脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 失敗なんてしない!家庭用脱毛器の選び方のポイントはコレ

失敗なんてしない!家庭用脱毛器の選び方のポイントはコレ

サロンやクリニックに通う必要がなく、自宅にいながらサロンと同じような脱毛処理効果が期待できる家庭用脱毛器。 好きな時間に使うことができるため、多忙な毎日を送っている方にもぴったりな便利なツールです。 ここでは家庭用脱毛器の失敗しない選び方をご紹介します!

家庭用脱毛器には代表的な3つの種類がある

家庭用脱毛器その1『レーザー脱毛器』

家庭用脱毛器の失敗しない選び方を紹介する前に、家庭用脱毛器の種類について知っていただきたいと思います。

家庭用脱毛器の機種の1つとして、レーザー脱毛器があります。 この脱毛器はレーザーを毛のメラニン色素にあて、毛根に直接ダメージを与える仕組みになっており、強い痛みを感じることが多いのですが、高い脱毛効果を得ることができます。 特にスネなどの骨に近い部分やデリケートゾーンなどの場所は強い痛みを感じます。

また、1度のレーザー照射面積が狭いことから、照射する回数を多くする必要があり、時間を要する特徴があります。 太く密着した毛の脱毛を得意としていますから、剛毛な方や男性のヒゲ脱毛に使用したいというときにおすすめです。

家庭用脱毛器その2『光脱毛器』

家庭用脱毛器の代表的な種類の1つに光脱毛器もあります。 光を毛のメラニン色素にあてて、毛根にダメージを与えるものです。 レーザー脱毛器と比較して強い痛みを感じることがなく、1回の照射面積が広いことから、1度にかかる脱毛の時間が短くなります。

また、光脱毛器はレーザー脱毛器より光の出力数が弱くなっているため、肌トラブルになりにくいメリットもあります。 脱毛時に毛穴が引き締まって、きめ細やかな美しい肌状態になる効果も期待できます。 光脱毛器にもたくさんの種類がありますが、光の出力が弱いタイプを選んだ場合、痛みを軽減することはできますが1度あたりの脱毛効果が低下するデメリットがあります。

効果を実感するにはレーザー脱毛器以上に時間を要するケースが多いですから、脱毛を繰り返し行う必要があります。

家庭用脱毛器その3『サーミコン脱毛器』

家庭用脱毛器には毛を焼いて切るサーミコン脱毛器と呼ばれるものもあります。 正確には脱毛ではなく除毛器なのですが、レーザー脱毛器や光脱毛器とは異なり、毛を焼き切るタイプとなるため、熱さを感じるものの、痛みを伴うことはほぼありません。

シェーバーと同じようにムダ毛処理を行いますから、脱毛1回にかかる時間が早いという特徴があります。 また、サーミコン脱毛器によるムダ毛処理では毛先を丸くカットするため、カミソリで処理した後の独特のチクチク感がなく、比較的リーズナブルな価格帯であること、小型で扱いやすいというメリットがあります。

ただし、熱でムダ毛処理を行う脱毛器ですから、毛が焼ける臭いがきつく、使用する人によっては不快感を感じてしまう場合もあります。

家庭用脱毛器の失敗しない選び方のコツ

コストパフォーマンスが良いものを選ぶ

家庭用脱毛器を本体価格のみで選ぶと必ず失敗します。 これは本体やカートリッジの照射回数が決まっているためです。 家庭用脱毛器の本体価格がリーズナブルだったから購入したのに、いざ使うとなるといろんな追加料金が必要になり、失敗したというリアルな口コミも多いのです。 そのため、必ずランニングコストのことも考慮して家庭用脱毛器を選ぶようにしてくださいね。

コストパフォーマンスが良い家庭用脱毛器の特徴としては、交換できるカートリッジタイプや1カートリッジにおける照射回数が多いもの、照射範囲が広いことが挙げられます。 もし本体価格が高くても、この3つのポイントを重視して購入するように心がけましょう。

処理したい部位の脱毛が可能かチェックする

腕や足のみ、脇やデリケートゾーンにも使用ができるなど、家庭用脱毛器にはそれぞれ脱毛できる部位が異なります。 脱毛したい部位に対応していないアイテムを選んでも意味がありませんから、ご自身の処理したい部位の脱毛が可能か事前にチェックするようにしてくださいね。

また1部位を処理すると他の部位も脱毛したくなるのが普通です。 できるかぎり処理できる部位がたくさんある家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。 その他にもデリケートゾーンなど敏感な部位を処理する際には安全性も重要ですから、アフターフォローなどの保証がきちんと付いている安全性にも優れたアイテムであるかどうか、実際に利用した方の口コミなども参考にするようにしてください。

継続的な使用がしやすいか確認する

家庭用脱毛器を1度だけ使用してもムダ毛レスな美肌が完成するというわけではありません。 何度か脱毛器で処理を行わないと毛が生えてこなくなりませんから、継続的に使用できるかという点も選び方の重要なポイントとなります。

少し前までは家庭用レーザー脱毛器がブームになっていましたが、照射範囲が狭いのと時間を要すること、痛みや重み、音がうるさいなどのデメリットから継続的な使用が困難になるケースは少なくありませんでした。

近年では騒音がしないレーザー脱毛器も販売されていますが、継続して脱毛を行いたい場合は痛みが少ない、重たくない、うるさくない、照射範囲が広くスピーディーに脱毛できるという4つのポイントを押さえた家庭用脱毛器を選ぶのがおすすめです。

