ビキニラインを全部脱毛する時に気を付けることは?

ビキニライン(Vライン)とは身体のショーツ付近のラインです。デリケートゾーンのなかでも見えやすい部位ですので、脱毛の時にできるだけトラブルがないようにする注意が必要です。ではビキニラインの脱毛にはどのような方法があり、どんな事に気を付けて脱毛を行うのがいいのでしょうか?自己処理とサロンでの脱毛の違いや注意点をお答えしていきます。

全部剃る?自分で剃る?Vライン処理の注意点

デザイン選びの注意点

ビキニラインのデザインの定番人気は、下着からはみ出さず程よい量が保てる「逆三角形」です。海外女性に人気が高い「Iライン」状のみ毛を残すデザインも、水着から毛が出る事態を防げます。

また、同様に欧米で人気のある「ハイジニーナ」は、ビキニラインを全部剃り、ツルツルの状態にしたものをいいます。ハイジニーナは「衛生的」という意味を持つように、デリケートゾーンの毛の蒸れから解放されることが人気の理由の1つです。 日本でも流行り始めているハイジニーナですが、ビキニラインを剃る時には、日本では全く毛がないことに抵抗がある人も多くいることを忘れてはいけません。デザイン次第では温泉や大浴場などで逆に恥ずかしい思いをする事もあるので、脱毛の際には十分検討しましょう。

脱毛の手段を選ぶ際の注意点

ビキニラインを脱毛する方法には、自分で処理する方法と、サロンやクリニックで専門家の施術を受ける方法があります。ビキニラインはデリケートゾーンで敏感な部分なので、専門家による施術も自己処理も、衛生的に慎重に行うことが大切な点は変わりません。

自己処理の場合は自宅で手軽に行える点がメリットです。しかし、処理してもすぐに生えるため、何度も脱毛しなければいけません。また、専門家のようにキレイに完成する事は難しいというデメリットもあります。 サロンやクリニックの場合は費用が掛かりますが、シェーバーやクリームで永遠に自己処理をする事と比較すると、時間も手間も一定の期間で済みます。

サロンやクリニックでは、契約前のカウンセリングで施術の方法、肌状態、通う回数、金額などをしっかりと相談して行うことが大切です。

自己処理の方法とセルフケアの注意点

Vラインを自分で脱毛する方法と注意点

ビキニラインをサロンやクリニックで脱毛するのには抵抗があるという方、手軽に済ませたいという方のために、自己処理の方法についてご紹介します。 まずは処理をする形を決め、処理部分の毛をハサミでカットし、カットした部分をお肌に優しい顔用のシェーバーで剃っていきます。この時少し肌を引っ張りながら上から下へシェーバーで剃るのが上手に剃れるコツです。

毛抜きや脱毛クリーム、カミソリのほか、ヒートカッターという熱で毛を短くする方法もありますが、デリケートゾーンはお肌も敏感なのでおすすめしません。特にカミソリは肌を傷つける心配があるので使用しないほうがいいでしょう。

自己処理前後は、肌トラブルを防ぐために必ずお肌にクリームなどを塗って保湿を行い、肌ケアをしましょう。

脱毛後に気を付けたいこと

脱毛を行った後のお肌はとても敏感です。ビキニラインがキレイになったからといって、「さぁ、水着を着て日焼けをするわよ!」なんて、もっての他です。紫外線は施術後のお肌には大敵なので、脱毛後の敏感な肌にはなるべく直射日光が当たらないように、気を付けて生活しなければなりません。

日頃から日焼け止めクリームで紫外線からお肌を守りましょう。 自己処理で脱毛した肌はとても乾燥しやすい状態になっていますので、クリームやオイルで肌ケア&保湿を行いましょう。脱毛前後のお肌のケアは肌トラブルを起こさないためにとても重要になってきますので、しっかりとお肌に水分補給と保湿をしてあげましょう。

専門家に依頼するならサロン?医療クリニック?

Vライン脱毛の痛みはどのくらい?

ビキニラインのようなデリケートゾーンの脱毛は難しく、何度も自己処理をして肌が色素沈着するのが嫌という方もいるでしょう。ではクリニックとサロンのどちらでケアをするのがいいのでしょうか?

サロンでは、専用のジェルを塗り光を毛根に照射して毛を少なくする方法が多く使われます。レーザーよりも痛みが少ないのが特徴ですが、クリニックに比べて回数が多くかかります。

クリニックでは医療レーザーを毛根に照射して毛を少なくする脱毛方法が主流です。医療用のレーザーは出力が強いため、完了までの回数はサロンと比べて減ります。しかし痛みはサロンよりも強くなります。特にビキニラインなどのデリケートゾーンは、個人差はありますが、毛根が太く痛みも感じやすくなります。

サロンもクリニックも事前カウンセリングを行っているので、しっかりと相談して、自分に合った脱毛法を選びましょう。どちらもプロの手を借りて脱毛するので、自己処理よりも綺麗に仕上がります。

Vライン脱毛の痛みを軽減する方法

脱毛の痛みを「輪ゴムでバチッと弾いたような痛み」と表現する人が多いといいます。ビキニライン全部を脱毛するとなると、範囲も広く、痛みは見過ごせませんね。ビキニラインを脱毛する前にどんな事を気をつけると痛みを軽減できるのでしょうか?

まず、生理前のお肌が過敏な時期は、痛みを感じやすいため避けた方が無難です。その他、体調が良くない日や寝不足、疲労が多い時も、痛みを強く感じたり肌トラブルになりやすいので避けましょう。そして、基本的に乾燥した肌の方が痛みを感じやすいため、日頃から脱毛箇所を保湿クリームやボディーローションでケアし、脱毛前にはお肌をしっとりした状態にしておくと痛みを感じにくくなります。 

どうしても痛みが不安な人は医療クリニックがおすすめ

どうしても痛みに不安のある人の場合、サロンでは弱めに光照射をしてくれます。しかし、弱めの光を照射しているので効果も薄れますし、回数がかかりますので、弱い痛みの脱毛を数多くかけなければなりません。 それに対して医療クリニックのレーザー脱毛は、1度の照射は痛みが強いですが通う回数は減ります。また医療脱毛の場合は麻酔が用意されているので、クリニックより費用がかかりますが、痛みに弱い人にはおすすめです。 自分にあった脱毛を考えましょう。

キレイなビキニラインをゲットしよう!

ビキニラインの脱毛方法やデザインには色々あります。全部脱毛することのメリットやデメリット、それぞれの脱毛方法の特徴や注意点を考慮しながら、自分に合った脱毛方法を見つけましょう。肌トラブルのない、すっきりとしたキレイなビキニラインを手に入れたいですね!