脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 自宅でできるムダ毛処理!自己処理方法の種類まとめ

自宅でできるムダ毛処理!自己処理方法の種類まとめ

自宅でできるムダ毛処理!自己処理方法の種類まとめ


ムダ毛はサロンなどでなくても、自宅で行うことができます!めんどくさいからほっておいちゃったなんて人いませんか?
様々な方法がありますので、自分がやりやすい方法で自己処理ができるんです。今そんなムダ毛処理を自宅でする方法についてまとめてみました。

ムダ毛処理の定番といえば「剃る」

やはりムダ毛処理の定番といったら、「剃る」といった方法ではないでしょうか?すぐに処理したいなと思ったら手軽に行うことができます。この「剃る」ムダ毛処理は、基本的には、皮膚の上に見えるムダ毛のみを処理します。カミソリが一番に思いつくと思います。カミソリで処理をする場合には、必ず滑りの良いもの。クリームなどを塗って行いましょう!カミソリは皮膚の表面を削ってしまい、お肌のダメージがとても強いのです。カミソリ負けという言葉を聞いたことがあると思います。カミソリ負けもしやすく、お肌の沈着もあるので、トラブルなく使用するのが一番です。毛の流れに沿うように使いましょう。とても手軽にスピーディにできますが、反日~1日程度しか持続効果もありません。こまめなお手入れが必要となります。
次に、電気シェーバーです。この方法もやっぱり、お肌に滑りの良いものなどを使用すると、お肌へのダメージが少なくて済みます。カミソリほどのお肌へのダメージは少ないですが、使用後は、お肌をクリームや乳液などできちんと保護する必要があります。電気シェーバーは、剃り残しなどがたまにあるので、ムダ毛を短く切ってから使うときれいに処理できるでしょう!

広い範囲にオススメ!「塗る」「貼る」タイプの処理

他にも、除毛クリームや脱毛ワックスシート、抑毛ローションなどを使用して、比較的広い範囲を脱毛できる方法もあります。

除毛クリーム

さきほどお話した、カミソリや電気シェーバーなどでは、短期間でムダ毛がチクチクと生えてくるのがイヤなんて人などにもおすすめの方法です。クリームを脱毛したい部分に塗り、数分置いた後拭き取るだけといったかんたんな方法です。脱毛した後は、お肌がとてもきれいで、凸凹した面などもきれいに脱毛できます。脱毛用品特有の匂いなどがある商品もありますので、匂いに敏感な人は避けた方が良いかもしれません。クリームを塗ってから脱毛の過程が一度でできますので広い範囲なども短い時間で行うことができます。

脱毛ワックスシート

海外で人気がついた脱毛方法です。シートにあらかじめワックスが塗ってあります。ですので、そのままお肌につけて、シートをはがすことで脱毛をします。毛を抜くという意味合いが強いので、お肌への負担は強くありますので、お風呂上がりで毛穴が開いている時などに行うと少しでも負担が少なくてすみます。

抑毛ローション

もしかしたらあまり聞きなれないといった人もいるかもしれません。こちらは、ムダ毛を脱毛するといったことではなく、ローションの性質を利用して、目立たなくするといった方が良いです。さまざまなローションが売られていますが、使用することで、ムダ毛の生えてくるスピードを遅らせたり、目立たなくさせるものです。どちらかというと細くて産毛のような毛質のものの方が効果が高いです。個人差がとてもありますが、続けることが効果を実感する秘訣です。

新感覚?タオルやスポンジで「こする」脱毛

昔からある脱毛方法ではなく、新たな方法も近年登場しています! 除毛パフという名称のものがあります。これは、本当に簡単で、気になる箇所をクルクルと円を描くようにパフを動かすだけです。お肌とパフの摩擦で除毛していくとも言われており、一緒に角質なども除去してくれ、値段も安いことから若い年代の人にも人気があるグッズです。
他にも、こういったお肌を「こする」という方法では、脱毛タオルというものもあります。女性は背中などは、自分であまり見ることができません。そんな時に脱毛タオルをこするだけで、見えない箇所などの脱毛も可能となります。こちらも、一緒に角質なども除去してくれるのでお肌がきれいになるといったメリットもあります。しかし、どちらにも共通して言えることですが、太くて濃いムダ毛はあまり効果を感じることができないといったデメリットもあります。
手軽にムダ毛を処理できるのは嬉しいですが、「効果が持続しない」「人によっては効果が感じられない」ということであれば、結局無駄になってしまうので注意が必要です。