家庭用脱毛器の失敗しない選び方その2

脱毛器のランキング1位に騙されない

たくさんの種類が提供されている家庭用脱毛器。 使用を検討している方であれば、どの家庭用脱毛器が人気を集めているかランキング上位のものをネットや雑誌などで探す人がたくさんいるはず。

しかし、情報源によってはどのアイテムもランキング1位を謳っているため、高い脱毛効果や安全性に優れた家庭用脱毛器がどれかわからないですよね。 この1位と表記されているのは販売台数がトップというものではなく、ある一定の条件下で1位を獲得したことがあるということです。

要するに大手の通販サイトで提供されている何らかのランキングで1度でも1位を獲得したり、ある時間帯にたまたま他の商品の購入者がいなかったという場合でも、それぞれ1位と表記することができるんです。 そのため、ランキング1位と表記されているから選ぶのではなく、機能性や安全性に重きをおいて購入するようにしてくださいね。

保証期間・アフターフォローを確認する

脱毛サロンやクリニックに通うことを考えると、比較的安いお値段で脱毛することができる家庭用脱毛器。 しかし、家庭用の脱毛器具は出力が抑えられているため、高額なのにも関わらず、長い時間をかけて使用する必要があります。 継続的な使用で毛根にダメージを与え、徐々に毛が薄く生えてこない状態になりますから、ある程度の期間は継続的な使用が必要なのです。

そのため家庭用脱毛器にきちんと保証期間やアフターフォローがあるか必ずチェックするようにしましょう。 万が一のトラブルを考慮して、故障したときは修理が可能か、製品の保証期間はどの程度の期間なのかも併せて確認するようにしてくださいね。

一般的に家庭用脱毛器の保証期間は1年であるケースが多いのですが、2年間の保証期間を設けている家庭用脱毛器もありますので、長期間利用を検討している方はそのようなアイテムを選ぶのもおすすめです。

正しい比較をしてから家庭用脱毛器を選ぶ

販売メーカー側の中には人気があると謳って売りたいという思いがありますから、このような状況下ではどの家庭用脱毛器が本当に支持を集めているか比較したくてもできませんよね。 そんなときは、年間販売台数や実際に購入した方のリアルな口コミを参考に選ぶようにしましょう。

ただし、 処理したいムダ毛の部位や濃さは人によって個人差がありますから、たくさん売れているから、口コミでおすすめされているからというだけで良い商品と判断してはいけません。 自分にとっての必要な条件を満たしているかどうかを、口コミなどから読み取るようにしましょう。

家庭用脱毛器の失敗しない使い方とは

照射前にカミソリや毛抜きを使用しない

家庭用脱毛器の照射前には毛の処理を行う必要があります。 ただし、カミソリの刃は皮膚にダメージを与えてしまい、肌表面に乾燥状態を引き起こす原因となりますから、カミソリの使用は避けるようにしましょう。 また、ピンセットを用いてムダ毛を抜くのも禁止です。

これは、脱毛器は黒い色素に反応して毛根にダメージを与えるため、毛抜きで毛を抜くとその部分に反応せず、脱毛効果を十分に発揮することができなくなるためです。 脱毛前や脱毛中のムダ毛処理は、電気シェーバーや除毛クリームを使うように心がけてくださいね。

特におすすめなのが電気シェーバーによるムダ毛処理です。 電気シェーバーであれば肌に対する負担がほとんどなく、肌表面を傷つけることがほぼありませんから、女性用や男性用などご自身の用途にあった電気シェーバーを使うようにしましょう。

使用前には充電しサングラスを着用する

家庭用脱毛器の中でもレーザー脱毛器は出力レベルが高い分、充電が切れるのも早くなっています。充電をしつつの使用もできないため、脱毛前には充電をしておくようにしましょう。

レーザー脱毛器は充電しながらの使用ができませんが、フラッシュ脱毛器であれば充電しながら使うことが可能です。 また、フラッシュ脱毛器を使用する場合は、光が目に当たると危険です。光を何度も見るということは、目に対する負担やダメージを与える可能性がありますから、脱毛時は必ず付属のサングラスを着用してくださいね。

今のところ失明したという報告はありませんが、自己判断せずに家庭用脱毛器に記載されたマニュアル通りに脱毛を行うようにしてください。

日焼けした後や肌が荒れている時は使わない

日焼けをしているときに家庭用脱毛器を使用するのは避けましょう。 家庭用脱毛器の脱毛方式でフラッシュ脱毛やレーザー脱毛がありますが、これらの脱毛方式は黒い色素に反応して毛根にダメージを与えることによって脱毛を行っています。 日焼けすると肌が黒い状態になりますから、肌に対してまでフラッシュやレーザーが反応し、やけどのような状態になるリスクがあるんです。

また日焼けした肌状態は紫外線によって大きなダメージを受けているため、脱毛でさらにダメージをプラスするとシミや赤みなどあらゆる肌トラブルの原因になりますから、日焼けした後の脱毛は絶対やめるようにしてください。 また、肌が荒れている状態で家庭用脱毛器を使用するのも、肌に対する負担が大きくなりますから、使わないように心がけましょう。

家庭用脱毛器の失敗しない選び方で美肌に

失敗しない家庭用脱毛器の選び方を把握しておくと、よりご自身の用途にあった脱毛ケアを行うことができます。 脱毛器の使用はすき間時間で簡単にできますが、継続的な使用を行う必要があります。 使い方の注意点と家庭用脱毛器の説明書をきちんと理解し、トラブルの原因を防いでムダ毛レスな美しいお肌を手に入れてくださいね。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
502089views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
243607views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
88013views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
35017views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
23685views
ページのトップへ