脱毛は痛い時に麻酔や痛み止めの処置をしてくれる?

itami-top

初めて脱毛するときには痛みに関する不安が大きいものです。実際に脱毛をするときにはどのくらい痛みを感じるものなのでしょうか?痛み止めや麻酔などの処置は受けられるのか調べてみました。

初めての脱毛は不安がいっぱい!痛みはある?痛いときはどうする?

女性なら脱毛をしてみたいと思われている方は多いでしょう。ですが脱毛をすることに不安を感じているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特殊な光やレーザーで毛根にダメージを与えるという方法でムダ毛を取り除くのが脱毛です。

「痛みがあるのでは・・・」

「痛みに耐えられるかな・・・」

こんな風に不安に思われるのも当然かもしれません。

特に痛みに弱い方や敏感肌の方は、脱毛がどのくらいの刺激があるものなのか、ということについても、事前に知っておきたいものですよね。


脱毛は実際にはどのくらい痛みを感じるものなのでしょうか?また、痛みを感じるとしたら麻酔や痛み止めなどの処置をしてもらうことはできるのでしょうか?

脱毛サロンとクリニックで痛みが違うの?麻酔や痛み止めなどの処置は?

itami-chigai

まず脱毛の痛みについてですが、実は脱毛サロンとクリニックとでは痛みに差があると言われています。それは脱毛法の違いによるものなのですが、その違いと痛みに対する処置について見ていきたいと思います。


痛みに差が出る理由は脱毛方法が違うためです。脱毛方法が違えば痛みの度合いも変わりますし、痛みに対する処置も変わってきます。

クリニックでの脱毛について|痛みはあるけど効果が高い!?

まずクリニックでの脱毛は医療レーザーを使って行うことがほとんどです。この医療レーザーのメリットとしては「光脱毛よりも効果が高い」ということが挙げられます。光脱毛とレーザー脱毛で同じ回数照射すると、一般的にはレーザー脱毛の方が高い脱毛効果を実感することができるのです。

ですが効果が高いレーザー脱毛にもデメリットはあります。それが痛みです。光脱毛よりも効果が高い分、痛みを感じたという方が比較的多くなっています。


また、ほぼ確実に永久脱毛ができると言われている脱毛法に、ニードル脱毛という方法があります。こちらもクリニックで行われている脱毛法で、毛穴にニードルを刺して電流を流すことによって毛乳頭を壊してしまうというものです。

これはかなり脱毛効果の高い方法ですが、レーザー脱毛とは比較にならないほどの痛みがあると言われています。

脱毛サロンでの脱毛について|光脱毛は痛くない!その理由とは?

まず脱毛サロンは光脱毛という方法を採用している場合がほとんどです。この光脱毛は、クリニックのレーザー脱毛と比較して痛みが少ないと言われているので安心です。実際に脱毛サロンで施術をした方からも、全く痛みを感じなかったという意見がとても多くなっています。

ですがクリニックのところで前述したように、光脱毛はレーザー脱毛と比較して、効果が低いというデメリットがあります。

ですから光脱毛を採用している脱毛サロンで施術をする際には、クリニックに通うよりも回数を重ねなければいけません。


もうひとつの脱毛法!痛みを感じたくないならこの方法がオススメ!

また、脱毛サロンの中には「S.S.C.方式」という脱毛法を採用しているところもありますが、これは光脱毛よりも更に痛みが少なく、お肌に優しい脱毛法です。


S.S.C.方式を採用している大手の脱毛サロン

・ミュゼプラチナム

・キレイモ

この2つのサロンは特に痛みが少ないと評判になっているサロンですので、痛みを感じるのは絶対にイヤ!という方にはオススメです。ただし脱毛効果の高さとしては、痛みが少ないだけあって光脱毛と同等か少し低いといった風になっています。

麻酔の処置が受けられる!クリニックでの脱毛もこれで安心♪

脱毛サロンとクリニックの脱毛法と痛みについてご紹介しましたが、こうやって比較してみると、多少効果は低くても脱毛サロンの方が痛みも少なくて良い、という風に感じられてしまうと思います。

