脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 家庭用脱毛器は家族で共有できるのがメリット!使い方は?

家庭用脱毛器は家族で共有できるのがメリット!使い方は?

家庭用脱毛器にはいろいろなメリットがありますが、そのなかの1つに、「家族で共有できること」が挙げられます。 「自分専用のカートリッジ」を使うことで、家族の間での使いまわしも気になりません。

家庭用脱毛器「カートリッジ」の基礎知識

家庭用脱毛器には、「カートリッジタイプ」のものとそうではないものがあります。どれも一長一短ではありますが、家族で家庭用脱毛器を共有するのであれば、カートリッジタイプのものがおすすめです。
ここでは、家庭用脱毛器のさまざまな種類を紹介するとともに、「カートリッジ」の特徴と性質についてお話ししていきましょう。

家庭用脱毛器の種類について

家庭用脱毛器は、現在さまざまな種類が出ています。たとえば、シェーバータイプに近い脱毛器。パナソニックの「アミューレ」などはこのタイプです。また、レーザーや光を使って脱毛していくものもあります。

今回は、「レーザーや光を使った脱毛」を中心的に取り上げていきます。

光(レーザー)脱毛について

通常、レーザーで脱毛をしようとすると、原則としてクリニックでの施術が必要です。レーザーを使って脱毛ができるのは医師免許を有する人のみなので、サロンでは扱うことができません。
しかし「家庭用脱毛器」の場合は、自己責任において、業務外で使うことになるので、レーザーも規制されていないのが現状です。

もっとも、この「レーザー」と「光」の原理はとても似ています。どちらも黒い色素に反応する光を照射してムダ毛を処理するというようになっています。

カートリッジは取り換え式も多い

このように、光やレーザーで処理するタイプの場合、ずっと1つの機械を使い続けられるわけではありません。
光(レーザー)の照射回数には限界があり、その限界を迎えると、もう光(レーザー)が出なくなってしまいます。

ただ、家庭用脱毛器はとても高価なもの。「光(レーザー)が出なくなったら廃棄する」というのはいかにももったいないですよね。

そこで登場するのが、「取り換え式のカートリッジ」です。

多くの家庭用脱毛器は、「照射回数が0になったものは、カートリッジを使えばまた使えるようになる」としています。
交換すれば、また同じように脱毛していくことが可能です。

家庭用脱毛器のカートリッジを詳しく!

「照射の限界数に達した家庭用脱毛器も、カートリッジを変えればまた使えるようになる」としました。
ここではより細かく、「カートリッジ交換方式のメリットや注意点、活用方法」について見ていきましょう。
この「カートリッジ」が、どの家庭用脱毛器を選ぶかの決断に影響することもあるので、購入する前によく公式ホームページをチェックしてください。

カートリッジ交換方式のメリット

カートリッジを交換するタイプには、いくつかのメリットがあります。
まず1つめは、高いお金を出して本体の購入をし直す必要がない、ということ。
商品によって価格設定は異なりますが、カートリッジの値段は本体価格の10分の1程度が目安です。さらに割引になることもあります。

もう1つのメリットは、「脱毛以外の効果が得られるカートリッジを販売しているところもある」ということ。
これは「ラヴィ」が分かりやすいでしょう。この家庭用脱毛器は、通常の「脱毛カートリッジ」だけでなく、美顔に導くための「美顔カートリッジ」などを販売しています。脱毛と一緒に顔の手入れもできるので、多岐にわたる利用が可能です。

カートリッジ交換式の注意点

ただ、カートリッジ交換式の場合、気を付けて見ておいてほしいところがあります。
それが、「ランニングコストはどうなっているのか」ということです。

カートリッジは、本体価格よりも確かにお買い得です。
ただ、カートリッジを変えるごとにお金がかかります。高額な家庭用脱毛器の場合、サロンでの脱毛とそれほど値段が変わらなくなるケースすらあります。
もちろん、家庭用脱毛器には「いつでも好きな時に脱毛できる」というメリットがあります。
ただ、サロンには「プロの手で脱毛をしてもらえる」といった安心感があります。

この点も意識して選びたいものです。

カートリッジ交換式の活用方法

もう1つ、カートリッジ交換式の家庭用脱毛器には大きなメリットがあります。

それが、「自分だけのカートリッジを持ち、脱毛器本体は家族で共有できる」ということ。

「家族であっても、VIO部分の脱毛をしているカートリッジを他の人に使わせるのはちょっと……」
「お父さんの消耗頻度が多い! みんなでワリカンしているんだからなんかソンをした気分」
こんな悩みも、「自分専用のカートリッジ」を持つことで解決できます。

家族で家庭用脱毛器を共有するときのやり方

「カートリッジ交換タイプの家庭用脱毛器の場合、家族で脱毛器本体を共有できる」というのは、家庭用脱毛器のメリットのうちの1つです。
何かと繊細な時期のお子さんがいるご家庭や、VIO部分を脱毛したい人には特におすすめです。
ここではより詳細に、その活用方法や考え方、取り換え方法などについて見ていきましょう。

取り換え方法について知りたい

家庭用脱毛器でカートリッジ交換方式をとっているものは、その多くが、ごく簡単に取り換えができるようになっています。
カートリッジ部分を取り外して、新しいカートリッジをはめこむだけでOKというものが多く、何も手間取りません。

「自分の脱毛が終わったらカートリッジを取り外し、部屋に持ち帰る」という方法をとれば、「どのカートリッジがだれのものなのかわからない!」と混乱することも避けられますね。

使う頻度による不満も生まれにくい

「ムダ毛の濃さ」というのは、人それぞれ違います。男性の場合は女性よりも体毛が濃いですし、女性の場合は男性よりもまめにお手入れをしたくなります。
家庭用脱毛器のお金を家族でワリカンして払っていると、「使う頻度が少ない人」はちょっと損をしてしまいます。

「自分専用のカートリッジ」を持っていれば、このような不満点は出にくくなるでしょう。
カートリッジごとに照射回数が定められていますから、「自分が使った分だけ、照射回数が減っていく」ということになるからです。

家族の「部位」で使い分ける方法もある

「自分専用のカートリッジ」を持つのもいいのですが、「美顔効果のあるカートリッジ」などは、家族で共有するのもいいでしょう。
部位別に、「顔に使うカートリッジはこれ」「ワキに使うカートリッジはこれ」と分けておくのです。
こうすれば、「ワキに照射したカートリッジを顔に使うのはちょっと……」という抵抗感も少なくなるでしょう。しかも衛生的です。

ただ、こうする場合でも、VIO部分についてはやはり「個人のもの」を持っておきたいと考える人も多いはずです。
このあたりは、家族で話し合いをした方がよいでしょう。

家庭用脱毛器は、決して安いものではありません。
だからこそ、家族でうまく共有する方法を考えたいものですね。

家庭用脱毛器、家族で共有するのなら……

家庭用脱毛器は、家族で共有できるのがメリットです。

  • 家族で共有したいのならば、カートリッジ交換方式がおすすめ
  • 美顔効果のあるものもある
  • ただしランニングコストは意識する必要がある
  • 部位別、もしくは個人別にカートリッジを用意するのが望ましい
  • 使用頻度の違いによる不満も生まれにくい


以上の点を意識して、自分たちと相性のよい商品を選びましょう。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
498643views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
232760views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
86650views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
33493views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
22948views
ページのトップへ