脱毛の悩みに答える総合疑問解決所|脱毛Q マニアが教えるムダ毛の悩み解消法!

> > 医療レーザー脱毛は免許が必要!必要な資格はどんな資格?

医療レーザー脱毛は免許が必要!必要な資格はどんな資格?

医療用レーザーを使うためには医師の免許が必要です。レーザー脱毛と光脱毛の違いをしっかりと把握し、サロン・クリニックそれぞれの特徴を踏まえた脱毛計画を立てる、より効果的に脱毛の施術を受けられます。しっかりとその特徴を把握しましょう。

医療レーザーの脱毛と光脱毛の違い

医療レーザーの脱毛

医療の世界にはレーザーを使ったレーザー脱毛という脱毛法があります。医療に用いるレーザーというのは工業などで用いるレーザーを応用したもので、黒い色をした色素だけを特異的に破壊することができるレーザー光線です。 レーザー光線というのは一般的な光と異なり1つの波長だけを含む光です。

このため、1つの光源から集中して光を照射することができるので、非常に効果が高く、黒い色をしたメラニン色素を分解してシミやソバカスを除去するのにたいへん適した治療法といわれています。レーザー光を照射するだけで黒いシミを除去することができるので、1日で治療を終えることができます。シミやソバカスだけでなく、毛根のメラニン色素も分解することができるので、完全な脱毛をすることが期待できる治療法です。

レーザー光線は単一波長の光を一点に照射するため、照射部位に熱を生じてしまうことがあり、人によってはヒリヒリとした痛みを治療後に感じることがあります。治療時にも痛みを伴うので、痛みに不安を感じる方はあらかじめ医師に相談をするといいかもしれません。

光照射による脱毛

光照射に使われる光は、レーザ脱毛と異なり複数の波長の光を含んでいるという特徴があります。光の波長が様々なので、皮膚に対して熱感を与えるような感覚は弱いのですが、メラニン色素を含む細胞に対する影響も非常に小さく、毛周期を考えながら照射を行う必要があります。

毛周期には成長初期 成長期 成長後期 退行期 休止期などがあり、このサイクルに合わせて光の照射をする必要があります。レーザー照射や光照射で効果があるのは主に成長期の毛だけで、この時期に毛母基という毛の根元の構造にダメージを与える必要があります。 光照射はお肌に負担が少ない治療法ですが、その分効果も低い治療法なので、レーザー脱毛よりも長期間・頻回に渡る脱毛処置を行う必要があります。

医療用レーザー脱毛を受ける前に注意する事

レーザーを使うには医師の免許が必要

医療用レーザーは医療機関で医師のみが使う事を許されている治療機器です。医療用レーザーの使用には痛みを伴うこともあり、しっかりとお肌の構造を理解しておく必要があります。医療用レーザーの有効活用には専門的な知識が求められるのです。そのため、レーザー照射を伴う脱毛を行っている場所がしっかりとした医療機関なのか把握しておく必要があります。

レーザー脱毛は効果が大きいのですが、副作用もあり、副作用に対する事前の対策や、万が一副作用が大きく出てしまった時の投薬・治療技術が必要になります。医療用レーザーと光照射による脱毛との区別をしっかりとつけ、脱毛の計画を考える時の参考にすると、安全に身体の負担を減らして脱毛治療を受けられます。

無資格のレーザーの使用はトラブルの元

レーザー脱毛は様々なトラブルをお肌に与える可能性があるので、事前にしっかりとトラブルを抑えるだけの医療技術と知識が必要になります。レーザー脱毛を行うと部位によっては非常に強い痛みを感じる事があるので、あらかじめ皮膚表面に麻酔をかけたり、治療後に必要に応じて薬を投与したり処方する必要があるので医療の知識がかなり求められます。

