脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 本当は危ない?VIO脱毛と肌の大切な基礎知識

本当は危ない?VIO脱毛と肌の大切な基礎知識

VIO脱毛を行うときに注意したいのがお肌のコンディションです。お肌の状態が悪いとどうしても脱毛時に皮膚を傷つけるので、デリケートゾーンの脱毛をお考えの場合は注意が必要です。お肌の状態を把握した脱毛との付き合い方を身につけ、安全な脱毛を目指しましょう。

脱毛を受ける時には肌の事も考えよう

脱毛をする、というと、良い面ばかりクローズアップされがちです。しかしこの「脱毛」という行為は、時に肌に、大きなダメージを与えます。特に肌が弱い人ならばなおさらです。ここでは、脱毛が原因で起こる肌トラブルについて見ていきましょう。肌がもともと弱い人にとっては、脱毛は、とても危ないものになることもある、と意識しなければなりません。

脱毛で肌がダメージを受ける

皆さんは脱毛と肌のダメージの関係を考えたことがあるでしょうか。
例えば自宅でできるブラジリアンワックスによる脱毛や、クリニックで行うニードルやレーザーを使った脱毛、サロンによる光脱毛などさまざまな脱毛の手段があります。
実はこれらの脱毛はどの手段を使ってもお肌にネガティブな影響を少なからず与えてしまいます。正しい肌のケアの方法や、正しい脱毛との付き合い方を考えなければ十分な脱毛効果を得ることができないのです。

脱毛が原因でお肌にダメージを与えてしまってはせっかくきれいな素肌を手に入れようとしているのに本末転倒です。お肌にとって本当に負担の少ない脱毛を目指すためにもしっかりとお肌の仕組みや脱毛の仕組みを理解することが大切です。

お肌が弱い人は脱毛法を考えよう

お肌が弱い人というのは数多くいます。乾燥肌の人や、アトピー性皮膚炎の方など、数多くの方がお肌のトラブルを抱えています。

脱毛というのはお肌に本来植わっているはずの毛を無理やり抜く処置なので、脱毛を行った後のお肌には炎症が起こったり、お肌の奥で微小な出血が起こることがあります。特に無理な力で毛を引っ張って脱毛するような方法や、毛根を直接壊すような処置方法はお肌にダメージを与えるので要注意です。特にお肌が弱い人は要注意。

お肌にダメージを与えてしまうと皮膚はメラニン色素などの色素を作り出してしまうのでシミやソバカスの原因にもなります。お肌にダメージを負わなくてもすむようにしっかりとお肌のコンディションを整え、お肌の負担が少ない脱毛法を選択することが重要です。

時には危ない思いをする人も

また、もっと重篤な症状が出る人もいます。
脱毛治療時に使われていたクリームにお肌が過敏に反応してしまい、湿疹ができてしまったり、脱毛時にやけどを負ってしまうこともあります。

お肌のトラブルを抱えやすい人は、脱毛に特化した治療を行っている医療機関で脱毛治療を受けた方がいい場合もあります。お肌の状態を見極め、いざという時には医師と相談できるような関係を築いておくことが重要です。しっかりと計画を練り美しいお肌を手に入れましょう。

VIO脱毛は本当は危ない?

VIO部分は、非常にデリケートな場所です。そのため、ほかのところを脱毛するとき以上に、きちんと状態を把握しておかなければなりません。「ニキビ」「炎症」は、特に脱毛と関わりが深い部分です。ニキビや炎症がある部分に照射することはさらなる肌トラブルを招くことに繋がりますし、逆に手入れがきちんとされていないお肌を脱毛することによってこれらの症状が起きることもあります。

VIO脱毛は特に注意が必要な部位

デリケートなお肌の方に特に注意してもらいたいのがVIO脱毛です。生理やおりものなどのトラブルが原因で皮膚や粘膜がかぶれてしまうことがあるので、脱毛前の皮膚や粘膜の状態に注意をしておきましょう。粘膜がかぶれていたり、痛みがあったりする状態で脱毛を続けていると、脱毛をした後にニキビのような炎症ができてしまったり、人によってはヒリヒリとした痛みを感じて生活に不快感を感じるかもしれません。

