脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 脱毛前にシェービングを忘れない!万が一忘れたときの対処法

脱毛前にシェービングを忘れない!万が一忘れたときの対処法

脱毛サロンやクリニックで施術を受けるときは、事前に自分でシェービングしていかなくてはなりません。でも忙しくてシェービングを忘れたり、念入りにシェービングをしたつもりでも部分的にうっかり忘れたということも!そんなときの対処法はどうしたら良いのでしょう? 

なぜ脱毛前にシェービングが必要なの?

サロンやクリニックで脱毛をするとき、事前に自分でシェービングをしなくてはならないことがほとんどです。シェービングを忘れたり剃り残しがあると、サロンによって対処法は変わります。キャンセルになったり、剃り残し部分は施術をしてもらえなかったりすることもあります。中には施術なしで1回分、消化扱いになるサロンもあるので、シェービングを忘れたら大変です。

シェービングしないと脱毛効果が得られにくい

サロンではフラッシュ脱毛と呼ばれるものが、クリニックではレーザー脱毛が主流です。どちらも体毛のメラニン色素に反応して、毛根の毛母細胞という細胞を破壊し、体毛の生え変わりを抑えます。シェービングを忘れたことで毛が長く残っていると、毛根までパワーが届かず、破壊する効果が得られにくいのです。
フラッシュ脱毛で十分な効果を得られるには、毛の長さを2mm程度に抑えるのが良いとされています。できれば施術の前日までにシェービングを終えておくと、肌の炎症なども落ち着くので安心です。

ムダ毛があると肌ダメージを受けやすい

事前にシェービングをしておけば、メラニン色素に反応して熱エネルギーとなり、ムダ毛の部分と毛根に熱が伝わります。メラニン色素の量が多いほど、反応して発する熱量は多くなるのです。
処理を忘れた場合、ムダ毛が伸びているので、他の皮膚にも熱が伝わり、火傷などのダメージを与える恐れがあります。さらに反応する量が多くなるため、感じる痛みも大きくなります。
火傷を抑えて、痛みをなるべく小さくするためにも事前のシェービングは必要なのです。

シェービングの分、施術に時間がかかる

低価格を売りにしているサロンは、回転率を上げなくてはなりません。1人当たりの施術にたくさんの時間を取ることはできないのです。効率よく、多くのお客様の施術を行うためにもシェービングの時間を省いて短縮しています。

またクリニックでなくサロンの場合は、刃物を使うことが医療行為にあたる可能性があるため、シェービングが一切できないところもあります。そのため、基本的に各自でシェービングを行うシステムとなっているサロンが多いのです。

シェービングを忘れないために。日頃の対処法

シェービングを忘れたときの対処法も大事ですが、1番良いのはシェービングを忘れないようにすることです。そして、もし忘れた際にも余計な出費やスケジュール変更は、なるべくない方が良いですよね。シェービングを忘れないようにするための対処法を少しだけ、お伝えします。ちょっとしたことですが、試してみてください。

スケジュールにアラームをセット!

シェービングはゆっくりと余裕を持って丁寧にしたいものです。そのためにも前日に時間を取れるよう、シェービングを忘れたりしないように、あらかじめスケジュールに入れておくと良いです。

念には念を入れて、携帯のスケジュールのアラーム機能をオンにしておけば、うっかりシェービングを忘れたということもなくなります。それでも心配な人はサロンへ行く日の前日だけでなく、前々日にも「シェービング!」と入れておきましょう。

施術時間までに余裕を持って家を出る

もしサロンへ向かう途中でシェービングを忘れたことに気づいても、時間と気持ちに余裕がなくてはどんな対処法を施すことも難しくなります。サロンによっては時間までにこない場合はキャンセルになったり、施術時間が短くなったりするところもあるので、時間に余裕をもって家を出るようにしましょう。

目安としては予約時間の約30分前にはサロンに到着できるくらいがオススメです。そうすればシェービングを忘れたことに気づいても、また交通機関に遅れが出たとしても対処法を考えるゆとりができます。待合室でコーヒーやお茶を飲めるところもあります。何も問題がなく早く着いたら、サロンの待合室でゆっくりしても良いのです。

シェーバーをカバンに入れるクセをつける

脱毛のためにサロンへ通うときは、自分のシェーバーをカバンに入れて持っていくクセをつけましょう。万が一シェービングを忘れたとしても、カバンへ入れるときに気づくはずです。部分的に剃り忘れがあると気づいたときもシェーバーがあればすぐに対処することができます。

できるサロンが限られますが、サロンでシェービングしてもらう事態になっても自分のシェーバーがあれば安心です。

シェービングを忘れたときの対処法

どんなに気をつけていても、「シェービングを忘れた!」ということもあるかもしれません。サロンやクリニックでは、予約時間が決まっているため、キャンセル扱いになったり、シェービング代が別途かかったりします。

そんなことにならないために、事前のシェービングを忘れないように気をつけるべきです。でも、ついうっかり忘れたのなら、そんなときの対処法はどうすれば良いかをお教えします。

シェーバーを購入してシェービング

サロンへ向かう途中にシェービングを忘れたと気づいたら、大きな商業施設などのトイレの個室でもシェービングできますよね。もしシェーバーを持っていなければ、コンビニやドラッグストアでシェーバーを購入できます。肌を傷めないように、シェービングクリームを利用するのも良いです。

ただし、施術当日の皮膚に油分のあるクリームや制汗剤のパウダーなどが残っているのは脱毛効果に影響するので、しっかりと落とす必要があります。腕などであれば石鹸で洗い落とすこともできますが、拭き取り用のウェットティッシュなどを用意するとベターです。

シェービングを忘れたときちんと話す

「サロンの予約時間まで余裕がない」「サロンに着いて気づいてしまった」そんなときは仕方ありません。対処法としては、正直にシェービングを忘れたと伝えましょう。
サロンによっては施術が受けられずに、予約をしなおさなくてはならない場合も。対応はまちまちです。シェービングを忘れたらどのような対処法になるのか、前もって確認しておくことです。
剃り残しがあったり、背中など手が届きにくい場所はサロンでシェービングしてくれるところも多いです。でもシェービングを忘れた場合、サロンでやってくれるところは少ないのが現状です。ただ、担当者によっては施術部分が少ないときなどは特別にサービスでシェービングをしてくれる場合もあります。
あくまで厚意でやってくれるというスタンスなのであまり期待はできませんが、ダメもとでお願いしてみるのも対処法のひとつです。

追加料金でシェービングしてもらう

大手のサロンでは予約がぎっしりなので少ないですが、別途有料でシェービングをしてくれるところもあります。シェービングメニューがあるサロンでは、多少お金がかかってもそれを利用するという対処法もあります。

ただし予約状況によって制限される場合もあるので、要確認です。また衛生面の問題から、シェービング代とは別に新しいシェーバーを購入しなくてはならない場合も多いので、注意しましょう。

シェービングを忘れないようにするのが1番

脱毛前のシェービングは必須です。忘れないようにするのが1番ですが、忘れたときの対処法を常に頭の片隅に置いておきましょう。

  • 時間に余裕を持って家を出る。
  • シェーバーを常に持ってサロンへ行く。
  • シェービングを忘れたときはサロンへ着く前にシェービングを。

まずは、この3点に気をつけてみてくださいね。

 

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
498643views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
232761views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
86651views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
33493views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
22948views
ページのトップへ