レーザー脱毛を無資格で行うケースというのは滅多にあるものではありませんが、医療機関に所属している医師以外のスタッフが脱毛を行い法的に問題となったケースも報道されています。レーザー脱毛によりお肌に大きなダメージを負ってしまっては、せっかくの脱毛後のお肌に傷跡が残ってしまうので元も子もありません。ムダ毛処理だけでなくお肌の美しさ向上も脱毛の大きなメリットです。しっかりとお肌の状態を把握しながら治療を行える、医師による脱毛を受けるように気をつけましょう。

脱毛を考える時の注意点

医療機関のメリット・デメリット

医療機関の大きなメリットは何といっても安全性の高さと自由度の高さです。医療機関ですので、麻酔薬を使って痛みのない脱毛治療を受けることもできますし、機材の消毒・衛生管理についても非常に専門的な知識を保有しています。麻酔薬を使えるというのは非常に大きなメリットで、痛みを感じない分、より確実にしっかりと治療をすることができます。脱毛の程度も永久脱毛といえるまでしっかりと脱毛をすることができます。

トラブルが起こった際の対応も安心できます。レーザーにより火傷が起こってしまったとしても、その後の対処が適切であれば傷跡も目立たず非常に綺麗に治すことができます。人体に直接作用する器具を用いるだけに、しっかりと安心のできる環境で脱毛治療を続けることが重要です。 一方で、医療機関にはデメリットもあります。もともと治療を行うための養成課程を経てきたスタッフから構成されているので、美容目的の知識はサロンの方が詳しいこともあります。

脱毛とお肌の色の関係や化粧の活かし方、日常的なお肌のお手入れのノウハウは、実はサロンの方が知識を蓄えていることもあるので、美容に関しての情報も得たい方にとってはサロンの方が適している側面もあります。 また、費用についても一般的には医療機関の方が多くかかる傾向があります。医師や看護師の人件費だけでなく、専門的な器具も非常に高価なものが多いためです。メリットとデメリットをしっかりと見極めながら施術を受けるように気をつけてみましょう。

サロンのメリットデメリット

サロンのメリットは美容に対する専門知識です。化粧の活かし方、お肌を美しく見せるためのグッズやお肌のケアの知識は医療機関では得られないメリットです。このような知識を有しているのはサロンの従業員がしっかりと専門学校で美容に関する専門知識を学んできたためで、医療関係者ではなかなかサロンほど詳しい知識を提供することはできないでしょう。 しかし、デメリットもあるのが事実です。医療機関ほど人体に負荷をかけた施術ができないので、毛根が再生しないほどの脱毛処置を行うことができません。

どちらの選択肢がいいの?

どちらの選択肢がいいかというのは非常に難しい問題です。短時間でしっかりと脱毛を行いたい場合には医療機関などの方が向いていますし、美容を主体にし、いかに美しくなるかという観点で脱毛を受ける場合にはサロンの方が向いている部分もあります。 それぞれメリットやデメリットがあるので、しっかりと自分の目的を考え、脱毛治療を受けるにあたりどちらの選択肢が向いているのかを考えなくてはなりません。治療の費用や回数も含めて、自分に適した選択肢を選ぶようにしましょう。

レーザー脱毛まとめ

レーザー脱毛は医師の資格が必要なほど厳重な管理が必要なものなので、サロンでは受けることができません。レーザー脱毛だけが完璧な脱毛法というわけではありませんから、目的や安全性を考慮して、どの施設でどんな施術を受けるか選ぶようにしましょう。

 

Popularity
人気の記事

脱毛Qニュース
脱毛石鹸の効果を検証!本当に知りたい石鹸の効果の実態
502089views
お金の疑問
永久脱毛の平均費用はいくら?ひと目で分かる料金早見表
243607views
脱毛Qニュース
市販の除毛クリームなどプチプラムダ毛処理グッズの紹介
88014views
脱毛の痛み
脱毛の痛い箇所・痛くない箇所!全身痛みレベルマップ
35017views
脱毛Qニュース
ブラジリアンワックスってどんなもの?脱毛効果や痛みを体験してみた!
23685views
ページのトップへ