報告や次の店舗に移る前の相談で解決可能
  • 脱毛効果ついては、店舗ごとのプランの価格差と交通費の計算、クリニックを選択肢に入れることで解決しやすくなる

といった対策が考えられます。