デリケートゾーンは細菌も繁殖しやすいのでとりわけ注意が必要です。日頃から異常を感じる場合にはすぐに医師に相談し、適切な治療を受けるように心がけてください。

正しい脱毛方法で安全を確保

脱毛に関連してトラブルが起こることはもちろんありますが、すべての人にトラブルが起こるというわけではありません。実はほとんどの脱毛法は非常に安全な範囲で治療や施術が行われていてお肌にダメージが出たとしても少しヒリヒリする程度のダメージしか負いません。

それではなぜ脱毛時にこのようなトラブルが起こってしまうかというと、実は脱毛時のお肌のコンディションが悪いことにその一因があるのです。

こんなお肌はちょっと危ない

「肌がひどく黒ずんでいる」「肌に炎症が起きている」「肌にニキビができている」という場合、たとえ安全な脱毛方法を選んでいたとしても、それによってトラブルが起きてしまうことがあります。

レーザーや光の脱毛は、黒い色素を選んで攻撃します。そのため照射対象のお肌が黒ければ、そこを攻撃することになり、火傷などを招くことがあります。また、炎症やニキビが起きているところは非常にデリケートですから、照射されたときに痛みを強く感じることがあります。

デリケートゾーンの脱毛の注意点

VIO部分以外にもデリケートな部分はあります。それが、「顔」です。顔は人の印象を大きく左右するところですし、万が一傷ついてしまったとなると、治療も難航します。「お肌もまた、VIO部分と同じようにデリケートな部分なのだ」ということを意識して脱毛を受けるようにしましょう。また、アフターケアも必須ですので、きちんとお手入れを。

VIO以外のデリケートゾーン

実はVIO脱毛を行う部分以外の部分にもデリケートな部分があります。
代表的な部分では顔です。顔は他の部分よりも皮膚が薄く、刺激を受けたり物理的に接触することにより肌の表面の皮膚がダメージを受けてしまいます。

ヒリヒリと痛みを感じたり強いかゆみを感じるときには特に注意が必要で、このような場合には顔の脱毛は避けた方がいいでしょう。また、胸元の皮膚も非常に薄いことが知られています。胸回りや首回りの皮膚は薄くてダメージを負ったときにすぐに擦りむけてしまったりかゆみが出てきてしまうので、脱毛前にはしっかりとケアをしておきましょう。

VIO脱毛以外にも注意したい脱毛部位はたくさんあります。全身の肌の弱い部分を知り、脱毛に生かしていきましょう。

粘膜の部分の脱毛は要注意

顔の脱毛に注意が必要なのは、実は「粘膜が近い」という問題点があるからです。口の周りや目の周りに脱毛処置を行うときには粘膜に悪影響を与えないような工夫が必要です。異常を感じたらすぐに施術をやめてもらいましょう。

皮膚異常に粘膜はデリケートなので、炎症によって細菌が繁殖したり、逆に粘膜から出てくる水分でダメージ部分が悪化しないように気をつけるといいかもしれません。

粘膜が近い部分は非常に病気に弱く、薬を使ったり、むやみに湿布などを当てたりすることができません。お肌に負担をかけないように治療するのが難しい部分なので、脱毛の前にはしっかりお肌のコンディションを整え、安心して脱毛を受けられるように心がけましょう。

脱毛後の対処が大切

脱毛後にトラブルを防ぐには脱毛後の処置が重要です。ヒリヒリとしている場合には冷却措置をとるべきです。あまりにも痛みがひかないようであれば、クリニックに受診してください。

また、脱毛後には極力直射日光を皮膚に当てないことが大切です。紫外線がダメージを受けた皮膚に作用するとメラニン色素などの色素が作られてしまい、シミやソバカスの原因となります。しっかりとお肌のダメージをコントロールし、美しい素肌を作るように心がけてください。

デリケート部分の脱毛の危険性を知ろう

デリケートな部分の脱毛は、なかなか難しいものです。

  • デリケートな部分は、肌のコンディションを整えることが重要
  • 肌の状態が悪いときに脱毛をすると、ニキビや炎症が起きる可能性がある
  • また、ニキビや炎症が起きている状態で施術すると、悪化することもある
  • 特にVIO部分と顔は注意が必要
  • アフターケアも必須

上記のような点を踏まえて、脱毛に踏み切りましょう。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
488780views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
197772views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
82273views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
29282views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
21180views
ページのトップへ