脱毛の時は自分でムダ毛を剃って行くって本当?その理由と注意点

脱毛当日のムダ毛処理について

ムダ毛の脱毛はいくつかの方法から選択することが出来ますが、エステサロンなどで脱毛する際はいくつか準備しておかなければならないことがあります。始めてエステサロンを利用するという方は前もってそうした準備について聞いておきましょう。
エステサロンなどで行っている脱毛はある程度ムダ毛を短くしておかないと処理できない毛穴が増えたりすることがあるため、処理日の3日前から前日までの間に処理しておく必要があります。背中など処理出来ない範囲で無い限りはちゃんと処理してください。
ムダ毛の事前処理は必ず剃って行うようにしてください。ムダ毛を抜いてしまうとその時の刺激で毛穴が傷つくだけでなく、その後エステサロンで処理を行った際ダメージが余計に強くなってしまいます。

自分でムダ毛処理をしなければならない理由

エステサロンで行われる脱毛は自分で処理するよりもはるかに綺麗な仕上がりが期待できますし、何より手間がかからないのですが、その前にいくつかしておかなければならないことがあるので気をつけてください。
エステサロンなどで脱毛を行う際は事前にムダ毛を剃っておくようにしましょう。ムダ毛がそのままの状態で残っていると毛穴にまでレーザーなどの光が当たらず上手く処理できなくなる恐れがあり、ムダ毛が伸びたままだと脱毛を行ってくれなくなります。
ムダ毛の事前処理は基本的に必ず自分で行うものですが、一部の事前処理は免除されています。例えば背中など自分の手が届かない範囲のムダ毛や、Iライン、Oラインなどごくデリケートな部位の場合は、事前処理が免除される場合があるのでカウンセリング時に確認しておきましょう。

ムダ毛の自己処理で注意すべき3つのポイント

施術の前日までに今生えているムダ毛を処理するにあたって、その処理の仕方にも気をつけなければいけません。というのも、これまでのように繰り返していた処理方法のままでは当然肌を傷めてしまうことになり、場合によっては光脱毛の効果が出ない施術が受けられないケースも。
サロンのスタッフはカウンセリングの際に、この事前に行なう自己処理については詳しく案内するはずですが、ついついいつものクセで自己処理してしまう可能性もなきにしもあらず。ですが、何も難しいことではありません。本当にムダ毛の事前処理で気をつけたいポイントはこの3つ。


  • カミソリを使わないこと
  • ⇒カミソリは皮膚の表面を大きく傷つけてしまうため、今後の自己処理にも使用してはいけません。

  • 毛抜きを使わないこと
  • ⇒毛を抜いてしまうと毛周期に影響を与えるので脱毛の効果が出ず、施術が受けられなくなります。

  • 逆剃り・空剃りをしてはいけない
  • ⇒毛の流れに逆らって剃る・乾いた肌のまま剃ると傷がつき、カミソリ負けを起こす原因に!

これらの注意点を踏まえたうえで、処理をすることを忘れずに。

正しいムダ毛の自己処理方法

「じゃあどんな方法で処理すればいいの?」と思う方。
脱毛を決めたと同時に、必然的に必要となってくるアイテムを一つ用意しておくことをオススメします。
家電量販店などでも販売されている、電動シェーバー。これはサロンのスタッフからもオススメされるものです。


身近にある数百円で販売されているカミソリとは違って、皮膚の表面に生えている毛のみをカットしていくので、肌を直接傷める危険性がごく低い。肌表面に食い込むように刃を当てるものではないので、多少の見た目や手触りはこれまでと違って感じるかもしれません。使い始めた当初は違和感がある、物足りなさを感じるという声も多いのですが、使い続けていくうちに肌にかかる負担が減っていくので、ムダ毛が抜け落ちた時には滑らかさを感じるはず。
そして、そのうちに黒ずみやブツブツが減っていき、毛を剃ったあとに目に見えるムダ毛の断面のようなブツブツとした模様も感じなくなります。
かなり画期的で、脱毛を進める上では必ず購入すべきアイテムといっては過言でもありません!
脱毛はカウンセリングの当日から始まっているものと考え、第1回目の照射からより高い効果を実感できるように、しっかりと準備を整えておきましょう。


・前日までにできる範囲は自分でムダ毛の処理を。

・今までの方法じゃダメ!カミソリや毛抜きの危険性を甘くみてはいけない。

・電動シェーバーを使って正しい自己処理をしよう!

