医療クリニックでバスト脱毛する際に心にとめておきたいこと

胸のムダ毛は手入れが面倒なので、いちいち処理をするのが大変と感じる人が多いのではないでしょうか。そんなひとには医療クリニックでの脱毛がおすすめです。そこで、医療クリニックでバスト(胸、乳輪回り)の脱毛をする際に、心にとめておきたいことをまとめました。

バスト(胸、乳輪回り)の脱毛の流れ

脱毛をはじめて行うというひとは、実際に医療クリニックに行くまで不安に思うことが多いのではないでしょうか。医療クリニックは“医療機関”の1つなので専門医の指導のもと、安全に施術を行うことができるというメリットがあります。また、バストの脱毛というといろいろと疑問に思うことがあるかもしれませんが、基本的な脱毛の流れや注意点は他の部位とあまり変わりありません。

専門家によるカウンセリング

医療クリニックで脱毛をする際は、はじめに専門家によるカウンセリングを受けます。「バストの脱毛には痛みはあるのか」「脱毛終了までどのくらいの時間がかかるのか」「費用はどのくらいかかるのか」など疑問に思う点や不安なことがあれば、専門家が親身になって丁寧に答えてくれます。医療クリニックは予約制のところがほとんどなので、カウンセリング前に予約を入れ、当日はゆっくりと話を聞くことができます。そしてカウンセリングの内容に納得できれば契約をします。契約後は当日そのまま1回目の施術を行うことができるクリニックもありますので、事前にHPか電話にて確認しておくとよいでしょう。当日の施術が可能な場合は、事前にムダ毛の処理をしておく必要があるため、前日の夜までにバストのシェービングをしておくことをおすすめします。

脱毛前のお手入れ~施術の開始

脱毛を受ける際には事前にムダ毛の処理をしておき、脱毛の効果が発揮されやすいようにします。そしていよいよ施術の開始です。バストの脱毛は上の服を脱いで行います。なので当日は脱ぎ着しやすい服装で行くようにしましょう。施術中は上半身が裸の状態になりますが、まわりはカーテンなどで隠されているので周囲の目を気にする必要はありません。また、温度調節をしてもらえますので、寒くなった場合はスタッフの方に伝えるようにしましょう。着替えの時間と、両方のバストの施術の時間のトータルで30~40分程度かかります。予約制のクリニックが多いですが、当日の混雑具合によっては時間がかかる場合もありますので、余裕をもって行きましょう。

アフターケアでは「保湿」を徹底する

施術が終わると服を着て、すぐに帰宅することができます。施術後は皮ふが少し熱を持っていることもありますが、基本的には痛みもなく、そのまま通常通りの生活を送ることができます。また、施術を受けてすぐにムダ毛がなくなるわけではありません。だいたい施術から7日ほどたってから毛がスルスルとぬけて、しだいにツルツルになっていきます。ムダ毛にはそれぞれ「毛周期」というサイクルがあるので、その毛周期に合わせて何度か脱毛するうちに、すべてのムダ毛がなくなっていきます。また、施術後に「施術を受けた日は日焼けをしないように」「肌の保湿をしっかりするように」などと注意を受ける場合もあります。施術後は肌が敏感になっていますので、日焼けに注意し、化粧水やクリームをぬるなどしてしっかりと保湿をするようにしましょう。

バスト(胸、乳輪回り)の脱毛をするうえで知っておきたいこと

医療クリニックでの脱毛の流れを理解したうえで気になるのが、「脱毛にかかる費用」「通う回数」です。乳輪などのまわりの毛は細いため、脱毛の難易度が高い部位ともいえます。なので、完全にムダ毛が生えなくなるまで脱毛するには回数がかかり、そのぶん費用も高くなりがちです。また、乳輪自体の脱毛を行うことはできません。乳輪などの色素のある部分には脱毛のレーザーが反応してしまい、やけどを引き起こしてしまう可能性があるからです。

