脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 初心者必見!安易な自己処理によっておこる悲惨な肌トラブル

初心者必見!安易な自己処理によっておこる悲惨な肌トラブル

「時間とお金を考えるとなかなか踏み出せなくて、ムダ毛は自己処理。」そんな女性も多いのではないでしょうか?しかし安易な自己処理は悲惨な肌トラブルを引き起こしかねません。本記事では脱毛方法ごとに、起こりやすい肌トラブルとその回避方法をご紹介いたします。

剃刀・シェーバーによって起こる肌トラブル

雑菌と皮膚表面のやわらかすぎに注意

剃刀や防水シェーバーを用いて、お風呂でムダ毛の自己処理を行う方も多いのではないでしょうか。身体を洗ったボディーソープを潤滑剤代わりに脱毛し、剃ったあとはシャワーでさっと流せば良いので手軽に行うことができ、出先でも挑戦しやすいですよね。ついついこの方法で自己処理している方が多いと思いますが、実はこれ、悲惨な肌トラブルを起こしやすいNGな方法なんです。

浴室は湿度が高いので、雑菌にとっては最高の活動場所です。またお風呂に入ることで毛穴が開き、脱毛しやすい状態になる半面で、皮膚表面がやわらかくなりすぎて傷つきやすい状態になっています。これでは必要のない角質まで傷つけ、剥ぎ落としてしまうのです。

肌の乾燥・剃る向きに注意して自己処理を

剃刀やシェーバーを用いて脱毛処理する場合には、専用クリームを用いること・毛の流れに逆らわないことの2点に注意して行いましょう。専用クリームを用いることで、肌の乾燥を防ぎます。肌が弱い方・敏感肌の方は、専用クリームの代わりにワセリンを使ってもOKです。

また毛の流れに逆らわないように剃ることで、剃刀やシェーバーを用いたときに起こりがちな、毛の断面が斜めになったが故に、毛の断面が大きくなり黒いブツブツが目立つこと・角質が削がれて色素沈着を起こすことなどの悲惨な肌トラブルを防ぐことができます。例えば足の場合には下から上に剃りあげるのではなく、毛の流れに沿って上から下へ、と覚えておきましょう。

毛抜き・電動脱毛によって起こる肌トラブル

最も肌トラブルを引き起こしがちな脱毛方法

毛抜き(ピンセット)を用いて行う方法は、場所を問わずにさっと行うことができるので、この方法で日ごろの脱毛自己処理をしている方も多いのではないでしょうか?実は最も肌トラブルを引き起こしやすいのが、毛抜きや電動脱毛を用いての自己処理です。どうしても毛穴を広げてしまうため、雑菌の入る隙間を作ってしまい炎症を起こす危険性が高まります。

また1つの毛穴から2本の毛が生えるようになるトラブルや、うまく根本まで毛を抜けず埋没毛になったり色素沈着を起こしたりすることも。うまくお手入れしないと結果としてムダ毛を目立つようにしてしまう、安易に手を出すことはおすすめできない自己処理方法です。

毛抜きの殺菌とクールダウンでトラブル回避

電動脱毛の場合は、機械をケースにいれたり肌に触れる部分にキャップをしていたりしますが、毛抜きは化粧ポーチなどにぽいっといれていませんか?まずは使用する毛抜きを消毒しましょう。除菌シートで拭くだけでも構いませんし、2~3分熱湯で煮沸消毒するのも効果的です。

脱毛方法は、ムダ毛を生える向きに沿って1本ずつ引き抜くだけ。自己処理が終わったら、肌をクールダウンさせてあげましょう。肌をすばやくクールダウンさせてあげることで、毛穴が開きっぱなしになり雑菌が入る可能性を低くします。アイスパックを乗せても良いし、広範囲の場合は水で湿らせたコットンやタオルを患部に当てるだけでもOKです。

脱毛クリーム・ワックスによって起こる肌トラブル

脱毛クリームと脱毛ワックスは全くの別物

脱毛クリームは、基本的には除毛のためのクリームです。肌にクリームを塗って数分放置した後、ふき取るだけで完了とシンプルな方法が特徴です。脱毛ワックスより肌への負担は少ないです。しかしあくまで効果は除毛なので、脱毛クリームと名前が付いていても毛が根からごっそりとれるわけでないことを理解しておきましょう。

対して脱毛ワックスは、肌にワックスを塗ってその上からシートを貼ったら、一気に引きはがすことで脱毛を行う方法です。毛が根本から抜けるので、次回処理までツルツルな期間を長く維持できるのが特徴です。しかし肌への負担がとても大きく激痛が走りますし、シートを貼るために5mm程度までムダ毛を伸ばしておく必要があります。

肌への負担を考え少ない回数で自己処理を

脱毛クリーム・ワックスはともに薬剤を使用しますので、「買ってみたけど肌に合わない…」なんて脱毛以前の悲惨な肌トラブルも生じやすいです。特に敏感肌の方や体調の悪い時・生理中の使用は、肌がかぶれて赤くなったりすることも。この場合脱毛による肌トラブルのみならず、「せっかく購入したのに使えない」なんてお財布事情としても悲しいことに発展します。

脱毛時に発生する肌トラブルは、とにかく肌への負担が大きいことから起こります。自己処理のなかでも、最も広範囲にトラブルを起こしやすい脱毛方法であると頭にいれておきましょう。脱毛後はしっかりとクールダウンして、保湿ジェルやクリームで潤いを与えてあげるのも忘れずに。

デリケートゾーンの脱毛はプロに任せて

恥ずかしさよりも安全・安心を優先して

どの自己処理方法でも共通していえることに、デリケートゾーンの脱毛は控えるべきということが挙げられます。その理由は、やはりどの方法も肌トラブルを引き起こしやすいという点です。大事な箇所に雑菌が入ったら大変ですし、万一悪化した際には病院を受診する必要があります。

「デリケートゾーンの問題で、病院に行くのは恥ずかしい」という理由で病院に行かなかったら、将来子どもをもつことができないような大事に発展する可能性も無きにしもあらずです。 デリケートゾーンの脱毛は、恥ずかしさはあるでしょうが脱毛サロンやクリニックにお願いするほうが無難です。

自己処理は正しい知識を身に着けてから

安易なムダ毛自己処理によって、起きてしまいがちな肌トラブルを脱毛方法ごとにご紹介しました。脱毛方法ごとにトラブル回避ポイントや対策をご紹介したので、ぜひ次回のムダ毛自己処理時には実践してくださいね。正しい知識を身に着け、いつでも肌見せが怖くないような自慢できるスベスベ肌を手に入れましょう。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
502088views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
243603views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
88013views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
35017views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
23685views
ページのトップへ