脱毛前後に日焼けはNG?夏の間の脱毛はどうするの?

脱毛期間中に日焼けは禁止!?日焼けしてしまったらどうなるの??

脱毛はサロンかクリニックで受けるというのが一般的ですが、どちらで脱毛を受けるにしても、強く注意されることがあります。


それは【脱毛期間中の日焼けは禁止】という点です。


夏場は知らない間に日焼けをしてしまうということも多いですし、うっかり長時間日光に当たってしまった・・・ということも多いと思います。そんな「うっかり」でも日焼けをすると脱毛を受けられなくなってしまうこともありますから、脱毛期間中は普段以上に念入りに紫外線対策をする必要があります。


それでは、脱毛期間中には一体どのような日焼け対策をすれば良いのでしょうか?


また、日焼けをしてしまった時の対応策についても考えてみたいと思います。


日焼けをしてはいけない理由がある!脱毛期間中の日焼けのリスクとは?

そもそもどうして脱毛期間中の日焼けは禁止となっているのでしょうか?実は日焼けをすることで施術に大きな影響が出る場合があるからなのです。

日焼けをすると脱毛中に負担が?痛みを感じやすくなる!?

日焼けをするとお肌の中のメラニン色素が増えてお肌が黒くなります。日焼けをした時には通常時よりも、お肌の中にメラニン色素が多く含まれていることになります。


レーザー脱毛にしても光脱毛にしてもその仕組みは、毛に含まれているメラニン色素に反応することによって、毛根に負荷をかけ脱毛をするというものです。


ですから本来であれば毛根にしか負荷をかけないはずのレーザーや光が、お肌にも負荷を与えてしまうことになり、結果的に脱毛中の痛みが増してしまう可能性があるのです。

敏感肌の方は要注意!お肌に炎症が起こりやすくなる!

こちらもレーザーや光がお肌の中のメラニン色素に反応することが原因ですが、日焼けをすると脱毛後のお肌の炎症が起こりやすくなります。


日焼けをしていなければ特に影響がないレーザーや光も、お肌の中のメラニン色素に反応してお肌を傷つける原因となってしまうのです。場合によってはやけどをしてしまうという危険性もあります。


また、脱毛前だけではなく、脱毛後の日焼けによってもお肌には炎症が起きやすくなります。脱毛後は普段よりもお肌が敏感になっていますので、紫外線に負けてしまう可能性が高くなるのです。

脱毛効果が低くなるって本当!?その理由は?

照射されるレーザーや光は、日焼けをするとお肌の中のメラニン色素にも反応することになります。そのため、同じ量、同じ時間照射していたとしても、レーザーや光の効果は分散してしまい、脱毛の効果が低くなってしまいます。


一回の照射で得られる効果が低くなってしまいますので、その分脱毛の効果を実感できるまでの回数が増えてしまうという場合もあります。


日焼けをしてしまうと無駄に脱毛回数を重ねることになってしまいますので、金銭的な負担も大きくなるのです。

脱毛をスムーズに進めよう!効果的な【日焼け対策法】3選

脱毛期間中に日焼けをすることは、リスクやデメリットしかありませんので十分な注意が必要です。紫外線が強い夏場はもちろんですが、それ以外の季節でもうっかり日焼けしてしまわないために、常に日焼け対策をしておけなければいけません。


では、脱毛期間中にはどのような日焼け対策をすれば良いのでしょうか?ぜひ実践したい日焼け対策法を3つご紹介します。

日焼け止めは弱めのものを塗りなおすのがオススメ!

日焼け止めを塗ることは日焼け対策にはとても効果的です。ですが、目的に合ったものを選んで、正しい使い方をしなければ、期待通りの日焼け予防効果が出ない場合もあるんです。


そこで、日焼け止めの選び方と正しい使い方についてご紹介します。

日焼け止めはSPF10~30のものを使用する

SPF50などのものもありますが、あまりに強いものを毎日塗っていると、日焼け止めによってお肌が荒れて炎症が起きてしまうこともあります。お肌の状態が悪いと脱毛を受けられなくなってしまいますから、強い日焼け止めを塗るのはレジャーなど長時間外出するときだけにしましょう。

2~3時間に1回は塗りなおす

日常的な日焼け対策をするのであれば、SPFが低めのものを塗りなおす方が効果的です。日中に3回程度塗りなおすことで、日焼け止めの効果を持続させることができます。

脱毛直前には日焼け止めはNG!

