ムダ毛は抜き続けると生えてこないようになるって本当?

「抜き続けるとムダ毛が生えてこないようになる」なんて噂を聞いたことはありませんか?この噂は果たして本当なのでしょうか?本記事ではムダ毛の性質や、セルフ処理をする際に起きやすい肌トラブル・セルフ処理時のポイントなどについてお話いたします。

ムダ毛を抜き続けると生えてこなくなる噂はウソ

眉毛と身体のムダ毛は性質が異なる

「抜き続けたら、眉毛が生えてこなくなっちゃって」なんて話を聞いたことはありませんか?実はこれ、眉毛を抜いた上から化粧をしていると、眉毛の生えていた毛穴に化粧品が詰まり、新しい毛が生えにくくなるからです。決して人体の症状として、ムダ毛が生えなくなったわけではありません。毛穴に化粧品が詰まって毛が表に出にくくなっているだけなのです。

眉毛は加齢と共に生える能力を失っていく性質をもっていますが、体毛はもっと強い再生能力をもっています。そのため身体に生えるムダ毛は、抜いたら抜いた分生えてこようとします。また毛穴に化粧品が詰まっている状態は、不衛生で肌トラブルの原因となるため、眉毛でさえ抜くことはあまりおすすめできません。

埋没毛・毛嚢炎・シミや黒ずみといった色素沈着

自然な状態ではかかる必要のない力が皮膚・毛にかかるので、毛を抜いた後の皮膚・毛穴には大きなダメージが生じます。まずムダ毛が最後まで抜けきれず途中で切れてしまった場合、その毛は埋没毛になります。埋没毛は皮膚の透明感を損ねるだけでなく、黒いぶつぶつを余計に目立たせる存在に。 綺麗に抜けた場合も、安心はできません。綺麗にムダ毛が抜けた場合、毛穴がぽっかりと開いた状態になりますよね。ここに菌が入り込むと毛嚢炎というニキビのような状態を起こします。毛嚢炎はニキビと同じで治るものですが、赤黒くなりシミや黒ずみを起こし一生の色素沈着を起こす可能性を秘めます。一時ムダ毛を処理したい気持ちから、一生の傷・シミを負うにはデメリットが大きすぎます。

セルフ処理は準備・後処理をしっかり行おう

セルフ処理の方法は主に4種類

リスクを踏まえても、どうしてもセルフ処理したいときはありますよね。主にムダ毛のセルフ処理には、毛を剃る方法・抜く方法・焼き切る方法・薬剤を使う方法があります。最も手軽で多くの方がチャレンジしているのは、場所を問わずにさっとできる毛を抜く方法ではないでしょうか? 毛を抜く方法には、毛抜きピンセットを用いる方法・ワックスや脱毛テープを用いる方法・電動の毛抜きシェーバーを用いる方法があります。後半2つの方法は、自分に適した製品を見つけるまで、いくつかの製品を試す必要があります。そのため本記事では、最も手軽で誰でも挑戦しやすい毛抜きピンセットを用いてのセルフ処理方法についてお話いたします。

自分に合った毛抜き探しからスタート

まずはツィザーと呼ばれる毛抜き(ピンセット)選びからスタートしましょう。毛抜きの先端をよく見比べると、平らなもの・斜めのもの・丸いものがあります。それぞれに善し悪しの特性がありますが、どのタイプでも必ずチェックしたいのが先端の嚙み合わせ。嚙み合わせが悪いと、うまく毛を挟むことができなかったり・無駄に力だけかかり、途中で毛がちぎれてしまうことになり埋没毛を増やすことにつながります。

毛抜きは100円ショップで売られている安価な物から、職人手作りの高価な1点ものまで幅広く展開され価格はさまざま。先端の形状・嚙み合わせに着目しながら、自分の手のサイズに合ったものを見つけましょう。

毛抜きをする際のポイント

まずは毛抜きをする部位を、蒸しタオルなどで温めてあげましょう。温めることで毛穴が広がり、肌に伝わる負担を少なくして毛を抜くことができます。毛の流れに逆らうことがないよう向きに注意し、ためらわず引き抜くのがポイント。抜き終わったら肌が落ち着いてきたころに、刺激の少ない乳液や保湿クリームを使ってアフターケア。菌が入り込む隙間を与えないようにしましょう。 毛抜き本体も使用前・使用後には消毒しましょう。アルコールを含んだ除菌シートで拭くだけでも良いですが、2~3分を目安に煮沸消毒するとなお良いです。

やはりおすすめはセルフ処理よりプロの技

広範囲の脱毛はやはりプロに任せて

毛抜きを用いたムダ毛処理方法はやはり痛みを伴いますし、生えていない状態を維持するためにはかなりこまめな処理が必要となります。肌への負担を軽減することはできても、やはりそこは素人仕事。前述したような肌トラブルを起こしてしまう可能性は、セルフムダ毛処理を行うたびに高まります。

広範囲の脱毛を行う場合には、やはりプロに任せることをおすすめします。どうしてもムダ毛が生えてこないようにしたい方は、通常の脱毛コースを受けるのではなく、永久脱毛コースのあるクリニックやサロンをセレクトしましょう。価格は上がりますが全身の永久脱毛をお願いすることで、セルフ処理の手間・ストレスからは生涯解放されます。

プロに任せる期間はムダ毛セルフ処理はお休み

毛抜き処理を長年続けていると、ムダ毛が生えてくる周期が乱れてしまうだけでなく、肌の色素沈着・硬化が起きるので、いざ脱毛クリニックやサロンへ行っても正しい効果を得られない場合があります。また脱毛クリニックやサロンへ通っている際に、ムダ毛のセルフ処理を行うなんて並行した脱毛作業は絶対NG。いくら早く脱毛したくても、これは絶対にやってはいけないことです。

脱毛作業並行NGな理由には、ムダ毛処理をしている際に、血が出るような怪我を伴ってしまった場合、その部分への施術ができなくなることが挙げられます。また血は出なくとも、薄皮1枚を剥がしてしまうことはセルフ処理にの中でよく起きることです。これもクリニックやサロンでの施術の妨げになります。

セルフ処理を行う際は無理のない範囲で

毛を抜き続けても、生えてこなくなることはありません。生えてこないようにするためには、サロンやクリニックで永久脱毛をする必要があります。セルフ処理を始めると、毛を抜いた時の快感が癖になり夢中になって長時間やってしまいがちですが、あくまで無理のない範囲で行うことが重要です。正しい知識をもって、綺麗な肌を手に入れましょう!