脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > ニードル脱毛で起こりうるトラブル!知っておきたい対処法

ニードル脱毛で起こりうるトラブル!知っておきたい対処法

ニードル脱毛は永久脱毛ができる脱毛法で、多くのメリットがあります。しかし、脱毛に際して様々なトラブルが起こることも知られているので、付き合い方が重要です。ニードル脱毛のメリットとデメリットを把握し、有効活用ができるように基礎知識を蓄えておきましょう。

ニードル脱毛のトラブル

ニードル脱毛のトラブル

ニードル脱毛というのは、毛穴に細い針を差し込んで通電し、毛根を作っている細胞を破壊する脱毛法です。確実に毛根にダメージを与えられるので、ムダ毛を永久脱毛できます。この脱毛法は15~20年ほど前に広く行われていた脱毛法で、その当時の脱毛といえばこのニードル脱毛が基本的な選択肢でした。 ニードル脱毛は非常に効果があり、高い確率で脱毛ができる一方で、お肌に様々なトラブルを引き起こしてしまい、現在ではメジャーな脱毛法ではなくなってしまいました。

ニードル脱毛によるトラブルの代表は、毛穴のダメージです。施術中にニードルが毛穴を傷つけてしまったり、通電する時に健康な部分にまで痛みを与えてしまうので、ニードル脱毛を行うのは時に思わぬトラブルを引き起こしてしまいます。 このような脱毛に関わるトラブルが多発してしまったため、現在ではレーザー脱毛・光脱毛と合わせて行う補助的な手段として活用されているのです。

ニードル脱毛のトラブルは遅れて出てくるものもある

ニードル脱毛のトラブルの多くは一過性の炎症で、長期的にトラブルが出てくるものは少数です。しかし、一部のニードル脱毛関連のトラブルは遅れて現れるものもあり、注意が必要だといわれています。ニードル脱毛を受ける前にしっかりと症状に関する知識を身につけて、トラブルを未然に防いだり、早期に発見することが大切です。

ニードル脱毛後、ある程度時間が経って起こるトラブルの1つに埋没毛があります。通電することで毛根を傷つけ、毛を抜くことができるのですが、この時毛根が完全に死ななかった場合に起こるトラブルです。毛根が一部生きていると、毛穴の出口がふさがってしまうときに毛が皮膚の内部で伸び続けてしまい、皮膚の下でしこりのような塊を作って炎症を起こしてしまうことがあるのです。 トラブルが起こったときには、皮膚科の医師に相談すれば、埋没毛の治療を受けることができます。違和感を感じた場合には早めに医師に相談をしましょう。

不安なら医療機関での施術を

ニードル脱毛のトラブルの頻度は、現在では減少しています。また、トラブルが起こったとしても、その程度も非常に小さくなっています。ニードル脱毛関連のトラブルが不安な場合には、医療機関などでニードル脱毛を受けるのがいいかもしれません。 医療機関ではサロンよりも医療に関する正確な知識を保有しているので、万が一トラブルが起こったとしても早期に対処ができます。

ニードル脱毛のトラブルを避けるには

ニードル脱毛は最後の手段

ニードル脱毛関連のトラブルを減少させるには、まずニードル脱毛を安易に選択しないことが大切です。ニードル脱毛以外に様々な手段があるので、レーザー脱毛や光脱毛などその他の手段を選んだ後に、補助的にニードル脱毛を選択すると、リスクを減らしながら脱毛できます。 レーザー脱毛や光脱毛はお肌の内部の毛根にダメージを与え、毛の発育期間を短くする治療法なので、確実に毛根が破壊されるというわけではありません。

しかし、ニードル脱毛ほどお肌に悪影響を及ぼす可能性があるわけではないのです。まず、これらの脱毛法でしっかりと脱毛を施し、それでも残ったしつこいムダ毛に対してニードル脱毛をするのが効果的でしょう。 ニードル脱毛を最良の選択肢と考えるのではなく、補助手段として活用することでお肌の負担も少なくなり、結果的にトラブル頻度を軽減できます。ニードル脱毛の使い所に注意してみましょう。

ニードル脱毛を使う場所を限定する

ニードル脱毛は、使い所によっては非常に便利な脱毛法になります。ニードル脱毛は皮膚が黒ずんでいたり、もともとメラニン色素が沈着しているような部位の脱毛に向いています。このようなレーザーや光の脱毛が適していない部分には積極的に活用すると非常に効率良く脱毛できるのです。

例えば、乳輪や脇の下などの限定した場所にニードル脱毛を用いるのは、非常に便利な方法です。 この他にも、指の背などのもともと毛が少ない部分にはニードル脱毛をするのが向いています。少ない回数で確実に脱毛できるので、指の毛が目立っている場合にはニードル脱毛を有効活用するようにしてみましょう。指はもともと皮膚も非常に丈夫で毛穴も浅いので、それほど強い電流を流さなくても脱毛ができます。 うまく部位を限定しながらニードル脱毛のメリットを生かしてみましょう。

ニードル脱毛は高リスク?

リスクはコントロールできる

ニードル脱毛は確かにリスクが高い脱毛法です。しかし、そのリスクはしっかりと使い方を工夫すればコントロールできるもので、完全に否定してしまうのは非常にもったいない考え方です。利用部位を限定したり、ニードル脱毛以外の脱毛法を組み合わせて脱毛を考えるのが大切なのです。 ニードル脱毛関連のトラブルの大半は、起こった後の対処をしっかりとすれば大きな問題を残さずに治療を終えることができます。目立たないトラブルであればお肌を清潔に保つだけで回復するので、不安な場合には皮膚科の医師に相談すれば問題が解決できます。 しっかりと利点を生かして永久脱毛できるように利用することが大切なのです。

ニードル脱毛以外の選択肢もある

ニードル脱毛以外の選択肢で最近頻繁に用いられているのはレーザー脱毛と光脱毛です。これらの脱毛の選択肢を最初に用いてその効果を判定してからニードル脱毛を用いることが多く、最近ではレーザー脱毛だけで十分な脱毛効果を得ることができるようになってきました。しかし、これらの脱毛法も完璧ではないので、やはり永久脱毛が期待できるニードル脱毛は欠かせない選択肢といえそうです。 ニードル脱毛は、以前はトラブルが起こりがちで問題となったってしまいましたが、完全に悪い選択肢ではありません。その他の選択肢と組み合わせて有効活用できるように考えてみることが大切なのです。

ニードル脱毛とリスクの関係まとめ

ニードル脱毛は確かにトラブルが起こりやすい脱毛法ですが、そのメリットを全て捨ててしまうのは非常にもったいないものです。しっかりとリスクを把握しながらニードル脱毛を行うとリスクを下げて施術を受けることができます。ニードル脱毛の活用法を考え、しっかりと脱毛法を選択できるようにするのが重要です。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
502089views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
243607views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
88014views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
35017views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
23685views
ページのトップへ