サロンで行う脱毛の効果の詳細⇒脱毛の効果と痛みの関係について

家庭用脱毛器でじっくり脱毛

自宅でできるムダ毛処理!自己処理方法の種類まとめ

脱毛サロンで脱毛するような効果を感じたい・・でも時間があまり取れない。なんて人は、自宅でできる家庭用脱毛器がおすすめかもしれません。脱毛サロンにも負けないと言われている性能がすごい物も販売されています。サロンで受ける施術と同じ光脱毛やレーザー脱毛を行うことができます。他の脱毛方法に比べて痛みがほとんどないのが嬉しいことです。しかし、脱毛サロンの様な強いパワーは望めませんので何度も繰り返し行うことが大切です。
様々な種類がある中で、「トリア」という製品だけは、レーザー脱毛ができる商品です。その他は、ほとんどが光脱毛となります。値段は他の方法に比べて数万円と高くなりますが、定期的に続けていくとムダ毛のないお肌を手に入れることができ、自宅でできるというのがなんといっても一番のメリットではないでしょうか?

実はリスクがいっぱい!?自己処理にはこんなデメリットが・・・

自宅での自己処理は、いつでも自分の好きなときにムダ毛処理ができるという点が魅力的ですが、自己処理にはとっても怖いリスクが潜んでいるということをご存知でしょうか?


ムダ毛の自己処理をするならぜひ知っておきたい、そのリスクについてご紹介したいと思います。

カミソリでの処理|お肌のトラブル・黒ずみとムダ毛増加の原因に

カミソリでの自己処理は一見手軽ですが、実はかなり危険な方法でもあります。


まずカミソリはお肌の表面を削りながらムダ毛を剃るので、お肌にダメージを与え、肌トラブルや炎症、黒ずみの原因になる色素沈着を引き起こします。更に、そのお肌へのダメージによって、逆にムダ毛が濃くなってしまう可能性もあります。


ムダ毛はお肌を守るために生えているものなので、カミソリによるお肌へのダメージで、ムダ毛が濃く、太くなる場合もあるのです。ムダ毛が増えてお肌も傷ついてしまうのでは、ムダ毛のないツルツルのお肌には到底なれません。


カミソリによってお肌の表面についた小さな傷からは、カミソリについたバイ菌が入り込む危険性もあります。ムダ毛の自己処理の中では、カミソリが最も難しい方法と言えるかもしれませんね。

ワックスシート・クリームなど|敏感肌の方は薬剤に注意!

脱毛ワックスシートや除毛クリーム、抑毛ローションなどは薬剤を使ってムダ毛をなくす方法ですので、敏感肌の方は注意が必要です。


特にお肌の表面に塗布するタイプの脱毛クリームや除毛クリームは、たんぱく質を溶かすことによってムダ毛を取り除くといったものが主流です。


たんぱく質を溶かすということは、ムダ毛も溶けますが、同時にお肌の表面も溶かしているので、頻繁に使用するとお肌のトラブルに繋がる可能性もあります。

家庭用脱毛器|体調によっては炎症や蕁麻疹が出ることも・・・

家庭用脱毛器はサロンと同じような光を使用して脱毛を行う機器です。


その仕組みは、ムダ毛が生えている毛根のメラニン色素に光を反応させ、ムダ毛の成長を遅らせ、ムダ毛自体を細くするというものです。


脱毛サロンではプロが施術を行いますが、施術前にお肌の状態や体調を細かくチェックします。お肌が乾燥しているときや体調が優れないときに脱毛の施術を行うと、お肌が炎症を起こしたり、蕁麻疹がでてしまったりすることもあるからです。


そういったリスクがある脱毛の施術を自分でするということ自体が危険ですし、利用者の中には、脱毛器でやけどをして痕が残ってしまったという方もいます。更にレーザー脱毛器も家庭用で販売はされていますが、レーザー脱毛器は本来なら、医師免許を持つ方しか取り扱うことができないものです。


レーザー脱毛器は光脱毛器に比べてパワーも強くなるので、その分リスクも高くなることを覚えておいてくださいね。

セルフ脱毛は気軽!ただしデメリットも忘れずに

女性が一年中そして夏にはきれいな肌でいたいと思い、脱毛をする人はとても多いと思います。お肌へのダメージは、やはり少ない方がいいと思うのは当然です。カミソリなどは、カミソリ負けをしないように毛の流れに沿って使用したり、脱毛ワックスなどもなるべくなら、痛みを少なくして使いたいですよね。家庭用脱毛器も数年前に比べると料金も安価になってきました。自宅でのんびり行うのも◎ですよね。 あなたはどんな方法で、きれいなお肌を手に入れますか?

脱毛にまつわる効果のホントの話を特集!

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
498643views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
232761views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
86651views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
33493views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
22949views
ページのトップへ