ですが、クリニックでは麻酔の処置を受けることができるので、全く痛みを感じることなく脱毛をすることも可能です。クリニックでの麻酔は2種類あります。

  • クリーム麻酔
    麻酔剤をお肌の上に塗ることによって皮膚の感覚を鈍らせる麻酔です。皮膚がしびれたような感覚になります。
  • 笑気麻酔
    笑気ガスというものを吸入することで痛みを感じにくくします。意識もぼんやりとしてきますので、痛みに対する不安な気持ちもなくなります。

脱毛中の麻酔は脱毛の料金には含まれておらず、オプションとなっているクリニックがほとんどです。料金はまた別途かかってしまいますが、痛みを感じずに高い効果を実感したいという方でしたら、クリニックで麻酔をしてレーザー脱毛、というのが一番の方法です。


因みに麻酔は医療行為になりますので、脱毛サロンで麻酔の処置を受けることはできません。脱毛サロンでの痛みを減らしたいという場合は、ご自身で痛み止めを飲んでから臨む、といった準備が必要になります。

脱毛前の痛み止めは危険!?体にトラブルが起きることも・・・

脱毛サロンでは痛み止めを飲んでから臨む方法もある、という風に書きましたが、実は脱毛サロンでは痛み止めを飲んでいると施術自体をしてもらえない可能性があります。多くの脱毛サロンでは、脱毛を行う2~3日前から薬を飲むことを禁止しているからです。


ですので、脱毛サロンは麻酔をしてもらえないからといって、勝手に頭痛薬などの痛み止めを飲んでしまうと、基本的には脱毛は断られてしまいます。カウンセリングでも、服用中の薬はないかという確認があり、薬を飲んでいると脱毛の契約はできません。


実際には口頭での質問だけなので、薬を服用していてもその事実を言わなければ脱毛はしてもらえます。ですが、脱毛サロンが脱毛当日に薬を飲むことを禁止しているのは、服薬が原因でトラブルが起きる可能性があるからです。

痛み止めの服用で起きる脱毛後のトラブルとは?

では、痛み止めなどの薬を飲むことで起きるトラブルとはどのようなものなのでしょうか?それは『光線過敏症』と呼ばれる症状です。光線過敏症というのは薬剤の中に入っている成分が、光に反応してお肌の炎症を引き起こすことです。


脱毛サロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛という方法で脱毛を行いますが、これは両方ともお肌に強い光線をあてる脱毛法です。 光線過敏症は日常的な紫外線でも引き起こされる可能性があるものなので、それよりも強力な脱毛機器の光に当たれば、症状が出る可能性はかなり高まります。

光線過敏症ってどんな風になるの?危険な4つの症状はコレ!

光線過敏症が引き起こされると、一体どのような症状があらわれるのでしょうか?光線過敏症で出ることがある、代表的な4つの症状をご紹介します。

  • 皮膚の赤み・かゆみ
  • 皮膚の質感が変化してしまう
  • 水ぶくれ
  • 蕁麻疹

薬を飲んでいることを言わなければ施術はしてもらえますが、このような肌トラブルが起きる場合があります。ですので、脱毛サロンの施術前に痛み止めを飲むということも、実はかなりリスクの高い行為です。

このような症状が顔にでも出てしまったら、本当に大変ですよね。


全ての薬で光線過敏症が引き起こされるわけではありませんが、薬剤の知識がない人が判断するのは危険です。一歩間違えれば、一生痕が残るようなお肌の炎症が起きてしまいます。


結果的に、脱毛サロンでの痛みは、麻酔や薬でまぎらわせることはできないものなのです。

痛みは部位によっても違う!サロンとクリニックを使い分けるのもアリ!

実は脱毛の痛みというのは脱毛をする部位によっても大きく異なってきます。

VIOなどの皮膚が薄くて太い毛が生えている部位だと痛みは強くなりますし、背中やお尻などは毛も薄く、痛みが少ない部位だと言われています。


全ての部位を同じところで脱毛しなければならないということはありませんので、痛みに強い部位はクリニックのレーザーで、痛みに弱い部位は脱毛サロンの光で、という風に使い分けるのもひとつの手です。


痛みは感覚ですので個人差も大きいものです。ご自身が痛みに強い方か弱い方かということでも感じ方は変わってきます。痛みと効果、そして費用の面も併せて考えて、ベストな選択をしてくださいね!

脱毛にまつわる効果のホントの話を特集!