脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > アトピーでも脱毛できる?医療レーザー脱毛とお肌の基礎知識

アトピーでも脱毛できる?医療レーザー脱毛とお肌の基礎知識

アトピー性皮膚炎など肌の弱い方にとって不安なのが、どのような手段で脱毛をするかという問題でしょう。脱毛をするためにお肌を傷つけてしまうと、お肌の炎症を引き起こしてしまったり、かえってシミやソバカスの原因を作ってしまうこともあります。適切な脱毛法の基礎知識を身につけましょう。

レーザーを使った2つの脱毛方法

医療用レーザーによる脱毛

医療用レーザーという治療器具をご存知でしょうか。シミやソバカスを治療するためのレーザーとして広く知られている医療器具ですが、実はこの医療用レーザーが脱毛にも大いに活躍しています。現在多くの医療機関で脱毛用の治療として医療用レーザーが使われているのです。そもそも医療の世界でレーザーが使われだしたのは、シミやソバカスなどお肌の濃い色(黒や茶)をした部分を治療する目的でした。

この医療用のレーザーの黒い色素を分解するという性質を利用して、現在はムダ毛の根元にある細胞を破壊する目的で広く利用されているのです。 黒や茶色などの色素にレーザー光が当たると、このレーザーにより熱が発生し、その色素が破壊されるのですが、このレーザーの出力を調節し、毛の根元にある細胞にダメージが与えられるように調節したレーザーが現行の一般的な脱毛治療用のレーザーなのです。

光照射による脱毛

光照射による脱毛は医療用レーザーのレーザー治療とよく似ていますが、その性質や光の種類、光の強さが異なっているものが大半。多くの脱毛サロンで用いられています。光照射に使われる光には毛の根元にある細胞を直接破壊するほどの出力はありません。

そのため、非常にゆっくりと時間をかけて毛の細胞を弱らせていき、成長を抑制することになります。そのため、お肌へのダメージも少なく、非常に使い勝手のいい脱毛法として知られています。お肌に負担がかかるのが不安だったり、何回か繰り返しながら痛みの少ない脱毛を行いたい方にうってつけの脱毛手段だといえます。

アトピー性皮膚炎に医療用レーザーは不向き?

医療用のレーザーは、アトピー性皮膚炎の方に向かない場合があるのをご存知でしょうか。実はレーザー光は多くの場合、水分の中を進んでいる間にそのエネルギーを失ってしまい、思うような効果が得られないことがあります。アトピー性皮膚炎の患者さんは、他の方に比べてお肌の炎症を経験している頻度が格段に高く、お肌にコラーゲンが沈着し皮膚が分厚くなっていることがあります。

水分を含んだコラーゲンが大量にある環境をレーザーで治療するというのは非常に難しく、通常のレーザー光線を使った治療では思い通りに進まないことがあります。また、医療用のレーザーは出力が大きいので、お肌にダメージを与えます。アトピー性皮膚炎の方は注意して脱毛処置を受ける必要があるのです。

肌の弱い人は脱毛するとき要注意

アトピー性皮膚炎の方の脱毛

アトピー性皮膚炎の方が脱毛治療を受ける時には、いくつか気をつけなければならないことがあります。アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、健常な方に比べて硬くなっていたり色素沈着をしていることが多く、レーザーの効果が薄れてしまう可能性があるのです。

特に、アトピー性皮膚炎は慢性的なお肌の炎症で、遺伝子の異常などでお肌の角質層が乾燥し、外部からの刺激に反応しやすくなってしまう病気です。アトピー性皮膚炎の患者さんにレーザー脱毛の施術をすると、炎症が起きてしまったり、痛みを引き起こしてしまう危険があります。そのため、しっかりと対策を練りながら脱毛をする必要があります。

アトピー性皮膚炎の方が脱毛治療を受ける時の注意点

アトピー性皮膚炎の方が脱毛治療を受ける時には、お肌のコンディションを万全に整える必要があります。医療用レーザーを使って脱毛をする時には特にお肌にダメージを与えやすいので、お肌の水分補給や乾燥の防止策を相談しながら脱毛を行っていきましょう。

アトピー性皮膚炎の方は、特に外陰部に症状が出てくることが多いので、VIO脱毛などを行う時には皮膚のトラブルに関してかなり警戒しなくてはなりません。医療用のレーザー、光照射のどちらでも、アトピー性皮膚炎の患者さんは、炎症の予防対策をし、また、万が一炎症が起こっても大丈夫なように準備をしておく必要があるのです。

お肌のコンディションは皮膚科医と相談して

お肌のコンディションのコントロールは、皮膚科の医師に指示を仰ぐことが大切です。皮膚の専門的な知識を元に乾燥肌のケアの方法やかゆみのコントロール法を身につけると、非常にお肌のコンディションが改善します。お肌の状態が悪いために脱毛を先延ばしにするのは非常にもったいないので、しっかりと計画を立て、脱毛の日程に合わせてコンディションが整うように手配しましょう。

肌の弱い人の脱毛は医療機関を活用しよう

トラブルは対処すれば問題ない

脱毛の施術は、肌疾患の有無にかかわらず肌トラブルが起こる可能性があることは広く知られています。リスクとどうやって付き合いながら脱毛をするのかということが重要なのです。脱毛治療の種類によって起こりうる副作用やトラブルの種類は様々で、それぞれの脱毛法に応じて起こりうるトラブルを予測しながら脱毛治療を受けるようにすると、脱毛にともなうトラブルは防ぎやすくなります。

トラブルを恐れるあまり脱毛を避けていては、いつまでもムダ毛の問題を解決することができません。しっかりと脱毛するためには、プロの力を借りて脱毛してもらうのが1番です。しっかりとトラブルに対処できる準備をして、脱毛を受けるようにしてみましょう。

困った時には医療機関に

脱毛関連のトラブルの大半は、医療機関で治療することで対処できます。また、実際に起こるトラブルで、医療機関の受診が必要になるケースはほとんどありません。以前はニードル脱毛などで毛穴周囲のやけど・化膿などのトラブルが報告され、マスコミでも取り上げられたことがありました。

しかし、最近では治療に必要な出力の範囲が明確に定められ、ほとんどトラブルが起こらなくなっています。 やけどなどの重いトラブルは非常に稀な例なので、心配ありません。お肌がヒリヒリしたり、少しピリピリと痛みが走る場合には、早期に冷却したり痛み止めを使用することで、ほとんどの場合は改善します。トラブルを予想して過度に不安感を持たず、気をつけて脱毛に臨むことが大切です。

万が一トラブルがっても医療機関ならば安心

もちろん、肌の調子は人それぞれです。そのため、医療機関で受けた場合でも、「1000人施術しても、だれにもトラブルが起きない」とは約束できません。しかし、医療機関での施術の場合、万が一トラブルが起きたとしても、相手は医師。すぐに対応ができます。患部を見せれば、必要に応じて薬の処方が行われます。

また、アリシアクリニックの場合は、「当病院での脱毛で肌トラブルが起きた場合、その診療費や薬の代金の一切を病院側が負担する」としています。このような点でも、病院で受けられる医療レーザー脱毛は信頼性が高いと言えるでしょう。

 

アトピー性皮膚炎でも脱毛できる!

アトピー性皮膚炎の方でも、レーザーを使った脱毛で多くの方がきれいな素肌を手に入れています。しっかりとお肌のケアをしたり、脱毛後に十分な処置を行えば、それだけでお肌のダメージが軽減します。適切な対処法を学んで、望み通りのつるつるのお肌を目指してくださいね。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
498643views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
232761views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
86651views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
33493views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
22949views
ページのトップへ