ムダ毛処理だけではない!脱毛当日に忘れていけないこと

施術前日までに脱毛部位の自己処理が必要なのはお分かりいただけましたね。でも実は、自己処理以外にも忘れてはいけない脱毛前の準備があります。うっかり忘れてしまうと思わぬ肌トラブルなどなどを招いてしまうため、自己処理と同時にしっかりと準備をして脱毛に臨みたいものです。

脱毛前の保湿をキチンとおこなう

光脱毛は特殊な光を皮膚に当てることで毛を生えなくさせる脱毛方法ですが、光を当てるときに、肌が乾燥をしていると施術時に皮膚に痛みを感じたり、脱毛後に肌の赤みが生じたりします。
このため、脱毛サロンに通っている期間は、十分な保湿が必要となりますが、特に脱毛前日には保湿ジェルなどを使い、念入りな保湿を心がけ当日を迎えるようにしましょう。また、脱毛をすることで肌は乾燥しやすくなるため、施術後の保湿も忘れずにおこなってくださいね。

紫外線対策も忘れずに

紫外線を大量に浴びることで肌は炎症を起こしてしまいます。さらに、炎症を起こしている部位に光脱毛の光を照射することで、炎症がヤケドとなり肌トラブルにつながることから、極端な日焼け肌への脱毛はできません。このため、脱毛前の日焼けなどには十分に気を付けてください。
日頃から日焼けをしていて、肌が黒くなっていると、光が毛根だけでなく、肌色自体にも反応をしてしまいヤケドにつながることもあります。ですから、脱毛をするなら紫外線対策は十分におこないうっかり日焼けなどもしないようにも心がけてくださいね。

脱毛後に注意すること

また、光脱毛では脱毛前だけでなく、施術後にも気をつけなくてはいけないことがいくつかあるので、ぜひ知っておいてください。

脱毛後の入浴について

施術前のカウンセリングでも、説明があるとは思いますが、脱毛後に入浴をすることはNG行為です。
脱毛後の皮膚は軽い炎症を起こしている状態のため、体を温めることで炎症が進み、肌トラブルにつながるからです。このほか、入浴に限らず岩盤浴やスポーツなども体を温めてしまうため、脱毛当日には避けるべきと言われています。脱毛当日は軽くシャワーを浴びる程度にしておくことが肌トラブルを防ぐ策になるのですね。

脱毛後のメイクにも注意

顔脱毛後は、メイクをしないことをおすすめします。

体同様、顔の肌も脱毛後には炎症をおこしていて肌が敏感になっています。このような肌にメイクをしてしまうと、毛穴の中で雑菌などが繁殖しやすくなりニキビなどの原因につながります。また、ファンデーションを付ける時に使用するスポンジなどが肌への負担となり、余計に炎症悪化にもつながるためおすすめできません。とはいえ、脱毛後の日焼けは禁物ですから日焼け止めだけはしっかりと使用するようにしましょう。


どうしても脱毛をした後にメイクをしなくてはならないときには、肌に負担のかからない敏感肌用のメイクアイテムなどを使うなどして、肌へのいたわりを徹底するようにしてくださいね。

脱毛を受ける際の持ち物は何が必要?

エステサロンなどで行われている脱毛ケアは非常に綺麗な仕上がりが期待できます。今回初めてエステサロンの脱毛ケアを受けるという方は最低限持っておくべきものが何か前もって知っておくと当日困らずに済みます。
持ち物と言っても大抵のものはエステサロンで用意してくれるので、自分が用意するものは身分証明書とお金くらいで十分です。初回のカウンセリングで会員カードなどを作ったならそれも用意しておくのをお忘れないようにしてください。
エステサロンでは処理の際紙ショーツなどを用意してくれます。その為服装はそうした服に着替えやすいものにしておくと便利です。気をつける点はそのくらいなので、想像以上に気楽にエステサロンの脱毛を受けることが出来ますよ。

脱毛にまつわる効果のホントの話を特集!