できるだけ痛くないところで脱毛したい!脱毛サロンはどう?

「脱毛は痛そう」と思っている人にとっては、「痛くない施術をしてくれる脱毛施設」を探すことは非常に重要な課題です。今回は、クリニックと比べて痛みが少ない施術が可能な「脱毛サロン」について取り上げます。

脱毛はどれくらい痛いのか?

「痛みに弱い人」にとっては、「脱毛の痛み」はとても気になるものでしょう。特に、脱毛が初めての人は不安に思うのではないでしょうか。あまりにも痛みが強いと通うことも難しくなりますから、これが気になるのは当然のことです。
ここでは、「そもそも脱毛をするときは痛いのか」「痛みはどれくらいなのか」「痛みが強い部位はどこなのか」などについて見ていきましょう。

「痛みの定義」は非常に難しい

実のところ、脱毛の「痛み」を定義するのは非常に難しいものです。痛みというのは極めて主観的な感情ですし、一元化して考えるのは極めて困難なものだからです。ある人にとっては「まったく痛くない」と感じられる施術であっても、痛みに慣れていない人にとっては「ひどく痛かった」ということもあり得ます。

ただ、どれほど肌に優しい脱毛であっても、「100人が受けて、100人全員がまったく痛みを感じなかった」という施術はないでしょう。脱毛するということは、肌に刺激を与えることでもあるからです。

痛みはどれくらいなのか

痛みは個人差が大きいものではありますが、一応の目安としては、「レーザー脱毛は輪ゴムで肌をはじかれたような痛みを感じる」といわれています。
光脱毛の場合はそれよりは痛みが少ないと考えられています。これは、光脱毛の方がレーザーよりも弱い威力の機械を使っているからです。ニードル脱毛の場合は評価が分かれており、「涙が出るほど痛い」という声も上がっています。

痛みが強い部位はどこ?

「脱毛のときに感じる痛み」は、部位によっても異なります。たとえば、VIO部分。この部位はもともとデリケートな場所でもあり、毛も密集しているため、痛みが強いといわれています。また、同じようにデリケートな部分である「顔」も痛みを感じることが多く、ちょっと勇気がいる場所です。
これらの部位を脱毛したいと考えているのであれば、事前に他の部位(ワキなど)を、同じ脱毛サロン、同じクリニックで脱毛してみましょう。それらの部位でも「耐えがたいほど痛い」と思うのであれば、また別の対策が必要だからです。

脱毛サロンで「痛くない脱毛」を目指す

脱毛サロンとクリニックでは、脱毛のときの痛みが異なります。ここで取り上げるのは、クリニックよりも痛みが少ないといわれている脱毛サロンです。脱毛サロンの方がクリニックよりも痛みが少ない理由、それでも痛むときにはどうすれば良いのかなどについて見ていきましょう。
「脱毛サロンとクリニック、どちらに脱毛に通うべきか」という選択にも大きく関わってくる話です。

脱毛サロンの「光脱毛」について

脱毛サロンで使われている脱毛機器は、名前の違いはあれど、そのほとんどが「光」を使った脱毛です。(脱毛サロンによってはワックスなどを使っているところもあります)
この「光」というのは、ムダ毛の黒い色素にあたることで、それを破壊します。名称自体は「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」などさまざまですが、その威力自体はそれほど変わりません。

光脱毛とレーザー脱毛の違い~「痛み」が異なる理由

脱毛サロンで使われている「光」は、波長が非常に幅広いものです。そのため、クリニックで使われているレーザー脱毛(波長が単一であり、効率よく処理できる)よりも、効果は弱いのです。

しかし、この「弱さ」は、「痛み」に焦点をあてた場合、メリットとなります。脱毛サロンの脱毛は、レーザー脱毛に比べて威力が弱いため、痛みも少なく、ストレスなく施術を受けることができるのです。

それでも痛い、という人は?

