脱毛後にワキガが悪化!?脱毛するとニオイが強くなるって本当?

ワキガでお悩みの人は、誰にもいえないけど実は多くいるのかもしれません。その悩みを解消しようと思って、ワキの脱毛をしようと思っている人もいることでしょう!
しかし、脱毛をすると、ワキガがさらにひどくなったりニオイが強くなるといった噂も耳にします。今回は、そんな謎について、調べてみました。一体何が本当なのでしょうか?

脱毛してもワキガにはならない!

ワキガというのは、昔から遺伝が関係しているとも言われています。体の体質的なものといってもいいでしょう!体質的といっても、はいそうですか!という訳にはいかないのが女性かとは思います。このワキ毛も、1本が太かったり、毛穴から2本生えていたりすると、汗腺が多いという事も言われています。のちほどお話しますが、ワキにある汗腺が体質で多かったりすると、ワキガになるとも言われます。ですので、脱毛したら急にニオイが気になったなどということがあっても、脱毛が原因でワキガにはならないので安心してくださいね!

脱毛後にニオイが強く感じるのはなぜ?

では、脱毛が原因でなくても、どうしてニオイが強く感じるのでしょうか?これは、ワキの汗腺が関係していると言われています。ワキの下の汗腺には2種類の汗腺があると言われています。


  • 【エクリン腺】
  • エクリン腺から出る汗というのは、高い確率で水分で出来ているためニオイはほとんどないといわれています。


  • 【アポクリン腺】
  • アポクリン腺から出る汗は、皮膚にもともとある常在菌が分解されアポクリン腺と一緒に混ざり酸化することで、ワキガ特有のニオイが出るのです。

このように、ワキガの原因となるのは、このアポクリン腺なのです。誰でも、暑かったり通気性が悪い場所などは汗をかくと思います。どうしても、ムダ毛がなくなると、ワキの下の毛穴は、汗が出やすくもなり、皮脂などもたまりやすくなります。今までは、毛があることで毛穴の部分に蓋をしてしまっていたが、それがなくなってしまいます。

これが、脱毛後にニオイを強く感じる原因となるのです。どうしても、私たちのワキは鼻に近い部分にありますから、ちょっとした動きであれ?とふと不安になることもあるでしょう!そんな時は、市販されているニオイをケアするものを使用したりするのもおすすめです。

脱毛後は逆にニオイが改善されることの方が多い!

ワキガになる!という噂もありますが、実は脱毛をすると、ニオイが改善されることがあるのです。どうしてでしょうか?さきほどお話した、汗腺から出る汗も毛があることで、一緒に混ざり合って原因を作っていましたが、脱毛することによってワキにこもらなくなります。毛の毛根部がなくなることで、繁殖していた雑菌の数も減りますから、ニオイも減少していくのです。

また、レーザー脱毛も毛の毛根部に対して照射しますので、ダメージを与え、アポクリン腺を破壊することができるのです。脱毛することで毛穴も小さくしますので、起こりやすい環境のリスクを上げないということになるのです。毛とアポクリン腺は混ざると酸化しますから、ムダ毛をなくすことで原因を作りづらくしていくのです。

ワキガは体質にも関係アリ?

普段は口に出さないだけで、実はワキガに悩んでいる人はたくさんいます。脱毛をしたら、ニオイを感じるようになって、とっても焦ったという経験もある人もいます。

でも、脱毛をしてもワキガにはならないので安心して下さいね!きちんと、そのメカニズムを理解頂けたことでしょう。なかなか、自分の目ではっきりとわかるものではないので難しいかもしれませんが、体質も大いに関係があります。みなさんもきちんと理解して、脱毛をした時にはこういった事が起こるかもしれないと頭にいれておくと、ドキッとすることも減るかもしれません。

脱毛にまつわる効果のホントの話を特集!