日焼け止めを塗っていると日焼け止めが毛穴に詰まり、脱毛ができなくなってしまいます。できたとしても当然脱毛の効果も低くなりますので、サロンやクリニックに行く日は日焼け止め以外の紫外線対策をしましょう。

日焼け止めを塗っても要注意!小物でしっかりと紫外線予防!

日焼け止めをマメに塗りなおしているから大丈夫!と過信してしまうのは危険です。日焼け止めを塗れば絶対に日焼けしないという訳ではありませんので、小物で更に紫外線対策をするのが効果的です。

・アームカバー

・日傘

・帽子

・サングラス

日焼け止めを塗った上で、これらの小物を上手に使えば日焼けの心配はありませんね。


サングラスは目に入る紫外線を防いでくれますが、目から入った紫外線は体内でメラニン色素を生成します。見落としがちな部分ではありますが、目からの紫外線対策も大切です。

食事に気をつけて日常的な日焼け対策をしよう!

更に万全な日焼け対策をするなら、普段の食事に気をつかってみましょう。ビタミンCやβカロチンなどの栄養素を摂ると、日焼けをしにくいお肌を作ることができます。また、リコピン、ビタミンE、オメガ3脂肪酸が入っている食べ物も日焼け予防にオススメです。


実際にこれらの栄養素が多く含まれている食材はこの様になっています。

・ビタミンC・・・メロン、イチゴ、ピーマン

・βカロチン・・・サツマイモ、ニンジン

・リコピン・・・トマト

・ビタミンE・・・アーモンド

・オメガ3脂肪酸・・・マス、イワシ、ニシン

ビタミンCが入っている食材としてはレモンやグレープフルーツ、オレンジなどもありますが、光毒性があるので紫外線に当たる前にはオススメできません。紫外線に反応してお肌に負担を与えてしまいますので、食べるなら夜が良いでしょう。

脱毛期間中にうっかり日焼け・・・もしもの時の対応策について

脱毛期間中の日焼け対策法についてご紹介してきましたが、それでもうっかり日焼けをしてしまった・・・という場合はどうすれば良いのでしょうか。


基本的には日焼けをしてしまったら、2~3か月脱毛スパンをあけなければいけなくなってしまいます。ですが、お肌を早く回復させる方法もありますので、もし日焼けをしてしまったという場合には試してみてください。

まずは日焼けした部分を冷やして応急措置!

日焼けは軽いやけどですので、まずはお肌を冷やすことが先決です。冷たい水に浸したタオルや布に包んだ保冷剤などでお肌が落ちつくまで冷やしてください。体全体であれば冷たいシャワーを浴びるのも効果的です。


もし日焼け止めなどを塗っていたとしたら、それも綺麗に洗い流して、お肌への負担を少しでもなくすようにしましょう。

日焼け後は保湿重視でしっかりとスキンケアを

日焼けをした部分をしっかりと冷やしたら、化粧水をたっぷりとつけてお肌に水分を与えてあげてください。コットンが日焼けをしたお肌に刺激になることもありますから、化粧水をつけるときにはコットンよりも手でつける方が良いです。


化粧水をたっぷりとしみこませたら、乳液を塗って保湿をしましょう。日焼けがひどい場合には、刺激の低い軟膏を塗っておくという方法もあります。

ビタミンCをたっぷり摂取してお肌を回復させよう

日焼け後のお肌を早く回復してくれる栄養素がビタミンCです。脱毛サロンやクリニックの予約まで期間が空いている場合は、ビタミンCを多めに摂取することで、予約までに日焼けを治すことができるかもしれません。


美白効果の高いビタミンCは、日焼けしにくいお肌を作ってくれますが、同時に日焼け後のお肌の回復力も高めてくれる心強い栄養素です。野菜や果物に含まれていることは日焼け対策のところで前述しましたが、日焼けした後にはしっかりと摂取するようにしましょう。

脱毛期間中は日焼け対策とお肌のお手入れを念入りに!

脱毛期間中に日焼けをしてはいけない理由、日焼け対策法、日焼けをしてしまった時の対応についてご紹介してきました。脱毛期間中に日焼けをするということはお肌や脱毛効果にも悪影響がありますし、最悪の場合脱毛を断られてしまうということもあります。


脱毛をスムーズに進めるためには、普段から日焼けをしないように気をつけて、お肌の状態を良く保つということが大切です。今回ご紹介した日焼け止め対策をぜひ試してみてくださいね。

脱毛にまつわる効果のホントの話を特集!