費用は医療クリニックによってピンキリ

バストの脱毛をするうえで気になるのが、トータルでかかる費用です。「医療クリニックの脱毛の相場はどのくらい?」「ほかの部位と比較して高い?」という疑問を持っているひとも多いのではないでしょうか。医療クリニックでのバストの脱毛の費用は“ピンキリ”になっています。だいたい施術開始から脱毛終了まで、トータルで7万円~20万円ほどが相場のようです。クリニックにより価格設定は幅広くなっているので、事前にHPなどで調べておくことをおすすめします。

だいたい5~10回で脱毛が完了

バストの脱毛は“乳輪まわりを含む胸全体”が施術の範囲となっていることが多いです。そして医療クリニックに通う回数は5~10回ほどが一般的となっています。毛の薄さ、レーザーの効きやすさなどには個人差がありますので、脱毛回数にも幅があります。医療クリニックによっては、はじめから多めの回数で契約をする場合や、5回ほどで1度終了し、効果が足りないと感じた場合にさらに回数を追加するオプションもあります。

顔やバストのムダ毛は薄くて効果が出にくい

ムダ毛にも濃さや太さがちがうため、脱毛の効果もその毛によって変わってきます。とくに顔やバストといった毛質の細い部分は効果が出にくくなっています。はやく脱毛効果が出てほしいともどかしく思うかもしれませんが、バストの脱毛は根気強くつきあっていく必要があります。また、レーザーでは反応しにくい薄いムダ毛には「ニードル脱毛」を行うのも1つの方法です。ニードル脱毛は毛穴1つ1つに針を刺して電流を流すという方法で、比較的に薄い毛にも効果が出やすくなっています。

医療クリニックで脱毛を行う魅力

医療クリニックで脱毛を行う利点がいくつかあります。それを理解するにはまず、「医療クリニックでの脱毛」と「一般的なサロンで行う脱毛」との違いを把握する必要があります。サロンで行われている脱毛は「光脱毛」といい、ほかにはIPL脱毛、プラズマ脱毛などと呼び名があります。光脱毛と比較して医療クリニックで行われるレーザー脱毛は、照射パワーが強く、得られる効果が高いという特徴があります。

サロンよりも通う回数が少ない

医療レーザー脱毛は高い効果が期待できるため、サロンよりも比較的に少なめの回数で脱毛を終えることができます。サロンで使用される機械は低出力のものが多いため、回数が増えるので、長期的に通う必要があります。それに比べて医療クリニックのレーザーはパワーが強く、バストのような生える毛が薄い部分にも効果が出やすいです。

医師の診察があり安心して施術を受けられる

サロンには医師はいませんが、医療クリニックでは専門医師による診察を受けることができます。もしも施術の際になんらかのトラブルがあった場合もすぐに診てもらえますし、必要の場合はその場で薬を処方してもらうことができます。確実な効果で安全に施術してもらいたいというひとは、サロンよりも医療クリニックのほうがおすすめです。

ぎりぎりまで照射できるのできれいな仕上がりに

バストの脱毛の際には、乳輪自体にレーザーをあてることはできません。サロンでは照射によるやけど防止のため、乳輪のぎりぎりまでは照射できないところが多いです。それにくらべて医療クリニックではレーザーの照射口がせまく、乳輪のぎりぎりの部分まで照射することができます。乳輪周囲を徹底的に脱毛したいというひとには、医療クリニックでの脱毛がおすすめです。

バストの脱毛は医療クリニックで確実に行える

ここで今回のポイントを整理します。

  • 個人差はあるが5~10回で脱毛終了
  • 費用は7~20万円ほど
  • 乳輪自体は脱毛できないが、ぎりぎりまで照射できる
  • 医師の診察もあり、必要の場合は薬の処方もしてもらえる

バストの脱毛は毛が細くレーザーが効きにくいですが、効果の高い医療クリニックで確実に行うことができます。