ただ、脱毛サロンでの脱毛も、レーザーでの脱毛に比べると痛みは少ないとはいえ、人によってはやはり強い痛みを感じることはあります。
その場合は、まずはスタッフに相談しましょう。
場合によっては出力を調整するなどの対策をとってくれます。また、脱毛の前にきちんと冷やすと痛みも感じにくくなります。

また、脱毛サロンに行く前の前準備として、「毎日の生活のなかで、日焼けをしないように心掛けて生活すること」も、「痛くない脱毛」を実現するためには必要です。日焼けした肌というのは痛みを強く感じやすくなるからです。また、日焼けの程度がひどいと、施術自体も断られますから、日焼け対策は万全にしておかなければなりません。

クリニックで受ける脱毛、痛みから逃れるためには?

クリニックでの脱毛は、脱毛サロンの脱毛以上に痛みを強く感じます。なぜなら、クリニックで使われる機械は、脱毛サロンのそれよりもずっと強力だからです。そのため、脱毛サロンでは「あまり痛くないな」と感じた人であっても、クリニックの脱毛では声をあげてしまった、ということも。
しかし、クリニックはあくまで「病院」。そのため、脱毛サロンではできない対策をとることができます。

クリニックの脱毛は痛みが強い

脱毛サロンよりも強力な「レーザー」や「ニードル」を使って行うクリニックの脱毛は、脱毛サロンでの脱毛に比べて、痛みが強いといわれています。
「脱毛サロンの3倍くらいの痛みだった」という人もいるほどであり、「涙が出た」という人もいます。このように、クリニックでの脱毛は、痛みとは無縁ではいられません。しかし、クリニックだからこそできる対策もあります。それが、「麻酔」です。

麻酔クリームと麻酔テープ

脱毛に使われる麻酔は、クリニックごとで違いがあります。「麻酔クリーム」「麻酔テープ」「笑気麻酔」「鎮静麻酔」に大別されますが、ここではまず、「麻酔クリーム」と「麻酔テープ」を取り上げましょう。
麻酔クリームは施術部位に塗り付け、麻酔テープは施術部位に貼りつけるものです。リドカインという成分のおかげで痛みを感じにくくなります。
麻酔クリームは局所的に使われます。全身に塗り付けてしまうと、中毒症状が生じることがあるからです。
麻酔テープは比較的効き目が弱く、使われる薬剤の量もそれほど多くはありません。

これらは、「肌に塗る、貼りつける」という手法であるため、精神的な抵抗感も覚えにくく、使いやすい麻酔です。

笑気麻酔の利用

「笑気ガス」「笑気麻酔」といわれる麻酔は、麻酔クリームや麻酔テープとはまったく考え方が異なります。
笑気ガスは、体に浮揚感を与える気体です。これを吸い込んだ人はお酒に酔ったような感覚を覚えます。人によっては眠気に襲われることもあるため、「寝ている間に施術が終わった」というケースもあります。また、この笑気ガスによる麻酔は、それほど不快感がなく、気持ちよさを感じることもあります。
ただ、麻酔クリームが局所的な効き目であるのに比べて、笑気麻酔は全身に作用するもの。妊娠の可能性がある人は避けるべきです。

さらに強力な「鎮静麻酔」も選択肢としてはあります。しかしこれは男性のヒゲ脱毛のときに使われることがある麻酔であり、女性の脱毛の場合はほとんど使用されません。

「痛くない脱毛」を目指すために

脱毛には、少なからず痛みがあります。

  • 痛みは個人差が大きい
  • 痛みを減らすためには、日焼け止めを使うなどして、肌を黒くしないことが大切
  • 痛みが強い場合は、脱毛サロン側に相談する
  • 脱毛サロンの方が、クリニックより痛みは少ない
  • クリニックの場合は麻酔が使える

このことを念頭において、「痛みが少ない脱毛」を選ぶとよいでしょう。